悪質な恋愛工作を提案する詐欺会社にはご注意下さい。

別れさせ屋(復縁屋)のご利用をご検討されている方は何かしらの問題を抱えており、冷静な判断が出来ない状態に陥っている方も少なくありません。

中には冷静な判断が出来ない状態につけ込む悪質な手口で依頼者様を欺こうとする業者も少なくありません。

悪質な恋愛工作の手口や契約の仕方、探偵業社とのトラブルは尽きませんので別れさせ屋(復縁屋)にご依頼する際は一旦冷静になって頂き、本当に相談された別れさせ屋(復縁屋)に依頼して大丈夫なのか?を検討して下さい。

別れさせ屋(復縁屋)にご依頼する際は一社に相談して契約を決めるのではなく数社に相談して理に適った方法を提案されたのか?を検討下さい。

悪質な業者の中には契約した途端に連絡が取れなくなる事や調査、工作の稼働を裏付ける報告が一切無い等、何をしているか?も分からない別れさせ屋(復縁屋)もあります。

弱味につけ込んだ詐欺手法、完全に騙す目的の詐欺手法、個人情報を悪用した脅迫等、あの手この手で依頼者様を食い物にしようとする別れさせ屋(復縁屋)も少なくありません。

弊社では別れさせ屋(復縁屋)の被害にあった方々からのご相談も大変多く頂いていますが、悪質な業者の被害に合わない為には悪質な業者との契約を結ばない事が一番ですから契約前は一度冷静になって頂く事をおススメします。

悪質な復縁屋詐欺は大変多くありますのでご注意下さい

悪質な復縁屋詐欺の被害にあった被害者は大変多く、復縁したい気持ちを利用して詐欺紛いを働く復縁屋は少なくありません。

復縁工作の依頼をするお金を払えば復縁できる。という様な説明をし、依頼者様がお金を払えば工作員が復縁させてくれると錯誤させる事で依頼者様の大切な財産を食い物にしようとします。

復縁工作の依頼をすれば復縁できるかの様な冷静な判断が出来ない状態につけ込む詐欺紛いの説明をする復縁屋にはご注意頂く様お願いしています。

復縁したいからといって安易に復縁屋と契約するのではなく、大切な事だからこそシッカリと復縁について考えて頂く事で詐欺会社との契約を回避出来ます。

悪質な詐欺紛いを行う復縁屋の常套手段であるステマには要注意

ステルスマーケティング(ステマ)という手口で優良な復縁屋だと錯誤させて契約を取ろうとする復縁屋は多数あります。

優良な復縁屋はステマ行為をする必要がなく、逆に言えばステマで自作自演をしなければ優良な復縁屋である事を証明できない証でもあります。

ランキングサイトや自作自演のステマサイトに騙されない様にご注意下さい。

最初から騙す目的で完全な詐欺を行う悪質な復縁屋も存在します。

契約を取る前までは良い事を言っていた為、安心して依頼した途端に担当者と連絡が取れなくなった…等、最初から騙す目的で面談や相談を行う悪質な復縁屋も存在します。

最初から騙す目的なので復縁したい方々にとっては一番都合の良い復縁屋となってしまい、復縁したい気持ちにつけ込んだ典型的な詐欺会社になります。

契約後、担当者と連絡がつかない、調査・工作をしない等、騙す目的で契約を勧めて来る悪質な復縁屋には十分にご注意下さい。

契約の強要や契約を断ると暴言を吐く悪質な復縁屋もあります。

復縁屋との面談は復縁工作の契約を交わす為のものではなく復縁工作の依頼を請けられるか?の判断をするものになります。

悪質な復縁屋は面談=契約と捉えている為、『契約を見送ります。』と伝えると態度を豹変させる悪質な復縁屋も存在します。

契約の強要や契約を拒否した際に出て来る暴言等、悪質な復縁屋の本性が出て来るのは契約を見送った際に出て来ます。

面談をした後に数日程、復縁屋と連絡を取る事で復縁屋の本性が分かり、悪質な復縁屋との契約を回避出来る事もあります。

悪質な別れさせ屋も存在しますので詐欺業者にご注意下さい

別れさせ屋のメディア露出が増えた事で別れさせ屋の認知度も少しづつ世の中に広まって来ましたが、メディア露出があるというだけで別れさせ屋と契約してしまった…という被害を受けている依頼者も少なくありません。

『まさかテレビに出ている所が悪質な別れさせ屋だったなんて…』というご相談は増加の一途を辿ります。

別れさせ屋のネーミングから警戒していたものの、一度面談で対面した事で安心しきってしまい、後から出来もしない事ややらない事を提案されていた…という依頼者も少なくありません。

悪質な別れさせ屋の手口も様々な方法がありますので参考にして頂き、悪質な別れさせ屋の手口に引っ掛かり時間やお金を無駄にしない様にお気を付け下さい。

悪質な別れさせ屋が依頼した後に行う手口とは?

