別れさせ屋ブログ

寒い時期になると雪国にいる別れさせ屋の調査員や工作員は仕事がやりづらくなります。

毎年の事ですが雪が降ると調査もしづらくなり、工作をしようにも対象者の出入りが減り、移動も車で工作員の接触場所が限られてしまい別れさせ工作も復縁工作もやりづらくなる事があります。

弊社では一つの方法にこだわらず状況に合わせて工作を進めていくのですが、それでも寒い時期の特に雪国での調査や工作は難易度が上がります。

今年は例年よりも早く寒くなり、寒波の影響は地域によってとてつもない被害を被っている地域もあります。

新潟の調査員や工作員からは移動出来ないとの報告が昨日あり、調査員や工作員が動けなければ対象者も自由に動けるとは限らず、状況を考えて調査や工作を寒波の為、一時ストップしている地域もあります。

寒波の影響で調査や工作を一時ストップしなければならない事態になるのは珍しく、依頼者様も納得頂いた上で合意の元で一旦ストップし、天候の具合で再開させていただいています。

そして東北支社等を要する弊社でさえも寒波の影響で調査・工作業務がストップするという事は雪国に支社のない別れさせ屋や雪国に工作員がいない別れさせ屋が雪国での調査や工作の難しさを知らずに依頼を請けた結果、何もせずに失敗で終わり、弊社にご依頼頂く機会が増えてもきます。

寒波の影響を受けて調査や工作をストップせずに無駄に調査を行い、調査回数を消費させる別れさせ屋も中にはあるようで、突然の寒波の影響でどうにもならない状況にも関わらず依頼者様の大切なお金を消費させて失敗した結果、弊社にご相談・ご依頼をいただく事になります。

突然の寒波の影響で他社に依頼した結果、依頼が失敗したけれど諦めきれない状況の為、弊社に引継ぎのご依頼を頂くケースは通常時も多いのですが、今年はコロナや寒波といった自然災害による失敗から弊社にご依頼頂く機会は少なくありません。

この季節は寒いので元々家から出ない対象者も多く、寒波の影響は更に輪をかけて調査や工作を進められない事態になりました。

新型コロナのように先が見えない状態ではないので寒波が落ち着けばすぐに再開出来ますが寒波の影響で遅延するのは人間には対応出来ない自然災害なので仕方のない事になってしまいます。

無理に調査や工作を寒波の時に行おうとしても無意味になりかねないのは分かりますよね?