別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせ屋への依頼を検討する際に時間制や回数制の稼働を保証をしてくれる別れさせ屋を選ぶ危険性についてご説明させて頂きます。

最近急増して来た時間制や回数制にご注意して頂きたいのですが、時間制や回数制に依頼して失敗した方々からの話しや実際に別れさせ工作や復縁工作を行っていく上で時間制や回数制では成功できない実体験を元に明記しておりますので参考にして下さい。

稼働回数〇回で〇〇円という契約を交わす探偵社と契約期間〇か月で〇〇円という契約を交わす探偵社があります。

料金システムだけで考えた場合、例えば1回の稼働5万円という料金が設定されていて10回稼働したら50万円という料金システムは明朗会計な料金システムだと感じる方はとても多いと思いますが、別れさせ工作や復縁工作の様な恋愛工作はターゲットは人間なので想定している通りに動かないので10回の稼働で契約前に考えていた通りに上手くいく事は絶対にありません。

依頼者は工作員を早くターゲットに接触させて欲しいと考え、別れさせ屋も同様に早く接触して別れさせ工作を進めたい。と考えます。

しかし、現場で別れさせ工作を行えば想定しない事も当然起こり、接触出来ず空振りしてしまう事も例外なくあります。

ターゲットに接触して連絡先を交換して会う約束をしてもターゲットの都合でドタキャンされてリスケになる事もあり、ドタキャン等を予測して回数設定をする事は出来ません。

ドタキャンされて空振りしても回数制や時間制と契約していた場合、例えば10回の稼働をする契約の内、1回分を消費されてしまうので残り9回となれば別れさせる計画は失敗します。

時間制や回数制に依頼する方は時間や回数の保障があるから稼働してくれる保証を求めて契約する方が多く、契約書を交わして契約をするからには稼働するのは当たり前という契約についての常識すらも持ち合わせていないと考えます。

稼働する契約をすれば当然稼働する。という前提が覆っている状態で依頼しても双方に信用がないのですから協力して初めて成功する別れさせ工作や復縁工作が成功するはずがないのです。

弊社にご相談頂く方で回数制や時間制の料金システムに依頼して、何度も空振りをするだけで何も進まないのに料金だけは消費されて結局ターゲットに一度も接触する事もなく多額のお金を払って何も得られない結果になってしまった。という相談者は少なくありません。

成功させる事を目的ではなく回数や時間を消費させる目的となっているのが時間制や回数制になる事を念頭に置いて時間制や回数制にご依頼する際は十分にご注意下さい。

回数制の別れさせ屋が打ち立てる別れさせ工作の予定

回数制の別れさせ屋が依頼前に依頼者に提案する別れさせ工作の予定は下記がベースになります。

  1. ターゲットの調査:住所判明
  2. ターゲットの調査:職場判明
  3. ターゲットの調査:接触ポイント判明
  4. ターゲットへ別れさせ工作:1回目の接触
  5. ターゲットへ別れさせ工作:連絡先の交換
  6. ターゲットへ別れさせ工作:2回目の接触
  7. ターゲットへ別れさせ工作:3回目の接触
  8. ターゲットへ別れさせ工作:4回目の接触
  9. ターゲットへ別れさせ工作:5回目の接触
  10. ターゲットへ別れさせ工作:別れさせる

回数に前後はありますが、10回程度を平均して回数制の別れさせ屋は提案してきます。

10回の稼動で回数保証の実態

  1. ターゲットの調査:空振り
  2. ターゲットの調査:空振り
  3. ターゲットの調査:空振り
  4. ターゲットの調査:空振り
  5. ターゲットの調査:空振り
  6. ターゲットの調査:空振り
  7. ターゲットの調査:空振り
  8. ターゲットの調査:空振り
  9. ターゲットの調査:空振り
  10. ターゲットの調査:空振り

報告書には空振りした言い訳が並べられ、稼働した事を証明する写真が添付された報告書が送られてくるだけになります。

空振りしない為の別の提案等はされず着手金の回数を消費する事が目的である事が分かる報告書になっています。

10回では心許ないので契約を15回に増やした結果は下記の通りです。

  1. ターゲットの調査:空振り
  2. ターゲットの調査:空振り
  3. ターゲットの調査:空振り
  4. ターゲットの調査:空振り
  5. ターゲットの調査:空振り
  6. ターゲットの調査:空振り
  7. ターゲットの調査:ターゲット発見
  8. ターゲットの調査:空振り
  9. ターゲットの調査:空振り
  10. ターゲットの調査:空振り
  11. ターゲットの調査:空振り
  12. ターゲットの調査:空振り
  13. ターゲットの調査:空振り
  14. ターゲットの調査:空振り
  15. ターゲットの調査:ターゲット発見

