別れさせ屋ブログ

離婚させて欲しい…というご相談は多数いただきますし、離婚したい…というご相談も多数いただきます。

離婚したい、離婚させたいというご相談を多数いただきますが今回は離婚させて欲しい…というご相談にスポットを当てて書いてみたいと思います。

まず、別れさせ工作のご依頼をいただく際に離婚させたいというご相談をいただくのですが別れさせ屋に離婚させる方法を求めて来る方は非常に多いのですが料金との兼ね合いで断念する方がとても多くいらっしゃいます。

依頼するのに料金が発生するのは当然だとお考えの方は少なくないのですが離婚させるという事は家庭を一つ壊す事になります。

そして家庭を壊す代償として掛かる料金は当然の事ですが決してお安い料金ではありません。

何故なら離婚させたい!と考える方の多くは不倫をしており、不倫の先にあるものを手に入れようとするのですから安い料金で依頼を承れる事はありません。

例えば、離婚させる料金が100万円前後だとして、慰謝料請求の相場は300万円前後なら慰謝料請求をされるよりも別れさせ屋に依頼して離婚させた方が料金が安く収まるし離婚させる事によって不倫相手と一緒になれる可能性が出てくるので100万円前後の料金で離婚させられるならとても割安な料金になり、離婚させれば依頼者様はとても得する結果になります。

不倫という立場にあり、家庭を壊す目的で別れさせ屋を利用する方が一番得する事があるのでしょうか?

別れさせ屋に支払う料金は決して安いものではありませんが離婚させて幸せになる事を考えた時に依頼者様もそれ相応の料金が負担があります。

例えば離婚させたいので異性の工作員を接触させて不倫させて欲しいというご要望も多いのですが基本的に第三者が家庭を壊す為に接触するのは民法に反する為、法律に抵触する様な案件のご依頼を別れさせ屋は承りません。

その上でお考えいただきたいのですが、異性の工作員をターゲットに接触させて不倫をさせ、その上で離婚させたい!というご依頼を要望する方は異性の工作員に不倫をさせようとしている訳ですから工作員が慰謝料請求された事までを保証して頂かなければ依頼を請けられるものではないのです。

別れさせ屋に支払う料金が仮に100万円前後で離婚させる依頼を承るとします。

そしてハニートラップを行い、順調に離婚に進んでいる最中に工作員と別れさせターゲットが不倫している事に気付き、不貞行為をしているから依頼者様の交際相手側が工作員の存在を知らずに慰謝料請求をした場合、工作員は訴訟される事になります。

工作員が協議の場に参加して慰謝料請求に応じない!と強い姿勢を示す事で交際相手が訴訟を起こせば別れさせ屋に依頼して支払った料金以上の請求を依頼者様と交際相手側は行う事が出来ます。

その上でハニートラップを仕掛けた夫・妻との離婚も成立すれば依頼者様は別れさせ屋に依頼した時の料金以上のお金を交際相手と山分けに出来、且つ離婚させたいという願いまで叶う結果となるのです。

ここで考えていただきたいのは離婚させるにあたって別れさせ屋に依頼する着手金の料金は平均して100万円前後になり、慰謝料請求の平均金額は300万円前後となるのですから別れさせ屋は工作員を派遣して依頼を成功させれば依頼時に頂く料金100万円前後を上回る金額を慰謝料請求で請求されるという事になります。

その場合、別れさせ屋は離婚成立時の成功報酬で最低料金として300万円を請求しなければならず、更に言えば別れさせ屋は会社である以上、依頼をいただいたら利益をいただかなければなりません。

そうなると離婚させる為に異性の工作員を接触させるのに掛かる料金は着手金と成功報酬を合わせても少なくとも400万円以上の料金が掛かり、成功後に慰謝料請求されて成功報酬を支払ってもらえないケースも考えられる事から着手金で400万円以上の料金が掛からなければ依頼を請けられない事になります。

もちろん別れさせ屋の利益も考えれば400万円の料金でも安い料金となりますし、離婚させる為に工作員に不貞をさせる別れさせ工作は安い料金で請けられない理由があるのです。

離婚させたいなら離婚させる理由を不貞以外で考えなければなりませんし料金も決して安い料金で出来るものではない事はご理解頂きたいと思います。