別れさせたいと願う時にどうやったら別れさせられるか?を考えると思いますが、神頼みや占いを信じたところで別れさせたいを叶える事は出来ません。

別れさせる対象者に何かがなければ別れを意識する事はありません。

例えば、あなたがとても大切な人と別れを意識する時は誰かが神頼みをしたから別れを意識しますか?

誰かが占いをした結果、あなたは大切な人との別れを意識しますか?

別れを意識する時は大切な人に何かしらの変化があるから意識するもので、大切な人の何かしらの変化は神頼みや占いによる見えない能力に頼って起こるものではなく、人為的に起こせるものの結果、変化を感じた時に別れを意識するのです。

では別れを意識する時の人為的に起こせる変化とは何か?

別れさせたい!!と思う方々は別れさせる方法を求めます。

しかし、別れさせたい!!と思う相手に人為的に何かをするという事は、あなたがもしも誰かを別れさせたい!!と考える時、あなたが別れさせたい対象者に何かをしなければなりません。

あなたが別れさせたい!!と思う相手に直接何かをすれば相手は警戒するので別れさせる事は出来ません。

別れさせたい!!を叶える為には一人で何かしらの行動をするのではなく若干大掛かりな事をしなければ別れさせる事は叶いません。

そして、別れさせる事に協力してくれる人は少なく、協力してくれる人が少ないので別れさせたい!!と考える人は別れさせ屋に依頼します。

絶対に別れさせたい!!と考えるなら一度別れさせ屋に相談してみては如何でしょうか?

専門家の力を借りる訳ですからお金が掛かる事ですが、お金を掛ける事と別れさせる事のどちらが大切なのか?を考えてみては如何でしょうか。

自分で別れさせたい!!と思って出来る事とは?

お金を掛けられないから別れさせ屋に頼れず自分の力で別れさせたい!!と考える人は多いのですが、自分の力で出来る事は限られています。

自分の力で別れさせる為に出来る事は別れさせたい相手を自分に振り向かせる以外に方法はありません。

魅力的な男性、魅力的な女性になって別れさせたい二人の妨害をする以外に方法はなく、自分で別れさせたい!!と思って出来る事は魅力的な人物になる以外ありません。

他の方法はないのかな?と探す人もいますが、結局のところ別れさせたい対象者が別れるにあたって別の何かしらの魅力がなければ別れを選択する事はありません。

どちらかを蹴落とす考えではなく、自分で別れさせたいなら別れさせたい相手に別れを意識させるメリットを与えなければならないのです。

別れさせたいから外見を磨く事。

別れさせたいから外見を磨く事は一つの手段ですが、経験上、別れさせるのに外見を磨いたところで別れさせる事は出来ない事を別れさせ屋は存じています。

外見を磨く事で別れさせられるなら元々別れさせたい!!と考える事自体ありません。

外見を磨く事は大切ですが外見を磨いたところで別れさせたい!!という気持ちを叶える事はとても難しいのです。

別れさせたいから内面を磨く事

別れさせたければ外見ではなく内面を磨かなくてはなりません。

人間が外見に惹かれるのは一瞬です。

一瞬の為に別れさせたい対象者が別れを決断する事はありません。

長い目で見た時に今交際中の相手よりも交際するメリットがある!と考えさせられるのは内面を磨いてメリットを作るしかありません。

別れさせたい相手への接し方は?

別れさせたい相手への接し方は相手が別れを意識させる何かを与えなければなりません。

相手の要望を聞き入れながら要望を摘み取る接し方が求められ、要望を摘み取るには相手の話をシッカリと聞き、何が望みなのか?の心の裏を読まなければなりません。

本当に別れさせたいなら駆け引きを学んで下さい。

本当に別れさせたいなら駆け引きを覚えなければなりません。

駆け引きを使って相手の要望を聞き出し、聞き出した要望にメリットを与える会話が出来て初めて別れを意識させられます。

恋人と別れる時は恋人との交際に先がない事を感じるので恋愛が終わります。

押せば引く、引けば押す。といった駆け引きを使える状況にあり、駆け引きが使えるから初めて別れさせる方向に誘導していけます。

別れさせたい対象者のどちらかと別れを意識させる駆け引きが使えるので別れさせたい!!と願う気持ちが叶うのです。

不倫、浮気相手と別れさせたい時に慰謝料請求をしたら?

