恋愛工作の成功事例

恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
別れさせたい状況専業主夫の夫の不倫相手を別れさせたい

Y様は、専業主夫である旦那様が不倫している事実に気付き、別れさせ工作のご依頼を頂きました。

対象者達の出会いはY様の子供の通う幼稚園での会合で、別れては欲しいけれど、家も近所なために大きな騒動にはしたくないとの事でした。

また、旦那様はY様が不倫を知っていることには気付いておらず、今後の家庭に余計な摩擦を起こしたくない事もあり、Y様が気付いている事もバレない様に別れさせ工作を進めて欲しいとの要望でした。

2人の関係性を示す情報として不倫相手とのラインのデータをお持ち下さり、明確に浮気を想定出来るものがあった為、不倫は確定だろうと想像が出来ましたが、ライン以外に証拠がない為、浮気調査を行いました。

調査2回目で、子供を幼稚園に送り出した後、二人が車でホテルに入る姿が確認出来、浮気が確定したので不倫相手を調査します。

別れさせる為に不倫相手の情報を入手する為、2週間の調査の結果、不倫相手は専業主婦であり、ご主人は単身赴任中だという事が判明します。

Y様が仕事をし、旦那に育児も任せきりだった為、不倫相手が同じ幼稚園に通う相手であっても不倫相手の事を知らず調査にも少し時間を掛けるしかありませんでした。

不倫相手は子供を幼稚園に預けているので単身赴任中のご主人が傍にいない寂しさを紛らわせる為に不倫に至った可能性も捨てきれませんでしたが、不倫相手を調査していると怪しい動きがあり、調査を少し延長すると不倫相手は別の浮気相手がいる事が判明します。

状況が把握出来た為、別れさせ工作の方法を提案し、不倫のリスクを不倫相手に意識させる方法を用いる為に工作員を接触させる形となりました。

工作員を不倫相手と接触させ、友人関係を築いていき、工作員が以前に不倫で訴えられた事を話題に出すと不倫相手は工作員の話しに食いつきました。

寂しさから不倫してしまった事や不倫に対する倫理観を不倫相手に擦り合わせる形を取りつつ、不倫がバレた時のリスクを不倫相手の中に植え込んでいきます。

失うものと得られるものを不倫相手に少しづつ植え込み、不倫のリスクを意識させていく事で不倫相手を一人に絞らせる形を取りました。

2人いればリスクは倍増する為、せめて1人にしなければバレた時のリスクは倍増する事を情報として植え込んでいき、2分の1の確率でY様の旦那を選ばせない様にどちらを選ぶかについても選択肢を与えながら選択肢を消させる様に誘導していきました。

専業主夫のY様の旦那を選んだ場合、奥さんだったらどう思うか?キャリアウーマンの女性なら強気ですぐにでも訴訟を起こす可能性がある等、選択肢を消させる様に仕向けていくとリスク軽減や単身赴任中の旦那との関係を天秤に掛け、不倫相手はY様の旦那との不倫をやめる決断をし、別れさせる事に成功した事例になります。