別れさせ工作、復縁工作の調査・工作料金

別れさせ問題に困っていて別れさせ屋に依頼したいけど、費用を多く掛けられない…

安い料金で成功させてくれる別れさせ屋を探しているけれど費用を抑えれば成功率も下がるんじゃないの?という疑問をお持ちの方は参考にして下さい。

  • 安い料金で依頼して成功するの?
  • 安い料金で依頼して騙されない?
  • 依頼するからには成功率が高い方が良い。
  • 安い料金は成功率が低いんじゃない?
  • 高い料金の方が成功率が高いんじゃない?

別れさせ屋に掛かる費用と成功率は比例する訳ではありませんが、高い料金なら依頼出来ない…という方に費用と成功率について参考にして頂く別れさせ屋ブログになります。

依頼するなら少しでも料金を抑えて成功させたい!と思う方は安い料金だから特別に成功率が低い訳でもなく安い料金は何故安く出来るのか?が書かれているので、別れさせ屋選びの参考にして下さい。

別れさせ屋の料金、費用、値段に対する基礎知識

安い料金の別れさせ屋を探すなら料金システムの基礎知識を入れておかなければなりません。

基本的な知識があれば料金の高い、安いが分かりますが基本となる知識がなければ料金比較が出来ません。

例えば、お店で買い物をする時、商品には定価があり、定価より安ければ『その商品は安い!買いだ!』となるので定価や相場が分かれば料金が安いのか高いのかの判断もし易くなります。

しかし、別れさせ屋の料金には定価はありません。

仮に時給1000円の工作員を雇っている場合、工作員がターゲットに接触している時間、接触する為に待機している時間、接触後に連絡先を交換してやり取りをする時間等、ターゲットの動き次第で工作員の実働も変わるので定価を定める事は出来ません。

工作員の実働はどこからどこまでが実働?

接触後に工作員はどこからどこまでを実働というのか?を考えて下さい。

ターゲットと接触後に連絡先を交換して何も連絡を取り合わなければ工作が上手くいく事はありません。

ターゲットと連絡先を交換するのはプライベートの時間を削ってターゲットとメールやlineのやり取り、電話でも対応しなければなりません。

工作員の実働は接触だけではなく接触する為の連絡も含めて実働になります。

連絡のやり取り1通を依頼料に含むと料金は高くなる

ターゲットとのメールやlineのやり取り1通づつを料金として請求したら膨大な金額になります。

例えば、lineで『うん。』と一言やり取りするだけでも1通になります。

1通のやり取りを仮に500円だとした場合、lineのやり取りだけで数万円~数十万円に達してしまう事も考えられ、安い料金で工作員を動かす事は出来なくなり、電話も1分幾らで換算すると料金は高くなってしまいます。