別れさせ問題に困っていて別れさせ屋に依頼したいけど、費用を多く掛けられない…

安い料金で成功させてくれる別れさせ屋を探しているけれど費用を抑えれば成功率も下がるんじゃないの?という疑問をお持ちの方は参考にして下さい。

  • 安い料金で依頼して成功するの?
  • 安い料金で依頼して騙されない?
  • 依頼するからには成功率が高い方が良い。
  • 安い料金は成功率が低いんじゃない?
  • 高い料金の方が成功率が高いんじゃない?

別れさせ屋に掛かる費用と成功率は比例する訳ではありませんが、高い料金なら依頼出来ない…という方に費用と成功率について参考にして頂く別れさせ屋ブログになります。

依頼するなら少しでも料金を抑えて成功させたい!と思う方は安い料金だから特別に成功率が低い訳でもなく安い料金は何故安く出来るのか?が書かれているので、別れさせ屋選びの参考にして下さい。

別れさせ屋の料金、費用、値段に対する基礎知識

別れさせ屋・別れさせ工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

安い料金の別れさせ屋を探すなら料金システムの基礎知識を入れておかなければなりません。

基本的な知識があれば料金の高い、安いが分かりますが基本となる知識がなければ料金比較が出来ません。

例えば、お店で買い物をする時、商品には定価があり、定価より安ければ『その商品は安い!買いだ!』となるので定価や相場が分かれば料金が安いのか高いのかの判断もし易くなります。

しかし、別れさせ屋の料金には定価はありません。

仮に時給1000円の工作員を雇っている場合、工作員が対象者に接触している時間、接触する為に待機している時間、接触後に連絡先を交換してやり取りをする時間等、対象者の動き次第で工作員の実働も変わるので定価を定める事は出来ません。

工作員の実働はどこからどこまでが実働?

接触後に工作員はどこからどこまでを実働というのか?を考えて下さい。

対象者と接触後に連絡先を交換して何も連絡を取り合わなければ工作が上手くいく事はありません。

対象者と連絡先を交換するのはプライベートの時間を削って対象者とメールやlineのやり取り、電話でも対応しなければなりません。

工作員の実働は接触だけではなく接触する為の連絡も含めて実働になります。

連絡のやり取り1通を依頼料に含むと料金は高くなる

対象者とのメールやlineのやり取り1通づつを料金として請求したら膨大な金額になります。

例えば、lineで『うん。』と一言やり取りするだけでも1通になります。

1通のやり取りを仮に500円だとした場合、lineのやり取りだけで数万円~数十万円に達してしまう事も考えられ、安い料金で工作員を動かす事は出来なくなり、電話も1分幾らで換算すると料金は高くなってしまいます。

工作成功までのトータルで考えるから安い費用で依頼出来る

工作成功までのトータルで考えるから安い料金で依頼出来る様になるのですがトータルではなく段階等で考えると費用を抑える事は出来なくなります。

着手金を納めていても『料金が不足している為、これ以上の工作は難しいです。』と預けている費用の中から回数や時間などで消費させていくシステムでは追加請求が止まらず目的が達成されないまま永遠に費用が掛かります。

永遠に費用が掛かる訳ですから最初に収める着手金が安くても結果的には高額になり、高額になったけれど成功しなかったというケースもご相談を多数頂きます。

料金を安くして成功率も高めたいなら別れさせ屋の料金システムについての基礎知識を入れておかなければ費用が高額になるケースもあるのでご注意下さい。

何を基準に考えて別れさせ屋に掛かる費用は安いと判断しますか?

別れさせ屋の料金は平均料金100万円前後になります。

100万円という数字で見ると高額になりますが、探偵業の平均相場は3時間で5万円程度になり、浮気調査等を承る探偵社と契約した場合、調査料金は数日程度の調査時間で平均50万程度の調査料金を請求される探偵社は多いのです。

数日程度の調査で平均50万円程度の料金が発生する探偵社と、平均100万円の別れさせ工作を比較すると、数字で見れば浮気調査の方が安く感じるかもしれません。

しかし、別れさせ屋は数日程度の調査ではなく、数か月程度の調査、工作を行う為、浮気調査を別れさせ工作と同じ日数を掛けた場合、別れさせ屋よりも断然費用が高くなります。

