別れさせ屋ジースタイル

別れさせ屋工作の方法について知りたい!!というお問い合わせはとても多いのですが、別れさせ屋工作の心理誘導はハニートラップのように単純な方法ではないので説明がとても難しくなります。※参考記事:異性関係の問題を誘発させるハニートラップを別れさせ屋の工作だと考えている方へ

別れさせ屋が提案する方法を別れさせ屋=ハニートラップと考える方は多いのですが、実際に別れさせ屋工作を行う別れさせ屋はハニートラップはほとんど使いません。

別れさせ屋工作の方法は心理誘導という方法になり、心理誘導とはターゲットの心理を工作員が事前に描いたシナリオの方向に誘導していく方法であり、心理誘導を行うにはターゲットの心理状態を理解して会話や状況を作っていく方法が現代の別れさせ屋が使う別れさせ屋工作の方法になります。

心理誘導を心理学を学べば出来るように錯誤して考える方も多いのですが、心理誘導は心理学とは異なります。※参考記事:【心理学と心理誘導の違い】を知らない悪質な別れさせ屋や復縁屋は多いって知ってますか?

心理学を学べば心理誘導が出来る訳ではなく、心理誘導はターゲットの心理を思い描いた方向に誘導していくものなので、ターゲットを別れさせたいならターゲットを別れさせる方向に誘導していく方法であり、ターゲットと別れたいならターゲットに別れようと考える方向に誘導していく方法になり、別れさせ屋工作の心理誘導はターゲットが別れようとしていない状態から別れようと考えさせる様に誘導していく方法全般を指す為、一概に何をするから別れさせ屋工作が成功するとは断言出来るものではないのです。

別れさせ屋工作に限らず、恋愛工作全般で心理誘導は用いられるのですが、別れさせ屋を初めて探す方にしてみれば心理誘導って何をすれば良いか分からないし、ターゲットに異性の工作員を接触させて浮気状態を作ってくれればケンカして別れるだろう…という分かり易い方法の方がイメージし易い事もあり、ハニートラップを提案する別れさせ屋に依頼してしまい、別れさせ屋工作が失敗に終わって弊社にご依頼頂く方は少なくありません。※参考記事:ハニートラップの方法しか提案出来なければ依頼は成功しない

ハニートラップは心理誘導の要素も含まれているのでハニートラップを例として別れさせ屋工作の心理誘導について説明させて頂きますが、ターゲットに異性の工作員を接触させる方法で浮気や不倫という状況を作るのがハニートラップになり、一般的に考えて浮気や不倫をパートナーがしている事を認めるカップルや夫婦はいないので浮気や不倫をさせればケンカになるだろう…と考えるのがハニートラップを提案する別れさせ屋とハニートラップを求める依頼者様になります。

浮気や不倫は社会的にも認められず、パートナーが浮気や不倫をしている事が分かれば怒るだろう…という経験がハニートラップでどうなるか?がイメージし易いものとなっており、浮気や不倫をされた側は浮気や不倫をされた事で交際相手や結婚相手として見れなくなり、破局に繋がるだろう…という方向に誘導してくのでハニートラップは別れさせ屋工作の心理誘導でイメージし易いものとなっています。

そして、浮気や不倫をされた側は浮気や不倫をした側に対して信用を失くし、信頼関係も崩れる為、ハニートラップをすれば別れさせ屋工作は成功する!!というイメージを持ち、別れさせ屋を知らない人達は別れさせ屋=ハニートラップと考えます。

ターゲットに浮気や不倫をさせる様に誘導していく事と、会話の中で浮気や不倫を匂わせるように話していくので別れさせ屋が描いたシナリオに沿って誘導していくのが別れさせ屋工作の心理誘導になり、浮気相手と対峙したターゲット達はカップル同士でケンカになる事も想定出来、ケンカをさせて別れさせ屋工作を成功させる様に更に誘導していくとイメージが持ち易いかと思います。

別れさせ屋工作の心理誘導は異性の工作員を接触させる方法だけではなくターゲットの性格や考え方、趣味嗜好などに合わせて行う方法なのでターゲット次第で心理誘導の方法は異なっていく為、冒頭に書いた様に一概に心理誘導で何をするのか?を説明するのは難しいのです。※参考記事:工作を成功させるカギとなる心理分析やプロファイリングとは?

