弊社では薬物依存に悩む方や、薬物依存の被害者である親族の方々からのご相談も承っています。

  • 近所に知られたくない
  • 自分達では解決出来ない
  • 施設に入れたいとは思わない
  • 逮捕されて前科者にしたくない
  • …etc

薬物問題は周囲の協力が必要なのはもちろんですが、協力の仕方を間違えてしまい薬物依存から抜け出せなくしています。

身内に薬物に依存している方がいる時に誰にも相談できず、言動や行動がおかしいな…と思っていても相談出来ず、薬物を利用している事も見て見ぬふりをする、或いは薬物を『やめなさい!!』と言っても、それ以上の事が出来ずいつ警察に逮捕されるんだろう…?もしかしたらこのまま警察に逮捕された方が良いんじゃないか…?と不安や心配を重ねてしまい薬物をやめさせる形に進む決断ができません。

薬物の怖さは誰しもが分かっているものの、分かっていながら何も手を打たずに薬物問題の解決を先延ばしにします。

解決方法が見当たらないから仕方ない…

言うべき事は言っているのにやめてくれない…

薬物に悩みながら何をすれば良いか分からない、何を伝えればやめてくれるのか?を知らないので辞めさせようがないのです。

弊社では薬物で悩む本人ではなく、薬物利用者の親族や恋人、友人からご相談を頂き、本人には絶対に知られない様に自然に薬物をやめさせる方法をご提案させて頂けます。

対人関係のスペシャリストを派遣させる事で、薬物利用者本人が薬物を抜け出したいと自然な流れで薬物との縁を切る為の業務を請け負い、逮捕されて刑務所にいる間だけ薬物に手を出さないのではなく、薬物に一生手を染めない取り組みを作っていく形を取っていくので安心して生活していける様にもなります。

  • 『覚せい剤』からの脱却
  • 『親族』への直接被害
  • 『近所』に気付かれたくない
  • 『薬物依存』から脱出したい

薬物との決別を本気で考えているならまずはご相談下さい。

本人、身内、恋人、友人、薬物との縁を切らせたい…と考えている方をサポートさせて頂き、数々の薬物依存者の離脱工作に成功させてきました。

今、薬物問題を抱えて苦しんでいるなら、少しでも早い解決をお望みならご協力出来る事があります。

薬物依存の身内を抱えて悩む親族、薬物依存の恋人と交際している方へ

薬物依存は周囲の協力がなければ依存からの脱却はありません。

薬物常習者が施設や病院に自ら進んでいくケースはとても少なく、薬物中毒になっている状態に気付いてないケースは珍しくありません。

  • いつでも薬物を止められる…
  • 薬物はいつでも止められるから今は止めない。

薬物依存者の甘い考えをどこかで変えてあげなければ体はボロボロになり、いつか警察に逮捕され、人生の終わりが見えてしまいます。

一度薬物依存になれば、一生抜け出せる事はありません。

1年止めていようと10年止めていようと、止めているのではなく、たまたま薬物を使用していないだけ。と考えなければ一生抜け出す事は出来ないのです。

家族だから…

恋人、夫婦だから…

薬物依存者と関りがある方々は『自分なら立ち直させる事が出来る!』と考えます。

更生させたい気持ちは分かりますが、薬物依存からの離脱はそんなに甘いものではありません。

薬物依存者は皆一様に『薬物は止めたいんだ』と口にしますが、言葉と行動が伴わない行動を繰り返すのが薬物依存の怖いところになります。

何度も薬物を止めるという言葉を信じ、裏切られ、その都度『なんで分かってくれない?』という言葉を薬物依存者に伝えた経験はありませんか?

苦しんでいるのは薬物依存者も同様ですが、周囲の方々が何度言っても分かってくれない…と心が折れてしまい、薬物を辞めさせたいと考える事から少しづつ気持ちの熱が遠ざかります。

薬物依存者を救うには周囲の協力は必須であり、協力がなければやめさせる事は出来ません。

何度も『なんで分かってくれない?』という言葉を掛けて心が折れかけてしまったかもしれませんが、親族や恋人といった近い存在だからこそやめさせる事が出来る気持ちは失わない様にして下さい。