回数を増やした際はターゲットの発見を間に挟んだ報告書が送られ、依頼者のモチベーションを下げない努力を回数制の別れさせ屋はします。

途中でターゲットを発見出来ている事から、本当はいつでもターゲットが発見できる状態にもかかわらずターゲットを発見できなかったという虚偽の報告をし、回数消費を進めます。

3回等の少ない回数で契約して追加契約を求める別れさせ屋もあります。

最初に10回の契約等をすれば着手金の料金がまとまった金額になってしまう為、少ない金額で判明した結果を元に進めていきましょう。という回数制もあります。

2~3回の稼働回数で契約をさせ、空振りやターゲットの発見を調整し、ターゲットへの接触をせずに回数を消費させていき、追加契約を何度も求めた結果、『この案件を継続させるには多額の料金が発生する事が予測され案件続行は難しいと判断したので諦めましょう。』というメールが代表者から届くシステムになっており、最初から少ない回数で契約しても別れさせ工作を進める気がなかった事が分かります。

以前にもお伝えした事ですが、進捗状況とご予算との兼ね合いを考えると⼤変厳しい状況に追い込まれていると思います。今日に狙いを定めて稼働しましたが、同僚と⾏動したのは本当についてないと言わざるを得ません…今⽇の結果を受けて、勇気ある撤退を決断する事も考えなくてはならないでしょう。※実際に少ない回数で最初に契約をさせた別れさせ屋が依頼者に送った内容を少しだけ改変して掲載させて頂いています。

時間制や回数制の料金システムで恋愛工作を成功させるのは実質不可能です。

最近では1回の稼働で30万円(税別)で3回~4回ほどの契約で復縁工作や別れさせ工作が成功すると嘯く別れさせ屋や復縁屋まで出てきました。

10回程の回数で契約しても成功するか難しい恋愛工作を『方法は企業秘密ですが成功します。』と口にする別れさせ屋や復縁屋もあります。

依頼者にお金が無限にあれば時間制や回数制であっても成功させる可能性は残されています。

しかし、時間制や回数制に依頼する方はお金が無限にあって、時間制や回数制が適切な方法を提案してくれるから依頼した訳ではありません。

むしろ反対にお金に余裕がないので少しでも保証を求めて安く料金を抑えたいと考えて時間制や回数制に依頼してしまいます。

お金が無限にあるなら時間制や回数制の料金システムを採用している別れさせ屋に依頼して恋愛工作を成功させる可能性は残されていますが、そうではない方が時間制や回数制に依頼する訳ですから恋愛工作を成功させるのは実質不可能なのです。

最近は特に回数制に依頼してしまったという相談が増加しています。

冷静に考えればターゲットは人間ですから回数や時間を事前に定める契約を交わしても成功する訳がありませんが、依頼を検討している方は冷静な判断が出来る状態ではない為、時間制や回数制に保証を求めて依頼して、結果的に回数や時間を定めて依頼しても上手くいくはずがないと後悔した方からのご相談が急増中ですのでご注意下さい。

料金プラン。回数制とパック制、どっちが良い?

恋愛工作の依頼を承る復縁屋や別れさせ屋の料金プランはまちまちです。

時間制や回数制の他にも弊社が採用している期間契約の料金プランもありますのでどちらが成功させられるか?について参考にして下さい。

回数制や時間制の料金プランのメリット

回数制や時間制の料金プランを提案するメリットは1稼働〇円という金額が決まっており、明朗会計と言えます。

1稼働〇円だから5回で契約してあと一回やれば上手くいくかも…といった際に1稼働〇円と定められた金額なので追加契約がしやすいメリットがあります。

回数制や時間制の料金プランのデメリット

回数制や時間制の料金プランを提案するデメリットは空振りをしても稼働している訳ですから1稼働は1稼働になります。

現場に行けば1稼働になりますし、ターゲットと約束を交わして約束を取り付けた日にドタキャンをされても稼働する為の人員を抑えている訳ですから1稼働になります。

何も進まなくても預けた料金が減ってしまっても何も言えません。

契約期間のパック制の料金のメリット

契約期間のパック制の料金のメリットはターゲットに合わせて契約期間内に進める契約の為、空振り等の失敗を気にせず恋愛工作を進めていけます。

成功させる事を目的とした場合、ターゲットの行動に合わせて恋愛工作は進めていかなければならず契約期間のパック制の料金を採用している別れさせ屋は成功させる事が目的で契約を交わす事が伺えます。