浮気、不倫相手を別れさせたい!!と考える時に一番早いのは慰謝料請求をする事だと考える人はとても多いのですが、不倫の証拠を見つけて不倫相手を訴訟しても別れさせられないケースはとても多いのです。

特に不倫相手が女性の場合、旦那が不倫相手をかばい、慰謝料請求をする際に旦那が慰謝料請求を取り下げる様に話をしてくるケースも多く、『慰謝料請求を取り下げなければ離婚だ!!』と口にされるケースも多数あります。

慰謝料請求は家庭が円満にいっている事が条件になり、不倫されてる側だけが家庭円満だと考えているケースも少なくありません。

不倫、浮気相手と別れさせたいなら家庭円満の土台作りをシッカリと作らなければ別れを切り出されるのが自分になってしまった…というケースは少なくないのでご注意下さい。

直接浮気、不倫相手に『別れなさい!!』と伝えたら?

浮気、不倫相手に『あなたは浮気相手なんだから別れなさい!!』と伝えたらどうなるか?を考えずに浮気相手に伝えて酷い状況に陥ってしまうケースもあります。

『浮気相手だから別れなさい!!』と伝えて別れるケースはもちろんありますが『浮気なんてしてません!!』と証拠がなければ逆切れをされるケースもあります。

浮気を認める証拠がある時と証拠がない時では当然対応も変えなければなりません。

『別れなさい!!』と伝えて逆ギレをしてくる事も想定して浮気相手と接しなければなりません。

浮気相手と別れさせたいなら必要な心得

浮気相手と別れさせたい時に物的証拠がなく状況証拠だけで浮気を追求しようとすると逆ギレされて有耶無耶にされるケースがほとんどです。

感情的になり、怒りをそのまま伝えようとすれば別れさせる事は叶わなくなってしまう為、物的証拠を押さえる必要がある事を肝に銘じて下さい。

問題の先延ばしは厳禁

浮気が発覚した後に『別れなさい!!』と伝えて別れずにこっそり浮気を継続させているケースもありますが、別れさせたい側も『いつか別れてくれるだろう…』と問題を先延ばしにするケースもあります。

問題を先延ばしにすれば問題は拗れます。

別れさせたいなら問題の先延ばしをして良い結果にならない事は忘れてはいけません。

不倫相手の夫婦を離婚させたいと悩んでしまったら?

不倫相手を離婚させたいと悩みを抱える方は大変多く、不倫相手と堂々と交際したい思いから不倫相手を別れさせたいと考える方は少なくありません。

不倫相手の夫婦を離婚させたい時に子供いる、いない、という問題もとても大きく、離婚させたいと考えた際に子供の有無で離婚させる難易度も大きく変わります。

恋人関係を別れさせる事と夫婦を離婚させる事の難易度は全く異なります。

離婚させたい時に一人で出来る事はありません。

別れさせる事と離婚させる事を同一に考えてしまえば確実に別れさせる事は出来なくなる為、夫婦の絆を壊すには確実に誰かの協力が必要になる事を忘れてはいけません。

離婚させたいと考えるなら方法は無数にある訳ではありません。

不倫相手と一緒になりたいから離婚させたいと考えるなら方法は無数にある訳ではありません。

夫婦は恋人同士とは異なり、子供や親族の関係等、様々な関係が絡むものですから関係性を断ち切る決定的な何かがなければ離婚させる事は出来ません。

不倫相手の家族に『私は不倫相手ですけど愛しているので別れて下さい』と直接話しをしても慰謝料請求をされるだけで離婚に至る事はありません。

離婚させたいと考えて一人で出来る事はなく、離婚させるには決定的な何かを作り出す必要があり、決定的な別れさせる原因を利用した方法以外に離婚させる事は出来ません。

子供の恋人、悪友と別れさせたい!!ご両親からの相談が別れさせ屋には急増中

子供の恋人や悪友と別れさせたい。と悩んでいるご両親は急増中です。

モンスターペアレンツと呼ばれる親が増え、子供を甘やかしている自覚がない親が子供を育てている為、自分の子供に悪影響を及ぼす子供の友人、子供の恋人に悩まされるご両親からのご相談も大変多く頂きます。

