恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域S様 埼玉
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
別れたい状況とにかく妻の不倫をやめさせて妻とやり直したい

仕事柄、帰宅が遅い事があり、妻とのコミュニケーションが取れていなかった事は否めませんが妻が不倫しているとは思いも寄らなかったS様は、偶然仕事が早く終わり帰宅したところ、妻が家を不在にしていた日の数時間後に帰宅しました。

普段はほぼノーメイクの妻がメイクをして普段着ない服を身に付けていたところから、最初は気にしませんでしたが時間の経過と共に不倫を疑いだしました。

妻を問い質したところで不倫を認める事はないであろうと考え、妻がお風呂に入っている隙を狙ってスマホを妻に隠れて覗き見し、不倫相手の存在が明らかになりました。

S様はスマホにあった不倫の証拠を突き付ければ離婚に向かってしまう事を危惧していた為、不倫の証拠は抑えたものの妻には何も言い出せない状態が続きました。

妻が不倫したのはS様にも非があったと考え、どうにか不倫相手と妻を別れさせられないか?と考え、弊社にご依頼頂く事となりました。

スマホを盗み見た事で3年ほど不倫が続いていた事を知り、S様の胸の内はとても苦しい胸の内であろう事は容易に分かりましたし、妻に不倫を問い質せない状況にも苦しめられている事は面談時のS様の言葉でよく分かりました。

S様からご依頼を頂いた際は不倫相手の情報がほぼなく、対象者を特定させる事から始めさせて頂きましたが不倫相手との逢瀬は月に何度もある訳ではなく、情報の少なさから調査は難航致しました。

情報量が少ない中で対象者を特定する事に成功し、S様に対象者の写真を見せた時、S様は顔の表情が強張り、憤りを露わにされました。

特定した対象者はS様の上司であり、3年の間に何度かS様の自宅を訪れ3人でお酒を飲み交わす事もあったとの事でした。

S様だけが妻と上司の関係に気付かず、自ら不倫相手を自宅に招いていたS様自身にも憤りを感じ、怒りの矛先をどこに向ければいいのか分からないS様は辛そうな表情をされていました。

S様に特定した対象者の写真をお見せした際は別れさせたいのももちろんだけど復讐したい気持ちもあります!と仰り、S様のお気持ちは十分に伝わり、当初に提案していた別れさせ工作の方法を変えて別の方法を提案する事になりました。

対象者への接触はS様を介して行う事となり、S様の紹介で対象者と接触した後は対象者と工作員がやり取りを行いました。

S様から対象者の情報は入って来る為、接触も工作も容易に進める事が出来ました。

工作員が対象者に接触して話しを聞き出して行っても当然対象者はS様の妻との不倫に関しては口を滑らせません。

不倫の様な関係について対象者はとても否定的な言葉を出し、人格者としての人物像を工作員に接する際も出してきました。

不倫している事を知っている工作員は人格者としての姿を見せる対象者の穴を突き、少しづつ人格者としての顔を暴き、本性を曝け出していきます。

本当の人格が少しづつ出てきたところでS様の要望通りの復讐も兼ねた別れさせ工作を進めていき、対象者の大切にしていたものにヒビを入れる様に仕向ける事で別れさせ工作が成功した事例になります。