悪質な別れさせ屋が依頼した後に行う手口でよく他社で依頼した方から聞く手口は下記の通りになります。

  • 契約後に連絡がほぼ取れなくなった
  • 調査・工作をやっているのか?の報告をもらえなかった
  • 先に進まないので方法を提案したら怒られた上に失敗した
  • お金の追加請求が止まらない

悪質な別れさせ屋に依頼した後に分かる事なので、依頼前に判断しようがない手口を使いますのでご注意下さい。

契約後に連絡が取れない別れさせ屋詐欺の手口

契約後に連絡が取れない理由に忙しい・出張中等を理由にして担当者と連絡が取れず、悪質な別れさせ屋からの週に一度程度(更に悪質な別れさせ屋は月に一度程度)の報告を待つだけという手口で契約が終わってしまったという悪質な別れさせ屋の詐欺被害の相談が急増中です。

依頼者を脅迫する別れさせ屋詐欺の手口

契約前後で態度が一変する悪質な別れさせ屋もあり、悪質な別れさせ屋に依頼者が方法などの相談を担当者にしたところ『忙しいのにいちいち連絡して来るな』と逆ギレをされた後に対象者に別れさせ屋に依頼した事をバラすぞ!!と脅迫されて泣き寝入りした事例も多々あります。

調査、工作をしない別れさせ屋詐欺の手口

契約を交わした後に何もしない詐欺の手口もあります。契約書に明記した内容をやらない悪質な別れさせ屋の詐欺手口も横行しています。

依頼者へ金銭の無心をする悪質な別れさせ屋の存在

依頼料金とは別に担当者が個人的な金銭の貸し借りを依頼者に求める悪質な別れさせ屋の存在も確認されています。「会社が上手くいっていない」という理由で、会社の経営状態が厳しい為に依頼の続行が難しくなる事を理由に金銭の貸し借りを申し出る悪質な別れさせ屋の詐欺手口もあります。

依頼者と肉体関係を持つ悪質な別れさせ屋

実際に合った事件になりますが2007年5月に別れさせ工作を請け負い、対象者と関係を持つ事に成功した工作員が対象者を殺害するという事件がありました。

殺人を犯し15年の懲役刑(求刑・懲役17年)となり、2019年現在も服役している計算になります。

対象者だけではなく依頼者へも工作を仕掛け依頼者と体の関係を持つ事や疑似恋愛を行い、工作が一切進まずに契約期間を終わらせる手口を使う悪質な別れさせ屋の存在も確認されています。

悪質な別れさせ屋と依頼前に起こるトラブルとは?

悪質な別れさせ屋と依頼前に起こるトラブルには下記の内容がよく他社で依頼した方からお伺いします。

  • 面談をしたら契約書にサインするまで帰してもらえなかった
  • クーリングオフの説明がちゃんとされていなかった
  • 契約で悩んでいると早く契約した方が良いと急かされた
  • 契約しない事を伝えたら怒りを露わに暴言を吐かれた
  • 他社に依頼した事を伝えたらお金を請求された

悪質な別れさせ屋に相談するだけでも様々なトラブルに見舞われる事がありますのでご注意下さい。

悪質な別れさせ屋(復縁屋)の被害に遭わない為には?

悪質な別れさせ屋(復縁屋)の被害に遭わない為には何が必要だと思いますか?

業者選びで失敗してしまい、悪質な別れさせ屋(復縁屋)の被害に遭ってしまった…やっぱり探偵って…と探偵や別れさせ屋(復縁屋)に対してのイメージが悪くなってしまいます。

そもそもの業者選びの仕方を間違えているので詐欺被害も含めたトラブルに巻き込まれてしまいますが、業者選びをする前提条件が間違っている事に気付かなければなりません。

別れさせ屋(復縁屋)に依頼する時に【保証】を求める方が多いのですが、別れさせ屋(復縁屋)に保証を求める事がそもそも間違っているのです。

対象者が人間である以上、別れさせ屋(復縁屋)に依頼しても絶対はありません。

保証を求めるサービスではないのに保証を求めるから悪質な別れさせ屋(復縁屋)の手口に掛かってしまいます。

  • 稼働保証
  • 返金保証
  • 復縁保証
  • 別れさせ保証

別れさせ屋(復縁屋)の技術や業務が分からないから保証を求めるのは間違っていない事の様に思えて実は大きな間違いなのです。

復縁や別れさせに保証はありませんし、保証は出来ません。

復縁や別れさせの保証が出来ないから他の部分(稼働時間や返金)に保証を求めようとするのですが、契約したら稼働するのは当たり前なのですから、その当たり前の事をしてもらえないと思うなら、そもそも依頼する事自体間違いなのです。

保証があるから依頼するのではなく信用出来る担当者であり、会社なので依頼する。

その判断が出来ない人がそもそも依頼するべきではないのです。

悪質な別れさせ屋(復縁屋)はどんな手口で契約を取ろうとするか?

