別れさせ屋ジースタイル

別れさせ屋や復縁屋の中には悪質な別れさせ屋や復縁屋が残念ながら多数存在します。

中には契約を取る為に平気で嘘を吐く別れさせ屋や復縁屋もあり、平気で嘘を吐く別れさせ屋や復縁屋は悪質な別れさせ屋や復縁屋というよりも単純な詐欺会社とも言えます。

嘘を見抜くのは経験が無ければなかなか見抜けませんし、意識して嘘を吐いている人間の嘘を事前に見抜くのはとても高度な事であり、明らかに嘘だと分かっていても冷静に判断出来なければ嘘を嘘だと見抜けないので平気で嘘を吐く悪質な別れさせ屋や復縁屋があるので嘘を嘘だと見抜く力が求められます。

弊社では面談をさせて頂くと契約を即決するのではなく、他社と面談したり、一度冷静になって検討して頂く事を勧めさせて頂いていますので少しでも冷静に判断して頂き、別れさせ屋工作や復縁屋工作の依頼が本当に依頼者様にとって重要な事なのか?を検討して頂く様にして頂いています。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

別れさせ屋や復縁屋と面談をするという事は少なからず冷静でいられる状況ではない事もあり、面談を繰り返す事で別れさせ屋や復縁屋が嘘を吐いているかを判断して頂く材料を揃える事にもなるのです。

例えば、昨今の別れさせ屋や復縁屋は回数制の別れさせ屋や復縁屋が横行していますが、10回の契約で幾らの料金が掛かるのか?という説明はされるけれど、ターゲットが出て来ない等の空振りも回数には含まれる為、事前に提示された回数では目的達成が難しい事を説明しない別れさせ屋や復縁屋は多いのですが、これは説明が足りてないのであって一概に嘘を吐いているとは言えません。※参考記事:時間制料金や回数制料金の別れさせ屋の【保証】は意味がありません。

別れさせ屋や復縁屋が必要なのは分かっていても契約を交わして良いか?の判断は別れさせ屋や復縁屋に依頼した経験がなければ、なかなか判断しづらいものであり、別れさせ屋や復縁屋の中には悪質な別れさせ屋や復縁屋があると分かっていても別れさせ屋や復縁屋の嘘を見抜く事は経験がなければなかなか出来る事ではありません。※参考記事:悪質な別れさせ屋や復縁屋の詐欺会社にはご注意下さい。

嘘を吐く悪質な別れさせ屋や復縁屋の中にはクーリングオフ制度の虚偽説明を行っていた別れさせ屋や復縁屋の存在を依頼者様から報告がありました。

探偵業法ではクーリングオフ制度について契約前に重要事項説明で説明する義務があり、クーリングオフ制度の説明を悪質業者は嘘を吐いて契約をさせていたという事例があります。

契約書を交わす前に『クーリングオフ制度があるので、もしも解約したいと思ったら一週間以内ならクーリングオフ出来ますし、とりあえず契約書だけは交わしておきましょう。』という話しをされた様でしたが、この依頼者様が契約した場所は悪質業者の事務所内になり、事務所内で契約を交わすとクーリングオフ制度は適用外になる為、クーリングオフ制度が活用出来ないにも関わらず、クーリングオフ制度を活用出来ると虚偽の説明をし、クーリングオフ制度を悪用して契約書を交わし、契約のキャンセルが出来ない状態になり、金銭要求をしていた悪質業者の報告を頂きました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

クーリングオフ制度の理解が薄い依頼者様は悪質業者の説明を受けて、『もしも依頼する時にもう一度来訪するのは手間が掛かるしクーリングオフが効くならキャンセルも出来るし契約書を書くだけなら問題ないですよね?』と悪質業者に話し、『クーリングオフが効くので、また依頼する時に二度手間になるので契約書だけ書いておきましょう。』という言葉にのって悪質業者と契約書を交わしてしまいました。