業務に掛かる日数を基準にして考えた場合、別れさせ工作に掛かる費用は数か月単位で進めていくので数日単位で50万円の浮気調査よりも遥かに安くなります。

比較基準が料金という数字にするか実働に掛かる日数にするかの基準をどこにするかで別れさせ屋が安いかどうかの判断も変わります。

目的のものを購入するにあたって安いと捉えるか、高いと捉えるかは人それぞれの価値観で異なり、例えば趣味の自動車の改造費が高いと感じる人と安いと感じる人がいますから、別れさせる事に平均して100万円程度の費用を掛けるのが高いと感じるか、安いと感じるかの判断基準は人それぞれの価値観で異なります。

安い料金の別れさせ屋が高い料金の別れさせ屋よりも成功率を上げる方法

別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル

少しでも安い料金の別れさせ屋に依頼したいのは人の常ですが、安い料金と高い料金では一体何が違うのでしょうか?

  • 広告費を削って少しでも安い費用で工作が出来るから?
  • 人件費を削って安い費用で工作出来る企業努力をしているから?
  • 工作のレベルを依頼者によって使い分けるから安い料金で依頼を請けられる?
  • レンタルオフィスを借りて経費削減してるから安い料金で工作を請けられる?
  • フリーダイヤルを使用せず経費削減してるから安い料金で工作が出来る?
  • …etc

上記理由が安い料金で依頼を承れる理由ではありません。

依頼を検討している時に気にして頂きたいのが別れさせ工作の方法になり、工作方法で料金や成功率が変動するのです。

例えば、対象者が男性であり、男性に異性を接触させて疑似浮気をさせるハニートラップを別れさせ屋が提案してくれたとします。

A社が提案した方法は女性工作員A’を対象者に直接接触させる方法の場合、工作員の人員はA’だけになります。

A’が対象者と接触してハニートラップが成功するならA社が提案する方法は費用を最小限に抑えている事が分かります。

次にB社が提案した方法は男性対象者に同性工作員B’を接触させ、B’の紹介で女性工作員C’を男性対象者に接触させる方法の場合は2人の工作員を要しますから、B社の方法はA社よりも費用が高くなります。

同じハニートラップの方法でもA社とB社では工作方法が異なり、費用は1人よりも2人活用する為、倍の費用が掛かります。

安い料金で成功率を求めるなら、稼働日数を削りながら成功させる方法が求められますからA社、B社のハニートラップとは異なる方法を提案する事で成功率を上げる事や料金を抑える方法を提案させて頂けます。

例えば、ハニートラップで工作員の実働が20回必要だと考えられる別れさせ工作を行う際に料金を一回5万円として計算すると100万円の費用が掛かってしまいますが、ハニートラップではない工作方法を提案する場合、工作員の稼働が10回で済む方法があるとしたら?

単純に5万円の10回なので50万円の費用で収まり、ハニートラップと同様の成功率があるのならハニートラップではない方法で別れさせた方が効率的になります。

仮に50万円の方法を2方向から行った場合、ハニートラップの成功率よりも遥かに高い成功率を出せるのです。

料金が安いから成功率が低いのではなく、高い成功率の方法で料金を安く抑える方法でもあります。

安い料金・費用の別れさせ屋だから成功率が低い訳ではありません。

料金が安い別れさせ屋は成功率が低いという事には繋がりません。

例えばAという方法に頼れば80万円の費用で成功率が80%の見込みがあっても、Bという方法なら50万円の費用で90%の見込みがあると考えた時に、Bという方法を提案するのは当然です。

しかし、別れさせ屋によっては料金の高いAの方法を提案する探偵社もあります。

Bという方法を提案出来ない別れさせ屋やBという方法を知っていながらAを提案する別れさせ屋と比較すれば、Bの方法を提案する別れさせ屋は別れさせ工作の料金が安く成功率も高いのです。

別れさせ屋の調査、工作員が地域に在住していれば費用を抑えられます

安い料金の別れさせ屋を探すなら地元に在中する調査・工作員が在籍する別れさせ屋を探すのも料金を安く抑える方法であり、成功率を高める方法になります。

弊社では全国各地に調査、工作員を雇う体制を整えている為、他社の様に東京から出張させて交通費や出張費を頂くという事はありません。

例えば、大阪在住の依頼者が東京の別れさせ屋に依頼し、調査員を工作の度に出張させると仮定します。

東京~新大阪間の新幹線の料金が1万3620円(片道)になり、移動時間が約2時間30分ほどになり、調査員を2名移動させるとして片道だけで2万7000円程度の料金が掛かります。

往復で5万円を超える交通費が掛かり、新大阪で一泊すれば宿泊代も掛かってしまいます。

10回工作を行えば50万円以上が経費として掛かってしまい、業社が利益を確保する為には調査、工作員の人件費も必要になり、更に工作時に掛かる飲食費などの経費等も掛かれば東京から大阪に出張する別れさせ屋は決して安い料金で請け負う事が出来ない事が分かります。

単純に移動費だけで考えただけでも費用が掛かりますが、移動の際に電車なら電車賃、車ならレンタカーもしくはタクシー代も計上すれば100万円から200万円なんてあっという間になくなってしまいます。

しかし、これが大阪に調査員、工作員が在中している場合はどうなるでしょう?

