恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域K様 埼玉
契約期間と料金3ヶ月の契約 130万円 成功報酬20%
別れさせたい状況離婚した妻との復縁を望んでる

離婚をした対象者と復縁したいK様は、対象者から恋人が出来た事を聞き、復縁して再婚は諦めなければならない…と考えましたが、子供が成長して両親を揃えたいと考えていた為、対象者との再婚の為に恋人を別れさせたい!と考える様になったとの事でした。
しかし、K様が自分で動けば対象者と再婚して家族として過ごす日々を取り戻せる方法が思い付かず、対象者に恋人の事を詮索して貶すような事を言った際に『お互いに別々の道を歩んでいるんだから恋人の事にも干渉しない様にして欲しい』と言われてしまい別れさせる方法が全く思いつかなかったとの事でした。
別れさせる方法が何も思いつかないものの子供の事を考えたら、このままではいけない…と考えたK様は別れさせ屋の存在を知り、依頼する決意を固めたとの事でした。

K様はネットで何社も別れさせ屋を見かけては電話、メール、lineで相談したものの、本当に別れさせられるんだろうか?という不安が生じ、不安な中、どこかに依頼しなければ子供の親がいなくなってしまう…という恐怖とも戦わなければならず、一番信用が出来る別れさせ屋に依頼するしかないと考えた様でした。
どこを見て弊社が信用に価すると感じたのかは分かりませんが方法等を説明する面談の際に『契約を交わしたい…』と仰られて『良く考えてから契約した方が良いですよ』という言葉を伝えても契約を交わしたいとの事でしたので当日に契約を交わす事になりました。

別れさせ工作を行っても対象者から恋人の話しを直接聞き出せなくなったK様は弊社からの報告を楽しみにしていました。
ある程度時間に余裕があるK様は別れさせ工作の報告以外の相談等を担当者に話し、心の安定と対象者を別れさせた後の事までを事前に考えます。
目的が別れさせた後に子供の事も考えて復縁したいという事なので工作の進捗具合と同時に復縁の準備も着々と進めていきます。

対象者への接触をした後に接触した内容をK様に報告すると依頼当初は『あとどの位で別れさせられますか?』という言葉も多かったのですが、依頼が進んでいくと順調に別れさせ工作が進んでいる事も分かり、気持ちも少しづつ落ち着いていきます。
工作が進み、対象者と恋人との関係にヒビが入っていく様が分かるとK様は安心して仕事や育児、家事に打ち込めているとの事でした。

工作員が対象者に接触して得た情報や別れさせ工作の進み具合が分かる情報を伝えていくと、別れさせ工作が成功するまでの過程が想像出来、工作の成功に必要な事をK様から『〇〇をしようとしていますか?』と質問され『そうですよ。〇〇をすると結果がどうなるかイメージできますよね?』という質問には『この状況を作るのは確かに大変ですね』という言葉が返って来ました。
K様とのやり取りの中に別れさせ工作の報告も兼ねて連絡していましたが成功させるまでの道のりがK様にも想像し易い方法だった為、別れさせ工作を成功させる中でトラブルが発生してもK様は動じる事もなく淡々と報告を待ちます。

別れさせ屋としても依頼を請けてから全てが思う通りにいく事は少ない為、依頼者が途中で別れさせ工作には不必要な事をして欲しい等の要望を言う方よりも、工作を任せて頂いている方が仕事がやり易く、気持ち良く仕事が出来、依頼者の為にも何とかしてあげたい!と思うモノですが、K様はまさに別れさせ屋に気持ち良く仕事をさせて下さる依頼者でした。
別れさせ工作が成功し、対象者との関係も離婚後の恋人がいない時の状態に戻り、対象者との関係が少しづつですが戻っていきます。
別れさせ工作が成功して、依頼は成功しましたがK様の要望は対象者との復縁ですから復縁工作の依頼をするか悩みに悩んだ末に邪魔者がいなくなった為、ゆっくり関係を作っていく選択肢を選び、依頼は成功のまま終わりました。