薬物依存から離脱させるには一人では絶対に出来ません。

薬物依存(覚醒剤、コカイン、大麻)から離脱させるには1人でやめさせる事は絶対に出来ません。

薬物を本当にやめたいと思っていても薬物は脳を刺激し、意志とは関係なく薬物に手を染めてしまうのです。

本人が辞めたい!!と思っていても辞められないものを『薬物は体に悪いから辞めよう。』と言っても辞められません。

本人が一番辞めたいと思っていても辞められないのが薬物の怖さであり、簡単に辞められる薬物等一つもないのです。

薬物依存から抜け出させるには薬物以上に魅力のある何かを与える事や薬物を手に入れられない状況を作る事が求められます。

しかし、現代はネットで薬物が簡単に手に入る時代になり、薬物を手に入れさせない様にするのはとても困難になっています。

薬物を簡単に手に入れられる時代の為、薬物を辞めさせるには薬物以上の魅力があるものを与えなければなりませんが、薬物以上に魅力のあるものを薬物依存の本人が探す事は難しく、周囲が与えるものでは決して足りない為、薬物依存を抜け出す事は難しいのです。

一般の方であれば家庭を持ち、子供が出来れば薬物に目もくれないのでは?と考えますが、弊社の元依頼者は妊娠をして初めて子供が出来た状態でも薬物に依存し、辞められていませんでした。

子供の為にも夫の薬物依存から抜け出させたいと考えた元依頼者からご依頼を頂き、薬物依存から抜け出させ現在も幸せな婚姻生活を送っているという報告を頂いています。

子供という大きな転換期があっても辞められない薬物依存を抜け出させるには方法があり、弊社はそれらの方法を熟知している為、薬物依存から抜け出させるご協力が出来るのです。

薬物依存から離脱させるには一人では絶対に出来ません。

方法を熟知している弊社であっても多数の人員を活用して辞めさせる事に成功しています。

薬物の入手先ルートを潰し、入手できない状況を作り、その上で弊社が提案する方法を活用して初めて薬物依存から抜け出す兆しが見えます。

入手先を潰す事がまずやらなければならない事になります。

ネットで簡単に薬物は入手出来ますが、薬物以外のルートから入手しているのなら入手先を潰す事が先決です。

入手出来なければネットで入手先を探し、入手先をネット限定にさせれば入手させない状況を作り出す事も可能です。

まずは買えない状況を作る事、その後に薬物依存から抜け出す方法を駆使しなければなりません。

逮捕させて刑務所に入れてしまえば入手先は受刑者同士の情報交換で広げてしまうので一瞬はやめても出所してから入手先を増やしてしまいます。

刑務所という一般社会の最底辺に落ちれば同じ様な人たちの間で情報交換をしてしまうので逮捕させて刑務所に入れてしまうのは薬物依存を抜け出させる為の手段ではなく、薬物依存を更に悪化してしまう為の手段になる為、お勧めできません。

薬物依存から縁を切る方法をほとんどの方が知りません。

薬物依存から縁を切る方法は国の薬物離脱プログラム等を見て頂ければ分かりますが、ほとんど効果のない様なプログラムばかりになります。

病院やダルクに行けば薬物離脱プログラムが施されて薬物との縁を切れるかのように考える方が多いのですが、公表されていないだけで病院やダルクに行って一時は薬物依存が解消されても再犯で刑務所に行ってしまう薬物依存者はとても多いのです。

病院やダルクは刑務所と同じ考えになり、自ら刑務所に行っている間は薬物に手を染めません。

しかし、病院やダルクには薬物依存者が集まりますから薬物依存者同士で薬物の話をすれば脳が薬物に反応し、体が薬物を求める様になってしまうのです。

薬物を本当に辞めさせたい時に薬物依存者が集まる場所に行かせるのは逆効果になります。

薬物依存者が集まる場所に薬物依存者を行かせたところで薬物依存が直る訳ではなく薬物を更に求める結果となるのです。

日本では薬物依存を抜け出させる考え方や認識が間違っており、間違った認識のまま薬物依存を直そうとしても薬物依存から抜け出す事は出来ません。

結果的に覚せい剤などの犯罪の再犯者は逮捕者の中でも群を抜いて多く、薬物依存を抜け出させる間違った方法を用いている結果となります。

弊社は正しい薬物依存から抜け出す方法を活用して薬物離脱をサポートします。

弊社は正しい薬物依存から抜け出す方法を活用して薬物離脱をサポートします。

薬物離脱の為に元刑務官等の薬物依存者に携わってきた方々や薬物で刑務所に入ってしまった方々との情報交換をさせて頂き、正しい薬物離脱の方法をご提案させて頂けます。

薬物依存で何度も刑務所を行ったり来たりする理由や薬物依存から抜け出せない理由など、薬物依存者の考え方や知識を活用した縁切り工作を行う事で薬物依存を抜け出させます。

自分の意志で薬物に手を出さない!と考える薬物依存者と周囲から薬物に手を出すな!と言われて薬物との縁を切る事では薬物に再度手を出してしまいそうな時の自制心が全く異なります。

本当に薬物依存から脱却させたいとお考えの際はご相談下さい。