移動の手段も新幹線等を使う必要がなく、移動は電車、もしくは所有車で済む為、ガソリン代等で経費は掛かりません。

無駄な経費を削減出来るので、実際に調査、工作を行う際にも経費が嵩む事無く対象者との接触を行えます。

全国各地に調査、工作員が在住しなければ出来ない事ですが、移動に掛かる費用を削減出来れば移動に掛かる費用を削減する事は成功率を落とす事には繋がりません。

地域によっては言葉の問題(方言等)があり、工作員の接触が疑われる可能性もあります。

対象者の地域に調査、工作員がいない別れさせ屋に依頼すれば、交通費等が加算されて費用を抑えて成功率の高い別れさせ工作をする事が出来ません。

全国に支社があると装いながら、レンタルオフィスを全国に借りて全国に調査、工作員が在籍している様に見せかける会社もあるのでご注意下さい。

何故安い費用で依頼を承れるのか?を比較すれば理由が分かります。

人員を大量に利用する方法なら、人件費の分だけ料金が高くなり、調査員、工作員の人員を削減すれば費用はそれだけ抑えられます。

移動に掛かる経費を削減出来る方法なら更に安い料金で依頼が出来る様になり、接触方法や調査方法、工作方法の具体的な方法を聞けば自ずと料金を抑える方法なのか?が分かります。

接触方法1つとっても別れさせ屋によって異なります。

具体的な方法を別れさせ屋が提案した内容を聞けば安い料金や成功率の高さについて理由が分かり、比較して初めて安い料金と成功率の高さについて知る事が出来ます。

何故安い費用で依頼が出来るの?後から高額料金を請求されるんじゃない?

別れさせ屋を検討中に他社と検討して明らかに料金が安い料金を発見した…

依頼しても良いのかな…?

と不安を感じながら料金の魅力があり、安い料金の別れさせ屋に依頼しようかな…

と考えてしまう方もいらっしゃいます。

不安だな…大丈夫かな…でも…という気持ちになった場合は依頼は控えましょう。

不安を抱えていたけれど『安い料金の理由が分かった!』と思うなら依頼を検討しましょう。

着手金とは別に後から高額の料金を請求される等のトラブルに巻き込まれた…というご相談も相次いでいますので、依頼前に不安を感じたなら別れさせ屋との契約は見合わせる様にして下さい。

依頼を請けても何もしない悪質な探偵社もある為、悪質な工作会社かどうかの判断をしなければなりませんが、悪質な別れさせ屋に依頼してしまえば成功率はほぼ0%になります。

調査員、工作員に掛かる人件費の負担を減らす事で安い費用で承れます。

別れさせ屋に掛かる料金・費用のほとんどが人件費になります。

会社の利益を減らして調査員、工作員の人件費に掛かる負担を会社が補えば、優秀な人材を確保しながら成功率を維持させ、優秀な人材を使えば料金を抑えた適切な方法を依頼者に提案出来ます。

優秀な人材の確保をする別れさせ屋の企業努力で別れさせ工作の成功率を最小限の人員で上げる方法を提案出来、料金を安く抑える結果にも繋がります。

常に優秀な人材を募集している別れさせ屋は安い料金で成功率の高い方法を提案してくれます。

調査員、工作員の人件費を削る事=工作日数を削る事ではない。

別れさせ屋に掛かる料金が主に人件費なので、少ない人員で成果のある方法を如何に提案出来るか?が料金を安く抑えて成功率の高い方法を提案する別れさせ屋になります。

お金を掛ければ掛けるほど別れさせ工作成功率が上がる事は否めません。

 

お金を掛ければ掛けるほど別れさせ工作成功率が上がるなら、費用を捻出する事は出来ないし、依頼出来ないな…と考えがちですが掛かる人件費を浮かせる方法があるのです。

時間を長く掛けて効率の悪い工作をすれば料金が高くなり、時間を短くして効率の良い方法があれば料金も安く済み、成功率も上がります。

簡単に言えば『別れさせ工作に適切な方法を面談時に判明させる提案』が出来れば調査に掛かる料金も削減し、接触に掛かる時間も削る事が出来、成功率を上げる事にも繋がります。

