別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせ工作の方法を提案して欲しいというお問合せは多いのですが一律で方法を提案出来ない理由が全ての方法に心理誘導が用いられる事が挙げられます。

心理誘導とはターゲットの心理を突いて思う方向に誘導していく事であり、別れさせを行う際に別れさせターゲットの心理が読めなければ別れさせは成功しません。

別れさせに限らずどんな恋愛工作でも心理誘導が用いられ、別れさせで一番分かり易い心理誘導に異性を接触させるハニートラップがありますが、ハニートラップを一例に別れさせ工作の心理誘導の方法について解説させて頂きます。

まず、ハニートラップは何故別れさせる事に繋がるかをお考え下さい。

異性の工作員を接触させて浮気や不倫をさせて別れさせる事に繋がるのですが、人間心理の中で一般的には浮気や不倫は認められるモノではありません。

特に一夫多妻制ではない日本では一人の異性と一生添い遂げる事を美徳とされて成長します。

浮気や不倫は社会的にも認められていない事から浮気や不倫をした人は負い目を感じ、浮気や不倫をされた側は浮気や不倫をした側を責める構図が出来上がっています。

人間の心理として浮気や不倫をされた側は交際相手や結婚相手として見れなくなり、破局に繋がり易い為、別れさせ屋はハニートラップを提案する所が多いのです。

浮気や不倫をされた側は自分以外の異性との交際を認められず、人によっては浮気や不倫をした側に対して汚いものを見る様な目で見る人もいます。

交際が無理だ…と判断させる為に浮気や不倫の状況を作り出すのは交際の継続が難しいという心理状態を作り出す目的があるからになり、心理誘導でターゲット達の交際継続をさせない目的があるからになります。

ハニートラップを仕掛けるにあたって決定的な場面は工作員がターゲット達と遭遇し、カップルと浮気相手の遭遇という状況を作り、浮気相手がカップルに対峙する場面を作る事が出来ます。

浮気相手と対峙したカップルの構図はカップル間でケンカになる事も容易に想定され、別れさせターゲットの心理を別れさせ屋が誘導していく形になるのです。

その結果、別れさせが成功するというシナリオになるのですが全ての案件でハニートラップが成功する訳ではありません。

一般的には浮気や不倫は認められていませんが、中には一度の浮気や不倫なら許すターゲットもおり、工作員を接触させるターゲットに浮気や不倫といった関係に持ち込む為の心理誘導が求めら、ターゲットを誘導できず浮気や不倫に持ち込む事が出来ないケースも考えられます。

一般には浮気や不倫は認められていないので、ターゲットが必ずしも浮気や不倫に向けた心理誘導に掛かるとは限らず、心理誘導を仕掛けるにあたっても心理誘導を仕掛ける為のトラップを幾つも仕掛けていかなければならないのです。

【場面】を作り出す事が別れさせ工作の心理誘導には求められます。

心理誘導はターゲットとの会話だけではなく、会話をして心理状態を誘導していく場面を作り出す事も含まれます。

例えば、道端で異性が接触して浮気や不倫に直結にはなりません。

浮気や不倫に繋げるには恋心や下心を持たせる場面作りが必要になり、工作員とターゲットが接触しても場面作りを怠れば浮気や不倫に繋げる事は出来ないのです。

工作員とターゲットが接触して恋心や下心を持たせるには接触の仕方から会話の誘導の仕方、接触回数や接触する場所等、ターゲットの心理誘導を行う為の場面を作る作業が求められます。

場面作りが出来なければ心理誘導も効果的に行えません。

工作員がターゲットに『付き合おう!』という話しをしても告白する場面や浮気相手として見させる場面を作る下準備があるからこそ心理誘導は効果を成します。

別れさせ屋の心理誘導には場面作りも含まれています。

人間関係を構築するから心理誘導は効果を表します。

人間関係を構築するから心理誘導は効果を表すのですが、人間関係を構築する為にも心理誘導は必要になります。

ターゲットの趣味嗜好等の情報をいただくのは勿論ですが、接触して心理状態を読み解くから恋心や下心を持たせる様に仕向けられます。

事前に頂く情報とは別にターゲットと直接会って話すからこそ分かる情報を利用して誘導したい方向に会話を進めるのも別れさせ屋が提案する方法の中には含まれます。

警戒心の強いターゲットには警戒心が解けるまで会話の流れの中からターゲットの心理を読み解き、少しづつ心を開かせるように誘導していかなければなりません。

ハニートラップに限らず人間関係の構築は別れさせ屋の心理誘導には必須になり、どんな方法であっても人間関係を構築する為の心理誘導は求められます。

人間関係を構築した後の心理誘導とは?

別れさせ屋が提供する方法には必ず様々な心理誘導が含まれます。

そして一番依頼者様達が気にするのが人間関係を構築した後にどうやって別れさせを成功させるか?という肝心要の方法になり、要の方法には様々な心理誘導が行われます。

冒頭で説明したハニートラップを行うなら、カップルがデートしているところに浮気相手として接触していた工作員が現れます。

何事もなくデートを楽しむカップルの前に浮気相手として接触していた工作員が現れたらカップルの心理状態はどうなるかご理解頂けると思います。

浮気をしていたターゲットは浮気相手が恋人といる時に現れれば、その場をどうにか取り繕おうと必死になり、焦って恋人への対応が疑心暗鬼が生まれる対応になり、恋人が浮気していた事をその場で初めて知った浮気されていた側は恋人を問い詰める事と同時に浮気相手から責められる事もあり、頭の中が真っ白になり、カップルとしての関係を清算させようと考えます。

亀裂のなかったカップル間の関係に亀裂を作り、浮気された側と浮気した側の言い分に捻じ曲げる工作員の誘導の仕方次第でカップルの関係を壊すのが別れさせの心理誘導の部分に当たります。

心理誘導を用いる事で別れさせを決定的にさせる

カップルの片方に不信感を与え、与えた不信感を増幅させる為の心理誘導を用いる事で別れさせを決定的にさせます。

工作員がカップルに接触した際に浮気していた側が浮気の事実を認めず誤魔化そうとする事もあります。

カップル同士だけの会話になってしまうと浮気していた側は都合良く解釈を変えたり嘘を並べて浮気の事実があった事を隠そうとします。

そういった隠し事をさせない為に工作員はカップルに接触した際に浮気の事実があった事を別れさせターゲットに伝えます。

別れさせターゲットに伝える際も浮気していた事を隠そうとするターゲットがボロを出す様に心理誘導していく事が求められ、決定的な三角関係のもつれという状態を作り出し別れさせを決定的にさせます。

決定的な三角関係の縺れを作った後に別れさせターゲットが関係を再構築しようと考えさせない為の心理誘導の追い打ちをする事で別れさせを決定的にさせる事と同時に復縁防止にも繋がります。