恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況対象者に恋人が出来たので別れさせて復縁したい

M様が別れさせたいのは復縁を望んでいた対象者に新しい恋人が出来てしまい、復縁は絶望的になったからでした。
別れて3ヶ月経った頃から対象者の行動に変化があり、lineも既読スルーが続いた頃、対象者から『恋人が出来たからもうlineしないで欲しい』というメッセージが届き、目の前が真っ暗になったとの事でした。
対象者との復縁は絶望的になりましたが、どうしても復縁したいと考えたM様はネットで別れさせる方法を探すモノの、自分ではどうにも出来ない方法ばかりで別れさせ屋に頼らざるを得ない状況になってしまいました。

別れさせ屋をネットで調べると様々な情報が書かれており、中にはあまり良い評判も書かれていなかった為、慎重に別れさせ屋探しをする時間を設けて面談にも出向き、話しを聞いて弊社へのご依頼に決めたとの事でした。
決め手となったのは別れさせた後に復縁までをサポートしてくれるのが弊社だけであった事であり、別れさせ方にもこだわり、別れさせた後に復縁し易い状況作りまでを考えてくれる別れさせ屋が無かったとの事で、別れさせ工作と復縁工作を依頼して一番成功率が高そうだと判断したのが決め手となった様でした。

別れさせ工作の提案と復縁工作の方法について説明させて頂き、復縁工作までの予算が難しかった事から別れさせた後のアフターフォロー期間で復縁する為のアドバイスを行って復縁を目指すプランでご納得頂き、契約書を交わします。
別れさせる為の情報を頂きましたが、対象者からlineを送らないで欲しいと言われた為、リアルな情報はなく、調査によって判明させたものをM様と共有し、M様の記憶にある情報を引き出しながら進めていきました。

対象者の情報を調査によって得た際に対象者の写真などをM様に報告と同時に送らせて頂きましたが恋人と一緒にいる時の幸せそうな対象者の表情を見て、嬉しい反面、悲しい気持ちも沸きあがり、担当者に愚痴をこぼす日々も続きました。
M様との打ち合わせを重ねていく中で対象者が幸せそうなら別れさせて幸せを壊してしまうのは間違いなのでは?という気持ちもあり、M様は後に知りましたが相当な葛藤があったとの事でした。対象者を幸せにM様が出来るなら、その考えは意味のない事であり、現状よりも復縁した後に対象者から良い表情をもらえる様に少しづつ努力をする姿勢が大切だと説明します。

別れさせ工作が進み、対象者へ工作員が接触すると対象者との会話を音声に撮り、M様に送ると『やっぱり私はこの人が好きです…』と対象者への想いが零れます。
別れさせ工作が進めば進むほどM様の気持ちも強くなり、早く別れさせ工作を成功させて復縁までを考えたいと担当者との連絡頻度も密になります。
対象者への心理誘導が進み、少しづつ対象者の気持ちが恋人から離れていく事を確認し、報告をすれば『あと何日位で別れさせられそうですか?』という質問が出ますが工作は予定通りに全てが運ぶわけではないので答えようがなく、お答え出来ない部分を説明して理解は頂けましたが早く成功させて欲しいという気持ちは汲みとらせて頂きました。

別れさせ工作も佳境に入り、後は対象者からの連絡を工作員が待つだけという状態を作り対象者から連絡が入れば別れさせ工作は成功する見込み状態になった事をM様に報告すると『対象者からの連絡が来てないか?』と1時間おきに担当者に連絡が入りました。
念願の連絡が対象者から入り、対象者と接触した際に恋人と別れた事を聞き出すと、その日の内に別れさせ工作が成功した事を報告させて頂き、M様の復縁に向けたアドバイスを進めていき、対象者との関係が良好になったところでM様から『後は自分でいけると思います。』と言われ、別れさせ工作と復縁アドバイスの両方が上手くいった成功事例になります。