契約期間のパック制の料金のデメリット

契約期間のパック制の料金のデメリットは契約をしても稼働しない別れさせ屋も存在する為、稼働しない別れさせ屋を選んでしまえば失敗を前提に進めるではなく依頼した時点で失敗が確定してしまいます。

探偵社選びの段階で細心の注意を払わなければならず、選ぶ時に慎重に選ばなければなりません。

回数制や時間制の料金システムに依頼すると追加契約が必須!?

時間制や回数制に依頼すれば最初に契約した回数で思うようにターゲットは動かないので追加契約は必須になります。

追加契約が出来ないなら依頼するべきではなく、ターゲットが現場に現れない空振りが1度でも発生すれば追加契約をしなければ成功しないのは目に見えています。

パチンコやギャンブルでお金を使ったからもう少しで出そうだ…という感覚はお分かり頂ける方もいらっしゃると思いますが、ギャンブル好きな人は後少しで…という部分を刺激されると止められません。

回数や時間を消費し、連絡先を交換した事等を引き合いにしてここで止めたら勿体ないですよ!という印象を与えるのもあり、追加契約を求める為に連絡先を交換した段階で成功報酬を発生させる別れさせ屋もあります。

もう少しお金を払えば成功するかもしれない…!?という心理を巧みに利用する手口を回数制や時間制の料金システムにはあります。

回数制の成功定義はズレている場合、注意が必要です。

回数制や時間制は恋愛工作を成功させた段階で成功報酬を発生させるのではなく依頼の途中過程で成功報酬を発生させる探偵社も少なくありません。

回数や時間を消費させる事が目的となる為、回数制や時間制の恋愛工作の成功定義がズレている場合、ご注意下さい。

時間制や回数制の探偵社のオプション料金にご注意下さい。

回数制や時間制が提案する方法は1つしかありません。

回数制や時間制は方法を提案する時に回数や時間を使って何をするか?という部分の説明はしますが、恋愛工作の方法は1つしか持ち合わせていません。

成功させるという事よりも依頼者が気にする部分は料金なので恋愛工作の方法を提案する必要がないのです。

依頼者の方々も依頼するのが初めてという方が多い為、方法を提案されていると錯覚してしまい、実は方法を提案されていない事に気付きません。

工作員を稼働させる回数や時間を復縁工作や別れさせ工作の方法だと錯誤してしまう為、時間制や回数制は提案出来る方法は1つだけあれば問題なく、たった1つしか提案出来ない方法ですら実行しているフリをするだけで実際には回数や時間を消費させる事に留まります。

成功まで安い費用で済む!?と錯覚する回数制の別れさせ屋が安くない理由

回数制の別れさせ屋に依頼すると回数分だけ費用を払うから料金を安く済ませられると考える方は多いのですが、何も得られなくても稼働しただけで料金が発生し、何も進展がないまま契約が終了したとご相談頂くケースが増えて来ました。

何もしなくても料金が発生する回数制の別れさせ屋に支払う料金は着手金がとても安く、動いた分以外は返金しますという返金保証もついてます。

使い回しの写真で稼働した様に見せかける手口も増加しているのですが着手金の安さに惑わされて何も進展がない別れさせ屋に依頼するのはご注意下さい。

回数制の別れさせ屋の料金が安いからといって安易に契約すれば、使い回し写真を使って稼働一回とカウントされるケースが回数制の別れさせ屋に依頼して失敗した相談者様から聞こえて来ます。

使い回しの写真で虚偽の報告をしても一回は一回としてカウントされる為、回数制の別れさせ屋と契約した際は事前に調査や工作を行う日を確認し、実際に調査、工作を行っているかどうかを確認しに行かなければなりません。