数日後、契約書を交わしたものの弊社と面談をする事になり、悪質業者よりも弊社への依頼を望んだ依頼者様は悪質業者から説明を受けた通りにクーリングオフ制度の活用を申し入れると悪質業者から『会社での契約なのでクーリングオフは効きません』と言われてしまいました。

『クーリングオフ制度の説明が違う!!』とクーリングオフの申し出をして消費者センターに相談してクーリングオフの適用を消費者センターから悪質業者に連絡を入れてもらったものの、事務所内での契約の為、クーリングオフの適用外である事を悪質業者に伝えられ、虚偽の重要事項説明をした事に関しても証拠がなく、消費者センターも何も言えない状態になったとの事でした。

悪質業者からは『契約書に則って契約を交わし、キャンセルは出来ない状態だから早く着手金を振り込め!』と脅され、個人情報を全て渡している事や依頼内容をターゲットにバラす事も悪質業者からは仄めかされ、望まない契約を依頼者様は継続させなければならない状態になり、3か月経った後に弊社に再度ご相談頂きましたが、案の定、別れさせ屋工作は失敗して弊社に依頼したいとお金を工面して依頼を頂く事となりました。

本来この契約は虚偽の説明になる為、契約自体が成立してないので裁判で証拠があれば争う事が出来る案件ですが、裁判で争う証拠がなく、依頼者様の証言しかないので裁判をしても負ける事が分かっている状態でした。

クーリングオフ制度は消費者の権利を守る制度ですが、クーリングオフ制度の知識がなければ、知識の無さを悪用して騙すように契約をする別れさせ屋や復縁屋もあるので十分にご注意頂かなければなりません。※悪質業者の代表者が書いているブログには『会社以外での契約はクーリングオフ制度を活用しましょう。』と書かれているので、会社内で契約をすればクーリングオフ制度が適用されない事も知っていて依頼者様を騙す手口で契約を取る詐欺会社である事も分かります。

クーリングオフ制度の説明を嘘を吐いて他にも、この悪質業者は面談でサクラを用意してくる用意周到な悪質性もあり、依頼者様が騙されてしまった理由の一つに社内で他にも面談をしている姿が確認出来、他の相談者が面談している内容や別れさせ屋工作についての話しをしている事も丸聞こえではあったものの、他に相談者がいるという安心感もあって契約を交わしてしまったとの事でした。

特に他の相談者とは異なり、クーリングオフ制度の説明をして来た担当者は悪質業者の代表者が面談を受け持ってくれた為、代表者が面談してくれた事や他にも依頼者が多いので安心できるかもしれない…と思い、契約書を交わしてしまったようでした。

本来なら別れさせ屋工作や復縁屋工作の面談内容は他人に聞かれて良い話しではなく、他人の面談内容がクーリングオフ制度の説明を受けた依頼者様に聞こえてくるのはおかしな事ですが、別れさせ屋や復縁屋との面談をした経験がない依頼者様は、誰かに話しを聞かれても同じ悩みを抱えている人だから…と疑いを持たずに面談を勧めてしまったとの事でした。

他に面談している方に代表者が面談をせずに代表者が面談をしてくれているなら自分は特別扱いされているかもしれない…と錯覚させる方法はオレオレ詐欺等に見られる劇場型詐欺と同じ手口を利用している事が分かります。

サクラが多数面談している事で自分が抱えている悩みは特別ではない…という認識を与え、他にも同様の悩みを抱えている方がいるので自分の悩みが他人に聞かれてもおかしくない。と思い込み、本来なら他人に聞かれたくない話しである…という違和感を忘れさせる手法はマルチ商法等の手口でもよく使われる手口になります。

劇場型詐欺の特徴は、非日常を不自然に思わせない事も特徴であり、サクラを用意する事で非日常を日常に錯覚させ、代表者が面談する事で特別感を出す手口の演出は人を騙す事に長けたものになります。