依頼前に情報提示や状況把握を細かくし、分かっている事を何度も調査して確認するのではなく、分かっている事実は省いて早目に接触する事で調査員の稼働を抑える事にも繋がります。

安い料金で別れさせ工作を成功させるには面談時に時間を掛けて情報提供する事で費用を抑える事にも繋がります。

無駄な調査を省き、工作も無駄を削る事で費用の負担を軽減し、時間を掛けない事で成功率を上げる事にも繋がります。

成功まで安い費用で済む!?と錯覚する回数制の別れさせ屋が安くない理由

回数制の別れさせ屋は何回実働してくれるのか?という保証が付いている様なものだから回数制の別れさせ屋に依頼して、すんなり工作が進めば安い料金で別れさせ工作の依頼が出来る!と考えがちですが、人間である対象者の行動を予測する事は不可能な為、回数制の別れさせ屋が提案して来る通りに進む事はありません。

回数制の別れさせ屋が提案して来る通り進む事がないという事は、当初に依頼した以上の費用が掛かる事になります。

回数を消費した分だけ料金を支払えば済むという考えを持つ方も少なくないのですが、悪質な別れさせ屋の中には回数を無駄に消費させて追加料金の請求が止まらない別れさせ屋があります。

稼働一回につき、料金が発生するという事は一回の稼働で何もしなくても料金が発生するという事でもあります。

言い換えれば対象者が確認出来ても対象者に接触しなくても一稼働になり、回数制の別れさせ屋は稼働しているていで、何もしなくても料金が発生する為、料金は追加、追加で請求されるけれど成功する事がなく、依頼者の予算が越えた時が別れさせ工作失敗の時となります。

回数制の別れさせ屋の使い回し写真には要注意

回数制の別れさせ屋の料金が安いからといって安易に契約すれば、使い回し写真を使って稼働一回とカウントされるケースが聞こえて来ます。

使い回しの写真で虚偽の報告をしても一回は一回としてカウントされる為、回数制の別れさせ屋と契約した際は事前に調査や工作を行う日を確認し、実際に調査、工作を行っているかどうかを確認しに行かなければなりません。

安い料金の別れさせ屋とクレジットカード契約や自社分割で契約したら?

安い料金の別れさせ屋とクレジットカード契約や自社分割で契約したら個人情報をシッカリと守ってくれるのか?クレジットカード決済をしてクレジットカードを悪用されてしまったらどうしよう…といった不安を抱えてしまうかもしれません。

探偵業で一番トラブルが発生するのが金銭的なトラブルになります。

別れさせ屋に依頼して依頼が成功しても金銭的なトラブルを抱えない為に別れさせ屋選びの他にも別れさせ屋の支払い方法についても注意が必要になります。

コミコミプランやお試しプランの固定料金なら安い料金で依頼出来るんじゃないの?

コミコミプランやお試しプランの固定料金で別れさせ工作の依頼を承っている別れさせ屋も出てきましたがコミコミプランやお試しプランで依頼をする意味について考えてみましょう。

対象者は人間である以上、どんな動きをするか分かりません。

固定料金という事は定められた方法に対象者を当て嵌めなければならず、対象者に方法を合わせなければ成功する可能性を落としてしまいます。

お試しプランに限っては試さなければ別れさせ屋に依頼できない程、提案された方法に信用がない別れさせ屋に依頼するべきではなくどちらのプランも別れさせ工作を行うのに適していません。

安物買いの銭失いになってしまう前提の別れさせ屋への依頼なら検討しても良いと思いますが、成功させる事を目的とした依頼を検討しているならコミコミプランやお試しプランは選ぶべきではありません。

別れさせ工作が成功して手に入るものは安い料金で買えるものですか?

別れさせ屋に料金の見積もりをもらった時に料金の高さを感じてしまい、自分の恋愛は自分で解決すればお金が掛からない!と考えた結果、自分の力で解決しようとする方のほとんどが後で後悔します。

料金とご自身の要望とを比較して自分で何とかできるだろう…自分で何とかしなければならない…と考えた結果、ご自身の中でのみ成立する方法を行う決断をしますが現実はそう上手くは行きません。

別れさせ工作や復縁工作は一人で出来るものではなく、調査や工作に掛かる人数を使うからこそ成功率を上げる事にも繋がります。

例えば別れさせ工作の一例として対象者に異性を接触させるハニートラップの方法を一人で行おうとすれば何が出来るでしょう?

