恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域S様 愛知
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬20%
別れたい状況息子がダメになる前にとにかく早く別れさせたい

S様のご子息が連れてきた彼女についてS様はあまり良い印象を抱かず、何度もご子息には『彼女と別れた方が良いんじゃない?』という言葉を掛けていたようでしたが彼女との別れをS様が伝えるとお子様は機嫌を悪くし段々と親子の仲も悪くなってしまったとの事でした。

お子様の彼女の事でS様は旦那様とも口論になる事が増え、旦那様からは『あんな下品な彼女は〇〇(お子様の名前)には釣り合わない。早く彼女と別れさせろ!』とお子様と彼女の関係に否定的でした。

旦那様からの言葉もあり、S様はお子様に『お父さんも別れなさいって言ってるよ』と伝えてもお子様はS様の言う事を素直に聞いてくれず、S様とお子様の関係は悪化、S様と旦那様の関係も悪化、お子様と旦那様の関係も悪化と家族全員がバラバラな形になっていきました。

S様の言葉で別れないお子様に痺れを切らした旦那様がお子様に『別れないならこの家を出ていけ!!』と口に出してしまい、お子様はS様達が住む家を出て行ってしまいました。

昔は純粋だったお子様がご両親に楯突くようになってしまったのはお子様の彼女の所為だと考え、彼女との交際が原因でお子様は変わってしまったとお考えになったご両親が弊社に息子を別れさせて欲しいとの依頼を頂く事となりました。

依頼を頂いた後、彼女とお子様が住んでいる家の調査から始める事となり、お子様と彼女の関係を調べていくと、お子様は完全に彼女の尻に敷かれ、幸せそうな表情は見れるものの時折物憂げな表情をし、何かしらの不満を彼女に感じているであろう事に気付きました。

S様と調査結果を元に打ち合わせを重ねていましたが、S様がお子様にお持ちのイメージと実際に調査員が調査したイメージとではだいぶお子様のイメージは変わり、別れさせる方法について提案した際もS様は首を傾げて『その方法だと息子は別れないかもしれませんよ…』と口にしていらっしゃいました。

お子様の事を一番よくご存知のS様だからこそ提案させて頂いた方法に疑問をお持ちの様でしたが部分部分の具体的なご説明を繰り返しさせて頂き、最終的にはお子様に対する見方のままでは穴が見つけられない事をお伝えさせて頂き、方法を5つほど挙げさせて頂き、その中の1つを選択して頂きました。

お子様に接触する方が別れさせられるか?彼女に接触した方が別れさせられるか?という部分から細かい部分を埋めていき、S様のお子様に対するオリジナルの方法の中から納得頂いた方法を選択して頂き、別れさせ工作を進める形を取りました。

お子様への接触を選択したS様にはお子様への連絡を行って頂き、依頼者方向からも別れさせ工作の協力を仰ぐ形となりました。

一方的にお子様に対して『別れなさい!!』というだけではなく、お子様の意思を尊重する方向で話しを進めて頂き、その間に弊社の工作員がお子様に対して接触を試みました。

ご両親の内、旦那様には若干悪者になって頂く形をとり、最終的にはお母さんとの縁と彼女との縁のどちらかを選択させる様に仕向けていき、最終的には心理誘導でS様の大切さを認識させながら彼女に対する不満を印象付けていく様に心理誘導を進めていきました。

工作の当初は彼女とS様を天秤に掛けた時は圧倒的に彼女を優先する様に考えていたお子様でしたが工作員の心理誘導の効果もあり、彼女とS様への比重が対等、もしくはS様に比重が重くなったのは工作員とS様の連携が上手く噛み合っていた事が伺えました。

お子様の口から彼女に『実家に戻ろうかな…』とこぼす事も出て来た為、S様にはお子様を受け入れてもらう態勢をとり、彼女に対する不満をS様が聞き入れていく事でお子様と彼女の関係がギクシャクしだし、別れさせる事に成功した事例になります。