非日常を演出されたので、悪質業者の言いなりになってしまい、クーリングオフ制度の虚偽説明に騙され、契約書を交わしたものの、冷静に考えてみると不自然な説明が多々あったので契約解除の申し出をしたけれど契約書を交わしてしまったので時既に遅し…という正に劇場型詐欺の典型となります。

契約前に嘘を吐く悪質な別れさせ屋や復縁屋は別れさせ屋工作や復縁屋工作とは無関係な事を一生懸命説明し、一番良くある手口が『テレビや雑誌などのメディア出演の経験があるので成功率が高いですよ。』という説明をしてきます。

メディア出演がある別れさせ屋や復縁屋でなければ信用に値しない等、自社で行う事に自信を持って別れさせ屋工作や復縁屋工作の方法を提案してくるのではなく、メディア露出などの全く別れさせ屋や復縁屋の業務とは無関係なものを理由に成功率の高さを悪質業者は説明してきます。※参考記事:別れさせ屋のドラマやニュース、メディア露出についての解説

他にも老舗で長い事運営しているから成功率が高い!などの説明は実際の別れさせ屋工作や復縁屋工作の稼働とは全く無関係な部分であり、レンタルオフィスの別れさせ屋や復縁屋だから稼働しない等の別れさせ屋工作や復縁屋工作の実行とは無関係な部分で他社を貶めて契約を取ろうと嘘に嘘を重ねます。※参考記事:工作成功率が高い別れさせ屋の選び方を間違っていませんか?

テレビ出演した経験がない別れさせ屋や復縁屋が別れさせ屋工作や復縁屋工作を稼働しないなら、テレビ出演する前までは別れさせ屋工作や復縁屋工作をしていなかったのに、テレビに出演したから別れさせ屋工作や復縁屋工作を行うようになったかの様に説明する嘘は、自らが別れさせ屋工作や復縁屋工作の経験が乏しい事を示しているにも関わらず、嘘に嘘を塗り固めてあたかも別れさせ屋工作や復縁屋工作を行っているかの様に説明します。

会社の起業から一切稼働しない詐欺を働いていたけれど、メディア出演をしたので詐欺が出来なくなったから稼働する様になったとも取れる発言になりますが、嘘に嘘を塗り固めている事に気付かないのです。

別れさせ屋や復縁屋と契約書を交わしたなら、契約書に沿った業務を行うのは当然ですが、契約書に沿って業務を行わなかった自らの事を棚に上げて、嘘を吐いて他社批判を繰り返している結果、探偵業法も守らずクーリングオフ制度の説明で嘘を吐く様な事になるのです。

代表者と面談しなければおかしいかのようにクーリングオフ制度の説明を嘘を吐いて契約を勧めた悪質業者の代表者が別れさせ屋ブログを書いていますが、代表者自身が嘘を吐いて契約を取る手口を使う悪質業者なので代表者と面談する事が依頼者様にとってはマイナスになる悪質業者の話しになります。

別れさせ屋や復縁屋と面談する理由は他社の悪評を聞きたい訳でも、如何に自社が優れているかを聞きたい訳でも、別れさせ屋や復縁屋の業界全体の事を知りたい訳でもなく、依頼者様はどうしたら抱えている悩みを解消できるのか?という話しをする為に別れさせ屋や復縁屋と面談をするのです。※参考記事:抱えている悩みを解決して明るい未来を掴みたい方へ

依頼者様の要望はどんな方法を提案してくれて、その方法ならどの程度の成功率が見込めるのか?という話しや、別れさせ屋工作や復縁屋工作の依頼をしたらどの程度の料金が掛かるのか?という部分なので、嘘を吐く悪質な別れさせ屋や復縁屋には依頼者様の知りたい情報をキチンと提供してもらえず、嘘を吐いて依頼者様を騙す為に依頼者様は悪質業者と面談する時間を設けてしまったという事にもなります。