別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせ屋の平均相場は100万円から200万円が平均相場となります。

別れさせ屋の利用を検討する必要がない方からすれば100万円から200万円という金額はとても高いものに感じます。

必要ないものに関して100円であっても安いと感じる人はいませんし、高い!と感じるのは別れさせ屋へ依頼をする必要性がない人という事でもあります。

別れさせ屋へ依頼する費用が100万円から200万円掛かるなら、自動車の購入やブランド物を購入した方が良い!!という方も少なくありません。

高い!と考えるという事は、別れさせ屋に依頼する事の必要性を感じていない方なら当然です。

自動車を必要としない方やブランド物を必要としない方からすれば、自動車の購入金額もブランド物の購入金額も高い!と感じます。

しかし、必要性を感じる方にしてみれば如何でしょうか?

自動車の購入もブランド物も購入した後にどうなるのか?を想像した際に、必要性が発生します。

別れさせ屋の料金が高い!!と感じる人は、別れさせ屋の必要性を感じていないという事でもあり、料金が高くても別れさせ屋が必要なら高くても依頼しなければ未来が開けない事を自覚しています。

依頼する事は誰の為なのか?

何の為に別れさせ屋が必要なのか?

別れさせ屋の料金が高い!!と感じる方に読んで頂ければと思います。

別れさせ屋に掛かる料金を計算してみれば本当に高いのか?を知る事が出来ます。

別れさせ屋の平均相場が適正価格なら、高くても仕方ない…と思います。

しかし、適正価格が分からなければ、金額だけを見て100万円という数字はとても高い金額に映ってしまいます。

鍵を失くして困っている時に、鍵屋さんを呼べば1人の鍵屋さんが10分程度作業をするだけで5000円程度のお金が掛かります。

状況によっては費用がもっと掛かる事もありますし、緊急時には仕方がない事と、高いけど鍵屋への支払いをします。

10分で5000円という事は1時間で3万円。2時間なら6万円という料金が掛かっても鍵を失くせば家に入れないのですから依頼しなければなりませんよね?

鍵屋は鍵を開ける事や鍵の交換等、目的が決まっている為、作業工程は決まっています。

別れさせ屋は別れさせる事という目的は決まっていても、途中工程は対象者次第なので一回何かをしただけで解決出来る問題ではありません。

探偵業の平均調査料金が2人の探偵を使って3時間5万円程度、鍵屋の作業人数1人10分程度の5000円程度と比較してみれば必要性で高いか安いかが分かると思います。

対象者に合わせた工作をするから別れさせ屋は料金が高く感じます。

鍵屋と違って別れさせ屋は対象者次第なので料金が高く感じてしまいます。

対象者が依頼者の情報通りに現われなければ調査員や工作員を待機させる事になります。

対象者が現れないのは依頼者情報に沿って調査員や工作員を待機させているので人件費が発生します。

対象者の行動に合わせて人員を使わなければ別れさせ工作を成功させる事は出来ませんから、鍵屋の様に決められた事をする料金だけが発生する訳ではない為、別れさせ屋への料金は高く感じてしまいます。

何回調査員や工作員を利用すれば別れさせられるのか?は別れさせ屋は確約できません。

対象者は人間なので、全ての行動を把握できる訳ではなく何をすれば良いか?と提案していても予想通りに動かないのが人間です。

時間制や回数制の別れさせ屋を探す方や時間制や回数制のシステムを採用している別れさせ屋は対象者が別れさせ屋や依頼者の思う様に動くと考えている節があり、その考えを持って別れさせ工作を進めるので当然上手くいく事はありません。

別れさせ屋の費用が高いと感じる理由は必要性を感じないから

別れさせ屋に掛かる費用が高く感じる理由は別れさせ屋の必要性を感じないからになります。

冒頭でも書かせて頂きましたが必要だと考えれば家や車も高いけれど仕方ないと思います。

別れさせ屋を必要としない人にしてみれば1円であっても高いと感じますし、契約、面談をする時間すら勿体ないと感じるのです。

別れさせ屋の費用が高いと感じる方は別れさせ屋に依頼する費用とのコストパフォーマンスを考えます。

コストパフォーマンスを考えた時に、その費用を払って別れさせてどんなメリットが?と考えた時にメリットと費用を比較して高い!と感じるのです。

別れさせ屋の費用が高い!と感じる人は別れさせ屋に依頼するべきではないのです。

別れさせ屋の支払いを稼働毎の都度請求にしたら?

