恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域F様 会社員 32歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況支援者がいる風俗嬢と交際したい

風俗店に通い、風俗嬢と良好な関係を築いたF様は対象の風俗嬢からパパがいる事を聞きます。

対象者を支援するパパの存在に嫉妬し『付き合って欲しい…』と何度も頼むものの、『パパの存在を切る事は出来ないから付き合えない…』と断られてしまい、パパとの縁を切る為に別れさせ屋に依頼する決意をしたとの事でした。

別れさせ屋に何社か相談するとパパの存在を特定させるのに費用が掛かり過ぎてしまい、別れさせ工作までの費用に折り合いがつかず数社回って弊社にご相談頂いたとの事でした。

パパの特定は対象者から容易に出来るはずですが、パパを探すよりも対象者がパパとの縁を切れば早い訳ですし、パパを探す提案ではなく対象者への接触に重きをおいた提案をさせて頂き、費用の折り合いもついた為、ご依頼を頂く形になりました。

対象者への接触は風俗店に潜入すれば最短で1回の接触で連絡先を交換出来る訳ですし、無駄な費用を抑えた方法を提案させて頂きました。

契約書を交わして工作員を接触させに行くとホテル内で会話をし、連絡先を交換して外に連れ出します。
対象者と交流を交わし、話しを盛り上げながら3時間程度話しをしているとお店から呼び出しが来て出勤の為、また別日にお店に行く約束をして去ります。

対象者との接点を持った後に別日にお店に行き、仕事に支障を来さない様に売り上げに貢献しながら対象者との話しを盛り上げます。

話しを盛り上げてパパの存在を聞き出し、パパから月にどの程度の援助をもらっているかを確認すると一ヶ月はパパからの援助で生活できる金額を援助してもらっている事が判明します。

風俗嬢は水揚げ(水商売を辞める事)してくれる男性を探す習性があり、対象者も水揚げを求めているのかを確認したところ、風俗を辞めたいけど収入の不安があり、なかなか足を踏み出せないとの事でした。

対象者の不安を解消しながら普通の仕事につく為に何をすれば良いかをアドバイスしながら工作で使う会社を紹介する形で風俗を辞める決意をさせる事にしましたが、就職する際の条件としてパパとの縁を切る事等、風俗で働いていた事を明かさない事を条件にする為、対象者の風俗を辞めたいという本心を揺さぶります。

風俗との決別をするチャンスを得る為に工作員はわざと対象者の意思に任せると誘導していきます。

普通の仕事に憧れる風俗嬢に普通の仕事を紹介させ、尚且つ知り合いのつてという体裁を取ってあげた為、最終的には風俗の仕事を辞める決断を工作員にし、工作で利用する会社を紹介します。

お店との縁を切りましたが、パパとの縁に関しては本人の自己申告であった為、対象者に書かせた履歴書を元に本当にパパとの縁を切っているかを調査して確認します。

偽装会社に在籍している工作員が対象者から話しを聞き出し、パパとの接点の有無に加えて調査にて接点がない事を確認して別れさせ工作を成功させた事例になります。