恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域H様 埼玉
契約期間と料金3ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況自分で浮気相手を別れさせようとしたけど失敗

H様は1人で恋人の浮気相手を別れさせようと頑張っていましたが別れさせる事に失敗し、恋人にもバレてしまい恋人の気持ちが冷めた事を感じたとの事でした。
これ以上1人で何かの行動を起こせば別れ話になるのは決定的であり、恋人と別れたくない為、浮気相手を確実に別れさせる為に別れさせ屋の力を借りる決意をしたとの事でした。
別れさせ屋を探し始めてからどの別れさせ屋に依頼するか悩んだようでしたが、面談に出向いて方法について話しをされ、H様に寄り添った考え方をしていると感じた弊社にご依頼頂く形となりました。

H様は今までに友人への協力を要請する事や浮気に対する考え方を伝える事等、自分で思いつく限りの事はしたものの、恋人の耳にH様の行動が入ってしまい、別れさせ様と画策していた事も疑われてしまいます。
疑われた以上、行動に移す事は得策ではないと判断したH様が今までに行ってきた行動も全てお話をお聞かせ頂いて別れさせ工作の方法に組み込み、H様が疑われない様に別れさせる方法を提案させて頂く事となりました。
面談時にお話しを聞かせて頂くとH様が行っていた方法のお蔭で何をしてもH様が疑われてしまう可能性は拭いきれる状況ではなく、既に何もしてない状態でも何かをしているのでは?と疑われている状態からH様が依頼した事を疑われない様にするのは大変困難な事でもありました。

別れさせ工作の依頼を請けて調査をしても対象者は常に警戒する様に周囲をキョロキョロしながら行動し、工作員を接触させるのも慎重に進めなければ不自然な形になり、H様への疑いを掛けられる可能性が出る状況でもありました。
状況が芳しくない為、通常よりも別れさせ工作の費用は高くなり、H様の負担も大きくなってしまいましたが『自分が招いた種なので…』とH様は費用の負担が大きくなったのは仕方ないと契約した後も何度も『申し訳ありません。』と仰いました。

警戒心が強い対象者への調査、接触も順調に進み、情報が揃っていくと事前に提案させて頂いた方法を一工夫しなければ成功しないのでは?という部分が出てきてしまい、H様と打ち合わせをして別れさせ工作の方法の修正を行います。
警戒心が強い対象者には明らかにあり得ない事をする方法や不自然さを1つすらも消す方法の選択を求め、不自然さを1つも出さない形を望んだH様の要望に沿った工作を進めていく事になりました。

不自然さを1つも出さないという事は、別れさせる期間が通常よりも長くなってしまう事にも繋がり、不自然さを1つも出さない状況の中で進めていくには工作員も慎重に慎重に事を勧めていかなければなりません。
1つ進めては不自然さが出ていないかを対象者に確認していき、対象者が不自然さを感じていなければ時間を掛けて更に1つ先に進めていく方法なので、どうしても通常よりも時間が掛かってしまいH様は途中で自分がした事に対して後悔の言葉をこぼす事もありました。

早く別れさせたいと願う気持ちと時間を掛けなければ成功に到らない事への理解でH様は苦しみますが、苦しんだ状態から救いを求める様に担当者との連絡頻度が増えます。
連絡頻度が増えながらも少しづつ別れさせ工作が進んでいく事に対する安堵感を持ち、苦しみながらも別れさせる為に我慢しなければならない為、耐える期間はH様にしてみれば地獄の苦しみの様でした。
工作が終盤に入る頃にはH様は精神的にも疲れてしまい、もう少し頑張ろうという姿勢はあるので担当者がサポートしながら別れさせ工作の終盤間際までをサポートしました。

終盤に差し掛かり、別れさせ工作が成功間際になる頃にはH様の気持にも余裕が出て来ていましたが自分で別れさせる為に費やした期間と弊社に依頼した期間を足すと半年以上掛かる別れさせ依頼だったので、別れさせ工作が成功した時には感極まったH様は涙を流しました。
H様からの感謝の言葉を頂く事に2時間程掛かり、担当者が苦笑いのまま成功を祝した別れさせ工作の成功事例になります。