別れさせ屋ジースタイル

別れさせ屋や復縁屋は別れさせ屋工作や復縁屋工作を行う時に心理誘導という方法で工作を成功に導きます。

別れさせ屋や復縁屋を知らない方々にしてみれば心理誘導という言葉は聞きなれない言葉だと思いますが、ターゲットに工作員を接触させて別れさせ屋や復縁屋が描いた方向にターゲットの心理状態を誘導していく方法であり、心理誘導は会話や誘導し易い状況を作る事で成立させられます。

心理という言葉を聞くと心理学を結びつける方が多く、別れさせ屋や復縁屋は心理学に精通している様に感じるかもしれませんが、心理学を学んだからといって心理誘導が出来る訳ではありません。

しかし、別れさせ屋や復縁屋の中には心理学を学んだから心理誘導が出来ると公言している業者もあり、心理誘導と心理学を同じものかのように考える依頼者様を欺く為に心理学の有名な著者の名前(フロイト、ユング、アドラー)を憶えていたり、心理学と言えばよく使われる言葉(パーキー効果、ツァイガルニク効果、ホーソン効果、認知バイアス、ピグマリオン効果、カクテルパーティ効果、負け犬効果、吊り橋効果、プラシーボ効果、ミラーリング効果、割れ窓理論…etc)を覚えて依頼者様に伝える別れさせ屋や復縁屋があります。

心理学とは人の心を解明する科学であり、心理学を学べば職場や恋愛の人間関係を上手く活かせるかのように話し、認知心理学、学習心理学、産業心理学といった心理学を深く学ぶのではなく、とても浅いところまでしか学んでいないにも関わらず心理学に精通し、心理学に精通しているので別れさせ屋工作や復縁屋工作の成功率が高いかのように装う別れさせ屋や復縁屋がとても多いのです。

例えば、復縁屋工作を行う際にターゲットに接触して心理誘導を使って復縁を目指す方法を復縁屋は提案してくれますが、心理誘導=心理学と考えていると机の上で学んだ事だけで人の心を誘導出来るか?と言えば誘導出来ない事を悪質な復縁屋は教えません。

別れさせ屋工作を行う際にターゲットに異性の工作員を接触させて浮気状態を作ればケンカになるから別れさせ屋工作は成功します!!という別れさせ屋もありますが、ターゲットが浮気をすればケンカをすると限られている訳ではなく、ターゲットが浮気をしてもケンカにならないケースもあるのですが、心理学を浅く学んだだけの別れさせ屋にはそれが分かりません。

心理学は確かに人の心を解明する科学であり、心理学を学べば人の心を解明し易いのはありますが、人の心を解明し易いから人の心を誘導できるものではないのです。

心理学を間違って認識している別れさせ屋や復縁屋はとても多く、別れさせ屋や復縁屋の社長ブログ等を読んで頂くと心理学を学んだと言いながらも実践経験がほぼないであろう経験談がとても多く書かれています。

心理学を学ぶ事を否定する訳ではないのですが、心理学者が必ずしも恋愛巧者ではなく、中途半端に心理学を学んだ程度の知識をひけらかせて自分は凄い!と見せかける人は多いのです。

そして中途半端な心理学を学び、それを依頼者様にひけらかせる別れさせ屋や復縁屋もまた多いのです。

復縁屋工作の依頼を頂く前にヒアリングを行いますが、ヒアリングの際に心理学の教科書に書かれている様な方法を提案する別れさせ屋や復縁屋もあり、復縁屋の中には『心理学を学んだプロなのでお任せ下さい!』と何一つエビデンスのない方法と企業秘密という言葉を巧みに使って騙して依頼を取る復縁屋も中にはあります。※参考記事:最新の悪質な復縁屋詐欺の手口は方法を【企業秘密】と説明する

机上の空論という言葉をご存知の方は多いかと思いますが別れさせ屋や復縁屋が心理学を学んだから別れさせ屋工作や復縁屋工作の技術力が凄い!!という事はなく、心理学を学んだところで心理誘導を行う際に心理学を多用するから心理誘導が成功する!というケースも存在しません。※参考記事:別れさせ屋の心理誘導の方法について

心理学を勉強した全ての人間が人の心を操作できる訳もなく、例えば、吊り橋効果であれば、吊り橋のを渡る時のドキドキ感が恋愛感情と錯誤させる効果がありますが、吊り橋効果を使う為には吊り橋の様な怖いところに連れて行くまでの過程があるから成立しますが、吊り橋まで連れて行けなければ吊り橋効果を発揮させる事は出来ません。

心理誘導は吊り橋に連れて行くまでを誘導するものであり、吊り橋に連れて行くまでを誘導した後に心理学に基づいた行動をするから工作が成功に繋がるのです。

心理学=心理誘導ではなく、心理誘導⇒心理学と使うからこそ結果に繋がることを理解していない別れさせ屋や復縁屋が多く、依頼者様も心理学と心理誘導を誤認識しているので別れさせ屋や復縁屋の選び方を間違えてしまいます。※参考記事:工作成功率が高い別れさせ屋の選び方を間違っていませんか?

心理学を学ぶから心理誘導が上手く出来る訳ではなく、心理誘導は心理学とは別物だと考えなければなりません。

もちろん心理学について弊社工作員は知識を得て工作中に使えるものがあれば活用していきますが、往々にして心理学を学んだだけの工作員は心理誘導が上手くできる事はありません。※参考記事:弊社工作員の復縁工作、別れさせ工作の技術力の秘密

恋愛マニュアルには心理学に基づいた多くの行動が記載されており、心理学を学べば恋愛も上手に出来るかのように錯覚させられるマニュアルが大変多く販売していますが、恋愛マニュアル通りに行動して意中の人を射止める事はほとんどいません。

別れさせ屋や復縁屋の工作員は恋愛マニュアルに書いてある様な実践では使えない方法を使って別れさせ屋工作や復縁屋工作を進めるのではなく、実践で得た経験を基に別れさせ屋工作や復縁屋工作の方法を使います。

経験があるからこそ工作員は臨機応変に対応出来、マニュアルや机上の空論に沿って稼働する訳ではないので別れさせ屋工作や復縁屋工作の成功率が上がる為、マニュアル人間は他人から好かれないという事も弊社工作員は存じ上げています。

心理学の本を読む時間があるなら道行く人を観察し、道行く人達が何を求めているか?を学んだ方が心理誘導を上手に進めていける事を心理学を学んだだけの別れさせ屋や復縁屋は知りません。

別れさせ屋工作や復縁屋工作は人の気持ちを理解する力よりも人の気持ちを誘導する力が求められるのですから使えない心理学を学んだ事をこれ見よがしに説明する別れさせ屋や復縁屋に依頼したところで工作成功率が上がる訳がないのです。

人の心について学び、人の心を学んで得たものをどれだけ有効に使えるか?が別れさせ屋や復縁屋になります。

人の心を読み解く為に心理学は必要ですが、心理学を学んだから心理誘導が出来る訳ではないのを理解して頂けば別れさせ屋や復縁屋に依頼する前に本当に心理誘導が出来る別れさせ屋や復縁屋なのかに気付いて頂けると思います。

心理学を学んだ=凄い!と考える方も多いのですが、心理学は誰にでも学べるものであり、学んだだけでは何も凄い事はありません。

別れさせ屋や復縁屋が心理学を学んだ事をひけらかして来た時は悪質な別れさせ屋や復縁屋の危険信号が点灯している可能性がありますのでご注意下さい。