別れさせ屋ブログ

別れさせ屋や復縁屋は探偵業が運営しているのですが、浮気調査や人探しの探偵社と別れさせ屋や復縁屋の調査能力では、浮気調査や人探しを専門と扱っている探偵社の方が調査能力があると思っている方々も多いようです。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と会った事がない人に聞かれる【探偵って?】と聞かれる事

しかし、探偵の多くは個人事業主として運営しているところも多く、個人事業主で1人~2人程度で運営している探偵社と、調査員や工作員を抱えて法人として運営している別れさせ屋や復縁屋の探偵社のどちらが調査能力が高いか?となった際に圧倒的に個人事業主で運営している探偵社よりも別れさせ屋や復縁屋の方が調査能力が高いところもあるのです。

興信所のイメージは名刺を出して聞き込み調査を専門にしているイメージがあると思いますし、探偵社は張り込みや尾行といった表立って調査している事を出さないイメージを持っている方も多いと思いますが、興信所のように名刺を出して素性を明かして話して頂ける情報はどの程度の情報なのか?

別れさせ屋や復縁屋のように、素性を明かさず対象者に接触して情報を聞き出す手法と、張り込みや尾行だけで対象者の意志確認をしない探偵とどこが一番情報を入手できるのか?といった際に、素性を明かさず対象者に接触して聞きたい情報を調べる別れさせ屋や復縁屋の方が聞き込み調査の場合は調査能力が高い事に気付いて頂けるかと思いますし、個人事業主で運営している探偵社よりも調査員や工作員を活用する別れさせ屋や復縁屋の方が尾行、張り込みをする人材が多い事から調査能力が高い事もご理解頂けるかと思います。

尾行や張り込みに関して言えば、人数が多いなら大手の探偵社の方が調査能力が高い!!という見方をする方もいらっしゃいますが、個人事業主で運営している探偵社よりも別れさせ屋や復縁屋の方が人数が多いから調査能力が高いのではなく、尾行や張り込みに加えて日常的に対象者に警戒させない様な調査方法を用いて調査を行っているので大手の探偵社よりも人数は少なくとも個々の調査能力の差が歴然となっているのです。

大手の調査会社は機材の性能を売りにして調査依頼を承る事が多いのですが、昨今では調査機材の性能は大きな差がなく、調査員は機材ではなく技術の差で成果が変動しています。

調査技術が無ければ対象者に警戒されてしまい、工作員の接触が出来なくなる為、遠くから写真を撮影するだけの探偵の調査ではなく、近距離でも警戒されない調査方法を用いて調査を進めていくのが別れさせ屋や復縁屋の調査になります。※参考記事:探偵業の認可を別れさせ屋や復縁屋が必要とする理由は?

探偵の業務は基本的に尾行、張り込み、聞き込みとなりますが、電話番号から自宅住所を割り出すデータ調査や自動車のナンバーから自宅住所を割り出す調査方法、入籍しているか等の戸籍情報を調査する調査方法や詐欺に遭った被害者が詐欺で使われた銀行口座から持ち主を割り出す調査まで、様々な調査が出来る別れさせ屋や復縁屋もあり、個人事業主で運営している調査会社や尾行や張り込みだけしか対応出来ない大手の調査会社よりも様々な調査方法で対象者の情報を入手する別れさせ屋や復縁屋もあります。

浮気調査や人探しの探偵社は、社団法人日本調査協会という社団法人に登録し、張り込みや尾行の調査依頼を共有していますが、逆に言えばそれしか出来ないのが浮気調査や人探しの探偵社でもあり、別れさせ屋や復縁屋は日本調査協会への登録をせずに運営しているので、幅広い調査方法を用いて対象者を日々調査している事から調査技術の向上が目まぐるしく、同じ事を繰り返しているだけで技術向上に研鑽しない調査会社とは異なるので、調査技術が高くなるのです。