例えば別れさせ屋工作の心理誘導には状況を作り出す事も含まれており、浮気や不倫をさせるにしても浮気や不倫をする状況を作らなければならず、例えば、道端で異性の工作員がターゲットに接触しても男性のターゲットならともかく女性のターゲットなら引っ掛かる可能性も低く、浮気や不倫に進む事がほとんどありません。※参考記事:別れさせ屋工作の接触方法には様々な方法があります。

浮気や不倫に繋げる為には恋心や下心を持たせなければならず、恋心や下心を持たせる状況作りが出来なければ浮気や不倫に繋がる事はありません。

工作員とターゲットが接触して恋心や下心を持たせる状況を作る事がハニートラップを行う際には必須ですし、状況作りは恋心や下心を持たせる為に誘導してくには必須になります。

状況を作った後はターゲットと工作員の会話が重要になり、浮気や不倫を工作員が実は求めているという会話の流れや状況を作るから浮気や不倫をする方向に誘導していけます。

最初から浮気や不倫をする目的で接触したとなれば別れさせ屋工作は失敗しますから浮気や不倫の状況を隠しながら会話の流れを作り出し、会話の流れからターゲットに好意を持った工作員と浮気や不倫関係を築く方向に進めていくのも心理誘導の一環でもあります。

工作員がターゲットに交際の申し出をしても告白する状況作りが出来ていなければ状況作りが出来ていないのですからターゲットから受け入れられる事はなく、ターゲットから受け入れられる様に進めるからこそ別れさせ屋工作は成功に向けて進んでいきます。

状況を築くのも心理誘導には求められますが、会話をスムーズに誘導していくには人間関係を構築しなければターゲットとの会話が出来ず工作員が求める誘導には繋がりません。

人間関係の構築があるから会話が出来、連絡を取り合う事や直接会って話しをする事等を繰り返す事でシナリオに沿った方向に誘導していく事が可能になり、連絡を取り合ったあり直接会ったりする回数を事前に決める事が出来ないので別れさせ屋工作で心理誘導を行う別れさせ屋は時間制や回数制で契約する事が出来ないのです。※参考記事:時間制料金や回数制料金の別れさせ屋の【保証】は意味がありません。

警戒心の強いターゲットから警戒心を解くのもターゲットに接触してみなければ分からない事であり、ターゲットの情報を工作員が抜き出していくからこそ心理誘導をどの様に進めていけば良いか?というご提案をさせて頂く事も出来るのです。

人間関係の構築後はターゲットからも工作員に自分の話しをしますし、工作員とターゲットがどんな関係性を築くか?は接触方法の段階から検討しなければなりません。※参考記事:別れさせ屋の方法で工作員が接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

接触方法で誤った方法を使えば、その後の人間関係を構築していく事は出来ませんし、人間関係が築けた相手とはどんな話しをするか?は、この記事をご覧になっている方も友人関係を築いている方や恋人や夫婦では話す内容が全く異なる事はお分かりいただけるかと思います。

ターゲットも人間ですから工作員の接触の仕方でどんな人間関係を築くかを模索しながら工作員と会話をしていきます。

友達としてなのか浮気相手の候補として見るのか等、状況や会話の流れで作り出していく人間関係は異なり、人間関係の構築の仕方も別れさせ屋工作では誘導して築かなければなりません。

人間関係の構築後には依頼者様と打ち合わせを重ねながらどんな方向に誘導していくかを作り上げますが、ターゲットを誘導していく際に狙った方向に心理誘導していけるとは限らないので細かな調整を行いながらシナリオに沿わせる様に会話の流れや場面を作り、ターゲットの意識を事前に描いたシナリオの方向に誘導していく工程に移ります。

心理誘導で描いたシナリオの方向に進めていった後には追い打ちを掛けるようにターゲットの背中を押します。

例えば、ハニートラップの場合は浮気や不倫という疑惑を持たせた後にターゲットと工作員が付き合った、浮気をした、という様な追い打ちを掛けるようにカップルに対する不信感を与えるように別れさせ屋工作の成功を決定的にさせる楔を打ち込みます。

成功を決定的にさせる為に必要な情報を事前調査で入手しておく事で別れさせ屋工作の成功を決定的にさせるトドメをさせるのですが、情報がなければターゲットへの心理誘導だけで別れさせ屋工作を成功させなければならなくなり、状況や会話でターゲットを誘導していきます。

ターゲットの意識を変えさせる為の状況作りと会話の流れの中でターゲットから聞き出した情報を利用して心理誘導していく事もあり、ターゲットの情報を常に現場で入手していく工作員がターゲットの心理状態を誘導していくので別れさせ屋工作は成功するのです。