別れさせ屋への支払いを稼働毎の都度請求にしたら依頼者にとっても依頼し易くなるのでは?という相談者も過去にはいました。

別れさせ屋への支払いを稼働毎の都度請求にした場合、人員を抑えておく事は出来ないので、必要な時に必要な工作員を活用出来ない可能性もあり、成功させるというよりも、取り敢えず稼働してます!という形を取るだけの別れさせ工作になってしまいます。

時間制や回数制の別れさせ屋は時間や回数を消費すれば良い訳ですから、取り敢えず稼働してます!という形が取れればいい訳ですから都度請求の料金システムでも構いませんが、別れさせ工作を成功させようとする別れさせ屋にしてみれば必要な時に必要な人員を割けないなら成功させられる要素を自ら消してしまう訳ですから請け負う事は出来ません。

対象者と接触後のやり取りも、lineや電話、メールを返信する時間など、返信する人員に費用は発生します。

工作員を接触させれば別れさせ工作が成功すると考える人にはご理解頂けないと思いますが、接触してからが別れさせ工作は大変なのです。

lineや電話のやり取りも稼働になり、lineや電話のやり取り毎に都度料金の請求をすれば意味のないlineや電話の内容でも料金を請求する形になり、何も別れさせ工作は進まなくても費用は無限に増えてしまい、料金を払えず別れさせ工作が失敗したという体を作る時間制や回数制の別れさせ屋の手口になってしまいます。

別れさせ屋の工作費用を抑えたいなら依頼者自身の頑張りも必要です。

別れさせ屋の工作費用を抑えたいなら依頼者自身の頑張りが必要になり、頑張りとは情報共有の為に時間を割いて頂く事や必要な情報をすぐに別れさせ屋に流して頂く事が依頼者に求められます。

工作費用を抑えたいけど自分は何もしないでは工作費用を抑えようがありません。

工作費用を抑える為に依頼者自身も出来る事は協力して頂き、別れさせ屋の負担を減らして頂かなければ費用を抑える事は出来ません。

例えば情報が一つあるだけでも別れさせ屋がしなければならない事は変わりますし、一つの情報を別れさせ屋が入手する為に調査するのと依頼者が自分で情報を何らかの形で入手してくるのでは異なります。

依頼者の協力があるから別れさせ屋は依頼を請ける事が出来る訳ですが、依頼者自身が別れさせ屋に投げっぱなしになれば別れさせ屋がやらなければならない事は増える為、その分料金が増えるのも当然です。

別れさせ屋の工作費用を抑えたいなら依頼者自身の頑張りも必要であり、それが出来ないなら別れさせ屋の費用が高くなってしまうのも仕方がありません。

別れさせ屋の工作費用を抑えて依頼したいならご相談下さい

別れさせ屋の工作費用を抑えて別れさせ屋に依頼したいなら別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい。

弊社は依頼者様の要望を極力お伺いさせて頂き、負担をなるべく減らす形で別れさせ工作のご依頼を承ります。

出来ない事は出来ないとお伝えさせて頂きますし、出来る事は出来るとお伝えさせて頂くのが別れさせ屋ジースタイルになり、予算の都合が厳しいなら予算に合わせた方法を提案させて頂く事も出来ます。

少しでも安い料金・費用で効果のある別れさせ工作の方法を探している方に失敗するリスクが高く、費用の負担が高いハニートラップ等の方法を提案する事はありません。

効率のいい方法で早い段階で依頼者様の要望を叶える為にご協力させて頂けますので別れさせ屋への不安がある方はお気軽にご相談頂ければと思います。