復縁工作を一人で出来るでしょうか?

依頼者様の要望する問題を解決させる為に調査員や工作員を活用するのが別れさせ屋が提案する方法であり恋愛工作全般に言える事です。

別れさせ屋に掛かる料金はコンビニエンスストアで支払う位に日常的に払える金額ではありませんが、依頼者様が求めるモノもコンビニエンスストアで買えるものではないのではありませんか?

安く買えるものは安く買える価値のものであり、依頼者様が求めるモノは安く買えるものなのでしょうか?

復縁したい元恋人の気持ちは安いのでしょうか?

別れさせる相手を別れさせた後に手にするものは安いのでしょうか?

別れたい交際相手と別れた後に待ってる未来は安いものでしょうか?

ストーカー被害に遭っている方の安心は安いものでしょうか?

何故料金が高くなるのか?

別れさせ問題を抱えている方や復縁したい問題を抱えている方、別れたい問題を抱えている方の全員が命に係わる様な問題を抱えているか?と言われれば命に係わる大きな問題を抱えている方はほとんどいません。

DVやストーカー問題を抱えている方は別ですが、復縁出来なくても別れさせなくても命の危機に到る事はありません。

お金は確かに大切です。

大切だからこそ使い方を選ばなければなりません。

安い料金で解決させる提案は出来ますが安さだけに目を向けてしまえば良い結果を得られないのはご存じの方も多いと思います。

依頼者様の要望に沿った予算内での方法をご提案させて頂く事は出来ますが別れさせ屋への依頼について本当に求めているのは料金なのか?結果なのか?を考えて頂ければと思います。

別れさせ屋が実行に移すのは人員を活用する方法だとご理解下さい。

誰かに頼って無償で何かをしてくれる人はご両親や兄弟などの親族位になりますから、無料でどうにかしてもらいたい…と考えるなら別れさせ屋に相談するのではなく親族の方に協力を仰がなければなりません。

親族で恋愛工作を運営しているなら話は別ですが、恋愛工作に携わった経験がないまま進める恋愛工作は成功率も想像できるものと思います。

例えば、自転車のタイヤがパンクした時に、どこから空気が漏れているか?を調べ、それが接着剤でくっ付くレベルのパンクなのか、それともタイヤのチューブを交換しなければならないのか?

情報があるからこそ解決に向けて動き出せます。

タイヤのパンクを調べて、どこにも穴が開いてないなら空気を入れる栓が劣化しているのでは?と気づく事もありますが調べなければ分からない事でもあります。

調べて分かった事に対して別れさせ屋は策を弄するので、対人関係の場合、タイヤのパンク修理の様に一人で調べて解決させる事は出来る事ではないのです。

恋愛問題で情報収集なんて要らないよ。と仰る方も中にはいますが、人間関係の問題に切り込んでいくには情報収集は必須です。

人員を活用する方法を提案させて頂くので別れさせ屋の料金は相場よりも安い料金で承る事は出来ますが、人員を活用する方法を提案する為、安い料金にも限度があります。

安い料金だから依頼をする。高い料金だから依頼しない。という考え方は危険です。

安い料金だから依頼する、高い料金だから依頼しない。

一見して正しい事の様に見えますが方法を気にせず料金だけで業者選びをすれば何も稼働しない悪質な別れさせ屋に引っ掛かってしまう可能性もあります。

数十万円という料金は決して安い訳ではありませんが、相場よりも明らかに安い料金で依頼をすれば安いには安い訳がある結果に繋がりかねません。

安い料金だけで判断するのではなく方法にこだわり、実際に提案してきた方法を実行に移してくれるかどうかの確認をしなければなりません。

実働するかどうかの確認は会社が法人なのか?ホームページの作りが良いのか?オフィスが奇麗なのか?といった事ではありません。

本当に恋愛工作をしているなら恋愛工作をしている経験を元に別れさせ屋は説明してくれます。

別れさせ屋選びの際に気にしなければならない点はシッカリと確認して下さい。

別れさせ屋を料金で選ぶなら気を付けて頂きたい事。安いからといっても即決しない

例えばA社B社で説明を受ける時に同じハニートラップの方法を提案されたとします。

方法は全く同じハニートラップなのですが料金はA社50万円とB社80万円と異なるとします。

方法が全く同じなら安い方が良いと考えるのが普通なのでA社との契約を進めるとします。

A社で契約をしたけれど工作が失敗してしまったからB社に依頼して同じ事をしてもらおうとするのは間違いであり、高い確率でB社に依頼しても工作は失敗します。

しかしC社は100万円だけれどA社B社とは方法が異なるとします。

その場合、B社とC社のどちらを選んだ方がお金を無駄にせず、要望を叶えてもらえそうなのか?と言えば断然C社を選ぶべきなのですが、予算という問題にあたり、C社に依頼する事が出来ないのでB社と契約を交わしたとします。