子供の将来を考えた時に子供の将来が不安になり、不安を抱えるモノの何を子供に言っても子供が受け入れず交友関係を改めない為、悩みを抱えるケースが多々あります。

別れさせ屋には子供の将来を案ずるご両親からの相談や交友関係を切る為に様々な方法を活用したものの子供が縁を切らない相談も頂きます。

子供の恋人、悪友と別れさせたい!!という思春期のお子様を持つご両親は別れさせる為に必要な事は子供の気持ちを理解する事だと忘れないようにして下さい。

子供の恋人や悪友と別れさせるには子供が心を許せる第三者からの説得が必要

子供の恋人や悪友と別れさせたいと考えるご両親は子供の将来を本当に案じています。

子供の事を第一に考える親だからこそ成長するまでシッカリと見守る覚悟があり、子供の事を一番理解しているご両親が交友関係を選んであげたいと思うのも当然です。

しかし、子供には子供の考えがあり、ご両親が何かを言えば子供を否定する事にも繋がりかねません。

子供の将来を考えた時に子供の気持ちに寄り添い、切々と交友関係について説明しても子供は理解してくれません。

子供の交友関係を断ち切るにはご両親の協力が必須であり、ご両親がどれだけ心配しているか?を子供が心を許せる第三者から話をしてあげなければなりません。

子供の交遊関係を別れさせるには両親の協力が絶対に必要です。

子供の事を思うからこそ子供の交友関係を切りたいと考える時にご両親の力だけで子供の交友関係を切ろうとすれば失敗に終わります。

素直な良い子だからこそ親に従うのではなく、素直でいい子にして来た子供の交友関係を親が反発すれば子供の考えも全部否定している様に子供は捉えます。

ご両親の理解もあるからこそ子供は交友関係について考え直します。

ご両親の理解、協力は子供の交友関係と別れさせるにはとても大切な事なのです。

元恋人の新たな恋人を別れさせたい。愛する人を奪う事に心を痛めますか?

元恋人の新たな恋人を別れさせたいと考える時に心を痛めてしまう方がいますが、別れさせなければ元恋人との復縁は叶わないので心を痛めてしまう方は少なくありません。

別れさせ屋は別れさせる事に抵抗があるなら別れさせたい!!と考える事はやめましょう。と話します。

もちろん、別れさせなければ復縁は出来ない訳ですから復縁も諦めましょう!!という言葉と同じ意味の言葉を伝えなければならないのです。

元恋人をどうしても取り戻したい!!と考えるなら愛する人を奪う事に心を痛めている時間はありません。

元恋人を別れさせずに時間が経過していけば結婚、妊娠の可能性も上がってしまい、別れさせる難易度は急激に上昇します。

元恋人との復縁を望むなら時間を無駄にしては取り戻す事が出来なくなります。

元恋人を別れさせて大切な人と復縁する方法

元恋人を別れさせて大切な人と復縁する方法は自分で出来る事はありません。

別れさせる事と復縁する事を一人でやろうとするには元恋人の新しい恋人よりも素敵な人物になる以外に方法はないのです。

元恋人にとって魅力的な異性とはどんな異性なのか?が分かっていれば別れてない為、原因をシッカリと理解する事から始めなければなりませんが別れさせたい時に別れの原因を直接聞き出す事は出来ません。

元恋人を別れさせて大切な人と復縁する方法は誰かの協力がなければ成功の見込みはほとんどありません。

元恋人を別れさせる為に友人・知人に協力してもらう事

元恋人を別れさせる為に友人・知人に協力を仰いでもなかなか友人達が協力してくれる事はありません。

友人・知人にハニートラップを仕掛けさせれば友人の人格が疑われ、人格の疑われた友人の友人であれば更に悪い印象を与えてしまいます。

絶対に別れさせたい!!と考えて友人に頼ればバレた時のダメージの大きさから要望が叶わなくなる事も忘れない様にして下さい。

【マルチ商法】と別れさせたい!マルチ商法をやめさせるには?

  • 身内がマルチ商法にハマってしまっているのやめさせたい。
  • 商法の人たちとの関係を別れさせたい。

マルチ商法に良いイメージを持っている方はあまりいらっしゃいませんし、マルチ商法にハマってしまうと不幸になるというイメージが日本にはあります。

そもそもマルチ商法とは何でしょうか?

マルチ商法(ネットワークビジネス)の正式名称は連鎖販売取引で、ねずみ講と呼ばれる無限連鎖取引と似た性質があります。

マルチ商法は違法ではありませんがねずみ講の場合は違法で、「ネットワークビジネスだからねずみ講とは違うよ、大丈夫だよ(違法ではないよ)」という誘い文句に釣られて参加してみたら実はねずみ講方式で違法だった、という場合もあるので注意が必要です。

