恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 会社員 35歳 愛知
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況不倫している妻の目を覚まさせたい

S様は仕事柄、帰宅が遅い事もあり、妻とのコミュニケーションが上手く取れていなかった事を気に病んでいるという相談でした。

仕事ばかりで妻とはすれ違いの生活が続き、休日前になると妻とデートに行こう!と計画は建てるものの、いざ休日になると仕事の疲れが取れない為、ダラダラと過ごしてしまう日々が過ぎていたとの事でした。

すれ違い生活を送っていても意思疎通が出来てると考えていたS様の想いとは裏腹に妻は不倫をしていた事に気付きました。

たまたまS様の仕事が早く終わり、帰宅した際に妻が家を不在にしていた為、ソファーに横になっていると、普段はメイクをあまりしなかった妻がメイクをして、オシャレな格好をして帰宅した事が最初に疑ったポイントでした。

妻の様子の変化に不信感を抱いたS様は妻の行動を監視する様になり、不倫への疑いが止まらなくなります。

妻への不倫の疑いを持ったS様は妻のスマホを見てしまい、不倫相手とのデートのやり取りが赤裸々に書かれたメッセージを目にして別れさせ屋への依頼を検討したとの事でした。

不倫している事は分かっても相手がどこの誰なのかも分からない為、別れさせ工作のご依頼後、対象者の判明から始める形となり、妻を尾行する調査を行いました。

対象者の特定も早々に済み、工作員を接触させる形を取り、提案させて頂いた別れさせ工作を進めていく事となりました。

工作員の接触も無事に成功し、工作員が対象者に接触している間も対象者のスマホは頻繁に鳴り、『電話が鳴って忙しそうですね』という工作員の言葉に『仕事じゃなくて女なんですけどね』という返答があり、S様の妻が対象者に頻繁に連絡を入れているものだと疑いを持ちます。

しかし、報告した日にS様が妻のlineのチェックをしても日中にS様の妻からlineをしていない事に気付きます。

この時点で他にも女性がいる事が確定し、どちらを本命として考えているか?で、S様の妻との関係を清算させられる別の方法を提案出来る形になりました。

対象者に『沢山の女性とお付き合い出来て羨ましいです』と工作員が口にすると、『本命は一番連絡が来る子で、この子以外の女性はセフレですよ。』とS様の妻をセフレとして考えている事も分かり、S様の妻に別の工作員を接触させて妻の本音を聞き出す事に成功します。

焦るS様を宥めながらタイミングを伺い、妻に目を覚まさせる様に心理誘導を進めます。

工作員が妻の不倫相手の本性を見抜き、妻に不倫相手への疑惑を持たせる事で関係を清算させる様に誘導していくと妻から不倫相手に別れを告げるメッセージを送っている事をS様が確認し、別れさせ工作が成功した事例になります。