結果的にこの選択はお金はないけれど何かをしなければ満足できない…納得出来ない…という気持ちを晴らすだけであり、別れさせ工作の成功を望む行動ではありません。

料金で選びたくなるのは予算の都合もあり、仕方のない事ですが、結果的にA社B社の料金を合わせればC社と契約を交わせていた訳ですから、ハニートラップありきで別れさせ屋を選ぶ事自体が間違っていたという事になります。

料金や方法は別れさせ屋を選ぶ選択肢の一つになりますが、料金や方法に捉えられて重要な部分を見逃せば求める結果を得られません。

最初からシッカリと説明を聞き、依頼する前に検討する部分を間違えなければC社に依頼して要望が叶っていたかもしれません。

料金で別れさせ屋を選ぶのは間違いだ。とは言いませんが、別れさせ屋選びで料金や方法だけを求めていけば失敗するケースは多々あり、料金だけに固執して方法や成功率を求める大切さを理解していなければ別れさせ屋選びの段階から失敗してしまう事も考えられます。

本当に安い料金の別れさせ屋に依頼して大丈夫なのか?求める結果に繋がるんだろうか?とよく考えてご依頼頂く事をお勧めします。

別れさせ屋を方法で選べば安い料金で成功率を上げる事にも繋がります。

別れさせ屋に依頼した結果、成功すれば安い買い物をした!となり、失敗すれば高い買い物をした…になりませんか?

安い料金で成功率が高い別れさせ屋を探して結果的に別れさせ工作が失敗したらどんなに別れさせ屋を探しても意味がなかったと感じます。

逆に高い料金だったとしても別れさせ工作が成功すれば求めていたものが手に入る訳ですから安いと感じませんか?

安い料金の別れさせ屋を探している方の多くは成功率を求めるのではなく失敗した時のダメージを少なくしようと考えています。

失敗しても○○円くらいの金額なら仕方ない…と思える金額を求めて別れさせ屋を探していませんか?

別れさせ屋に依頼しても絶対に成功する保証がないから少しでも自分で保証を付けたい…

そういった思いから料金を出来るだけ抑えて別れさせ屋と契約しよう…と考えますが、よく考えてみて下さい。

最初から失敗を前提で別れさせ屋を探して成功率を上げる事は出来ますでしょうか?

成功率を上げるには方法を気にしなければ成功させる事は出来ません。

料金を気にする事と成功率を気にする事、保険を掛けたい気持ちは分かりますがどちらを優先するかは求めているものの大きさによって変わります。

復縁工作や別れさせ工作の料金を値下げして下さい!という方へ

復縁工作や別れさせ工作の料金を値下げして下さい!という方がいますが、復縁屋や別れさせ屋は物を売る会社ではないので、例えばキャベツ一玉を半分で良いから半額にして欲しいと言われても出来ません。

料金を値下げするという事は、値下げした分出来なくなる事が多々出てきます。

仮に料金を半額にするなら調査員や工作員の人件費を半減させるのではなく、工作に用いる人員を半減しなければなりません。

人員を半減すれば、人員を半減した方法を行う形になりますので、当然の事ですが成功率も低下します。

値下げを求めて対応する事は出来ても値下げした分、料金に見合った成功率になってしまいます。

料金を値下げすれば調査日数や工作日数、もしくは調査時間や工作時間を削る以外にありません。

依頼者を騙す目的の復縁屋や別れさせ屋なら成功させるつもりはないのですから料金の値下げに応じてくれます。

騙すつもりの別れさせ屋なら何もしないのですから料金を値下げしても利益が出るのです。

成功率を気にする別れさせ屋は料金を値下げすれば成功率を下げてしまうので依頼を請ける事はありません。

少しでも安い料金で依頼したいのは分かりますが、料金を値下げするという事は依頼者が結局自分で自分の首を絞める事と変わりません。

安い料金の別れさせ屋を探したい気持ちは分かりますが、その分成功率を落とす可能性もある為、ご注意下さい。