恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れさせたい状況他社で失敗したので成功させたい!

他社に依頼して進展どがほとんどなく、不安になり、弊社にご相談頂いたH様の話しを聞くと悪質な別れさせ屋と言わざるを得ない別れさせ屋と契約を交わしたとの事でした。

回数制の別れさせ屋との契約になり、回数を重ねても何も進展がなく、報告のほとんどが空振りを重ね、空振りを重ねながら別の方法を提案する事なく同じ事を何度も繰り返し、写真の使い回しなどが推測できる内容でした。

回数制の為、空振りを繰り返して回数に達すると延長を求められ、H様は明瞭会計だと思っていましたが、無駄な調査を重ねるだけで何も進展がなく、対象者の発見にすら至らない別れさせ屋の方法に疑問を持つ様になります。

報告の度に繰り返される空振りの報告に最初は空振りも仕方ないと思いながらも永遠に同じ事を繰り返しながら同じ事を繰り返す他社に疑問を持ち、別の方法はないのか?と問い合わせるも別の方法の提案もなく、対象者が現れないのは仕方ないの一点張りで、何も進まないままに時間が経過していくので不安になり、弊社にご依頼頂く形になりました。

他社の報告書も見ながら別れさせ工作の打ち合わせを進めていき、調査方法の見直しや情報の確認をさせて頂くと他社で別の調査方法を提案されていない事に疑問が残る部分を発見します。

対象者がどこにいるのかも分からなければ工作のしようもない事から、調査報告の見直しをした場所を調査する事から始めると調査初日から対象者を発見し、その後の調査もトントン拍子で進んでいきます。

対象者の住まいも変わっており、出勤時間なども全く異なり、他社はH様から頂いた情報をシッカリと把握してない為、対象者の判明に繋がらなかった事が分かります。

対象者を発見出来ない状態なので工作に進めないという手口を使う別れさせ屋はとても多いのですが、このH様が依頼した会社も同様でした。

対象者を判明した後の工作方法もハニートラップを提案していたようですが、対象者を調査すればするほどハニートラップでは別れさせ工作に到らない事が判明します。

男性対象者が女性対象者にのめり込み、2人の関係は常に男性対象者の立場が低く、男性対象者の意見は女性対象者にほとんど届かない状態が調査で判明します。

上下関係が外から見ても明らかに見える恋人間の対象者にハニートラップを仕掛けたところで工作は成功しても別れないケースも多く、意味のない工作業務を行わなければならない事も想定できます。

その為、2人の関係に亀裂を入れる為の対象者達の間に楔を打つ為の情報を集めなければならず、対象者の調査を進めていくと対象者達の間に亀裂を入れられる情報を入手致しました。

男性対象者が元カノと接点を持ち、それ自体は弱点となるものではありませんが、元カノと男性対象者達の間で交わされる会話の中に女性対象者に知られたら確実に別れるであろう内容が含まれており、男性対象者も元カノに彼女(女性対象者)には絶対にバレない様にしないといけないと何度も念押しして話している情報を得る事が出来ました。

弱点を知った以上、その弱点を有効活用するのが別れさせ工作になり、後はどの様にして女性対象者に弱点となる部分を知らせるかがポイントになります。

H様と打ち合わせを重ね、どのタイミングで女性対象者と接点を持ち、調査で判明した情報を伝えるか?伝える方法についても入念に確認し、後は実行に移すだけとなり、工作員が女性対象者に直接伝える信憑性と男性対象者に一度接触してから伝える方法と、様々な角度から検証し、実践に移します。

別れさせ工作員が男性対象者に接触し、彼女を紹介してもらうという体で男性対象者経由で女性対象者と接点を持ち、話しの流れから知り得た情報を漏らし、話した情報を耳にした女性対象者の顔色が真っ赤になる事を確認した後、別れる、別れないという流れを作り出し、女性対象者の味方となった工作員が別れを後押しして見事に別れさせ工作は成功する事になりました。