有名なマルチ商法を行っている会社としては、アレスター、アムウェイ、ロイヤル化粧品、フォーリーフジャパンなどがあります。

商品を購入した人が商品を紹介し、購入者のネットワークを利用して連鎖的に商品を販売する方法をマルチ商法と呼びます。

マルチ商法が嫌煙される理由

マルチ商法が嫌煙される理由は『儲かるから一緒にやろうよ!』という誘い文句があり、勧誘活動を行う事で儲かる仕組みから勧誘活動に勤しみます。

友人を勧誘、親族を勧誘、知人を勧誘といった勧誘活動をされる事と同時に高額の商品を売りつけられるイメージがあり、マルチ商法は嫌煙されがちです。

マルチ商法で儲かるのは一部の人間だけであり、勧誘された時点で儲かる事はないと知っている人は騙されていると思い込む為、マルチ商法は嫌煙されがちです。

マルチ商法は友人関係をも破壊します。

何年ぶりかに連絡があった友達や学生時代の同級生に食事に誘われて行ってみたら、マルチ商法の勧誘だったとのケースを良く耳にすると思います。

勧誘目的で呼ばれた事が分かっても好意的に交流を続けてくれる人は少なく、勧誘された時点で人間関係が終了します。

マルチにハマっている人は何を言っても聞く耳を持たない

マルチにハマっている人に『マルチだからやめた方が良いよ』と伝えても聞く耳を持つ事はありません。

マルチにハマる人は洗脳に掛かっているかの様にマルチに対する信用を持ち、信用しているマルチを攻撃してくる人物の話しを聞く事はありません。

こんなに良い商品なのに何故分かってくれないんだろう…?と考えるのがマルチにハマっている人の思考であり、マルチを否定する人は良い商品を理解出来ない人という認識を持ってしまいます。

その為、良い商品を理解出来ない人の言葉に耳を傾ける事はなく、マルチにハマっている人に外部から何を言っても聞く耳を持つ事はありません。

実際に弊社ご相談頂いたマルチとの縁を切るご相談

依頼者様が「それはマルチ商法だ、効果は普通の鍋と変わらない。なのに何でわざわざ高いマルチの商品を、しかも何個も買うんだ。お願いだから買わないでくれ」と対象者に言っても、「でも有って困るものじゃないし…」という返答で商品を購入し続けていました。

他にもサプリメントについて「これを飲むと調子が良い」プラセボ効果(偽薬効果=実際に効果がない薬)であっても、「薬を飲んだ」という安心感で本当の薬のような効果を得る事がある事で信じて購入を続けているのをやめさせたいというご相談も頂きます。

特定商取引に関する法律第33条の2

「食事に誘われて行ってみたら実はマルチ商法の勧誘だった」というのは特定商取引に関する法律第33条の2「(前略)その勧誘に先立って、その相手方に対し、統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者の氏名又は名称(勧誘者又は一般連鎖販売業者にあつては、その連鎖販売業に係る統括者の氏名又は名称を含む。)、特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘をする目的である旨及び当該勧誘に係る商品又は役務の種類を明らかにしなければならない。」との文面に違反する行為に該当します。

マルチの勧誘をする場合は、誘う段階で「これは〇〇っていうマルチ商法の勧誘だよ」と言わなければならないということです。

マルチ商法との縁を切らせるには内部に入り込まなければなりません。

マルチ商法との縁を切らせるにはマルチ商法の内部に入り込み、仲間だと認識させなければなりません。

警察や弁護士にマルチ商法の件で相談したとしても本人の意思でマルチ商法に参加している為、止める手立てがありません。

ある種洗脳されている状態なので内部に入り込み、洗脳を解く様に接していかなければマルチ商法にどっぷりと漬かってしまった状態から抜け出させるのは至難の業になります。

どんな状況であれ別れさせたいなら別れさせ屋に相談してみましょう

どんな状況であれ別れさせたいなら専門家に頼る事は一つの手段です。

別れさせる事で相当頭を抱えていらっしゃると思いますが、考えて悩んでも解決策は出てきませんよね?

解決策が出てこない以上、一人で出来る事は限られており、一人で出来る事が限られている以上、一人でどうにかしようとしても難しいのです。

別れさせ屋は様々な別れさせる方法を知っており、何をすれば別れさせるのか?を常に考える仕事をしています。

状況によって別れさせ屋は別れさせる方法を変えますし、方法を変えて様々な別れさせを成功に導いていく仕事をしているので一人ではどうにもならない状況の時は別れさせ屋に依頼するのも一つの方法として検討してみましょう。

別れさせ屋に依頼して別れさせる方法はどんな方法があるの?

別れさせ屋は様々な方法で別れさせたい!!と悩む依頼者の問題を解決してきました。

別れさせたい!!と願う依頼者の別れさせを叶える為には対象者の心理状況を読むプロファイリングを駆使した方法を提案します。

対象者に合わせた方法で状況次第で変化させていくのが別れさせ屋が別れさせる方法になります。

浮気、不倫相手を別れさせる為に別れさせ屋が提案する方法

不倫相手や浮気相手を別れさせる為に別れさせ屋が提案する方法は対象者に工作員を接触させて不倫を解消させる様に仕向ける心理誘導を行う方法になります。

離婚させたい時に別れさせ屋が提案する方法

離婚させたい時に別れさせ屋が提案する方法は不倫相手か不倫相手の夫、妻のどちらに工作員を接触させるかで方法は異なります。

子供の交友関係を別れさせる為に別れさせ屋が提案する方法は

子供の交友関係を別れさせる為に別れさせ屋が提案する方法は子供が工作員の話しを聞くように工作員を接触させて悪友との関係を続ければどうなるか?を子供に分からせる方法を提案します。