恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 100万円 成功報酬30%
別れさせたい状況将来に繋がる形で浮気相手を別れさせて欲しい

自分が風俗で働いているという負い目から対象者である彼の浮気を黙認して来たものの、将来を考えた時に今のままでは結婚を考えてもらう事が難しい事に気付き、風俗を辞める事と彼にも将来をシッカリと考えてもらいたいという想いから浮気を止めて欲しいと彼と話したものの、彼は浮気を認めず大ゲンカに発展してしまいました。

浮気の証拠はラインの履歴などで揃っているモノの実際に誰と浮気をしているかは分かりません。

対象者を絞る事から始め、浮気状態である事を対象者に暴露すれば別れるのか?それとも暴露すればより強固になりA様との別れに発展してしまうのか?

A様の要望は別れさせて将来を見据えたお付き合いをしたいとの事ですから対象者に暴露させて悪い方向に進んでしまっては意味がありません。

その為、暴露した事で別れるのか?それとも関係が強固になってしまうのか?を事前に調べなければ別れさせ工作は失敗してしまいます。

対象者の性格が分かっていれば攻め方も分かり、何をすれば良いのかが見えて来ます。何をすれば良いのかが見えるからこそ攻め方、方法を確定させられます。

情報のない対象者を2週間ほどの調査で判明させ、接触するまでに少し時間が掛かりましたが工作員が対象者に接触し、分析の専門チームが対象者の性格分析をする事で方法が確定しました。

A様と打ち合わせ後、どのタイミングで工作を進めていくか等、打ち合わせ内容に沿った形で工作が進目ていくのですが、タイミングが悪く、対象者への接触がスムーズにいかなくなってしまいました。

工作は対象者のタイミングもあるものなので工作員やA様、担当者が望むペースで進められるものではなく、タイミングも重要になります。

対象者との接触がスムーズに行かなくなった理由は対象者が時期的にお盆の時期で実家に帰省する事が後から判明し、工作がスムーズに進む事は出来なくなりました。

実家がどこなのかを事前に調べておけなかったミスでもありますが、帰省から戻った対象者と早々にコンタクトを取り、工作を実行に移す事となりました。

工作方法としては暴露すれば関係が深まる事が推測出来た為、スグに暴露するのではなく対象者達の距離を離す方法で距離を空けた後に暴露する方法に進めていく事となり、少しづつ対象者達の距離を離していきます。

情報収集から対象者の状況に合せて別れさせ工作を進めていかなければ失敗する確率が高くなる状況でしたので最初に予定していた方向性とは異なる方向に進む事をA様と打ち合わせを重ねながら進めていく為、別れさせ工作が成功した事例になります。