悪質な別れさせ屋(復縁屋)が使う手口の一つに依頼者を焦らせる、急かす。という手口を使います。

もう一つは復縁や別れさせとは全く関係のない説明をして本題をはぐらかすという手口を使います。

復縁や別れさせの依頼をするのは復縁する事や別れさせる事が目的のはずですが、悪質な業者は料金も含めた別の部分の説明に終始します。

  • テレビやメディアの露出の多さ
  • 広告塔に芸能人を使っている
  • 一律パック料金の設定
  • 相場よりも激安料金の提案
  • 法人会社である事を強調
  • 登記簿謄本の内容確認
  • ランキングサイト上位の掲載

一見して優良な別れさせ屋(復縁屋)の様に見える上記内容は復縁や別れさせとは関係がありません。

依頼者様の目的とは異なる説明をする業者は恋愛工作の技術や成功率とは全く関係の無い話しをしてあたかも優良な別れさせ屋(復縁屋)である事を強調しているに過ぎません。

悪質な別れさせ屋(復縁屋)の手口をもっと良く知りたい方はお気軽にご相談頂ければと思います。

依頼者へ依頼とは関係のない金銭の無心をする別れさせ屋も中にはあります。

担当者が個人的なお金の無心をする別れさせ屋も中にはあります。

悪質業者の代表者が会社運営が上手くいってないと依頼者に相談してお金を貸してしまった。という相談も過去には頂いています。

個人的な金銭の貸し借りを申し出る手口を使う別れさせ屋(復縁屋)には十分にご注意下さい。

方法をウヤムヤにして【企業秘密】という悪質な業者もあります。

別れさせ屋(復縁屋)が方法について説明を求められた時に『企業秘密なので答えられません。』という事は絶対にありません。

何をするか?という方法をサービスとして提供する訳ですからサービス内容を【企業秘密】と伝える別れさせ屋(復縁屋)は提供するサービスを説明出来ない。という事になり、説明出来ないサービスを提供する会社は一般企業にはありません。

悪質な別れさせ屋(復縁屋)の詐欺被害に合う前にご相談下さい。

悪質な別れさせ屋に依頼してしまい、トラブルに巻き込まれた、被害に遭ってしまった…という前にご相談下さい。

詐欺被害にあってからご相談を頂いてもどうにもならない事もあります。

詐欺被害に遭わない為には詐欺会社と契約しない事が一番大切です。

どうすれば詐欺被害に遭わないのか?を見極めるには詐欺会社の情報がなければ見極める事は出来ません。

ネット上には自作自演を繰り返す別れさせ屋(復縁屋)が沢山ある為、ネット情報を鵜呑みにして判断すればネットで自作自演を繰り返す業者のカモにされてしまいます。

ご相談頂ければ弊社との契約を促す様な事は致しておりませんので、依頼を検討している別れさせ屋(復縁屋)に対する情報をご提供させて頂けます。

他社を名指しで批判する事は致しておりませんので有益な情報を提供するに留まりますが、別れさせ屋(復縁屋)を選ぶ際の指針の1つとして捉えて頂ける有益な情報を無料でご提供させて頂きます。

警視庁の処分を受けていない別れさせ屋(復縁屋)を選ぶのは絶対条件

別れさせ屋(復縁屋)は探偵業法に定められたご依頼を承ります。

探偵業は公安委員会の認可を得て取得できるものであり、探偵業法に違反となれば警視庁公安委員会のホームページに違反内容と会社名、罰則について記載されます。

法令遵守は当然の事であり、探偵業社だから法律を守らないで良いという事はありません。

法律を守る前提の依頼を請けるのは当然ですが悪質な業者の中には子会社を作り、提携先という形で警視庁のホームページに記載されている業者を紹介して本来依頼を請けられない案件も請けてしまう悪質な業者もあります。

警視庁のホームページに掲載されていないから安心という訳ではありませんが、警視庁のホームページに掲載されてしまう様な別れさせ屋(復縁屋)は業者選びの中に入れるのは不適切だとも言えます。

  • ※警視庁のホームページはコチラを参照下さい。