復縁工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については復縁屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

復縁工作の相談内容

依頼者 U様 31歳 東京都

対象者 F  30歳 東京都

社内恋愛で付き合ったUさんとFさんは交際3年で結婚間際の状態から一転してFさんから別れを切り出されます。

別れを切り出された理由はUさんの性格などが多く、FさんはUさんとの結婚を考えた時に不安が多く、先々で幸せに出来る自信がなくなったから別れたいと告げ、Uさんは先々で幸せにしようと考えなくてもいいから別れないで欲しいと縋ったものの、もっと良い人がいるはずだからその人と幸せになって欲しいと完全に別れる宣言をされてしまいました。

別れ話の時に細かい話しを聞かせてもらえず、U様の何が問題なのか?について問い詰めても今まで付き合ってきて無理だと思ったから…と言われて言葉を濁されてしまったUさんは自分の何がいけないのかも分からず、過去に交際した彼氏全員から同じ様な理由でフラれている事からも女性として自分は問題があるのではないか?と悩みを抱えてしまい、このまま一生結婚できないかもしれない…という不安も抱え、仕事も手につかない状態になっていました。

ネットで復縁について調べても自分を変えて彼にアピールするのが大切で冷却期間を空けて彼にアピールして復縁する方法ばかりで具体的に自分の何をどう変えれば良いかも分からないので復縁する為に何をすれば良いかも分からない状態だったとの事でした。

UさんとしてはFさんと復縁して結婚出来るのが一番だと考え、Fさんと結婚できなくても復縁できれば今までの自分とは違い、男性から突然捨てられる事もなくなくかもしれない…と考える様になったとの事でした。

そして行き着いた先に弊社ブログに辿り着き、復縁する為にどうすればいいかを参考にしていく途中で復縁屋や復縁工作の存在を知り、復縁工作のお問合せを頂く事となりました。

U様から復縁相談をいただた際にU様は復縁したいのは勿論ですが、自分が女性として欠陥があるのではないか?という不安を強く感じている事に気付きました。

過去に付き合った男性全てから同じ別れ方をされれば不安を感じるのも分かります。

過去の経験を活かしてFつ付き合ったものの結果としてはFからも同じ事を言われてしまい、U様はショックを受け、復縁したい気持ちと今のままの自分ではダメだ!という気持ちとがまじりあった状態で復縁屋に相談したところ、何社かの復縁屋にお説教をされてしまい更にショックを受けたとの事でした。

弊社にご相談頂いた際に自分を変えたいと仰って頂き、復縁工作を実行に移してFに接触した際に何がU様は問題なのか?について説明させて頂き、アドバイスを行い、男性から受け入れられる女性になりましょう。というお話をさせて頂きました。

着手金のご入金後に復縁工作に着手し、まずはFの調査から開始するとFはU様の情報通りの行動をし、特別誰かに会う訳でもなく、別の異性の存在が表れるでもなく単純にU様との交際が難しいと判断されたものであり、恋人がいなくなって寂しくしてるかと思いきやそういった仕草も全く見えず、U様は自身の問題でFから別れを告げられた現実を目の当たりにしてしまいます。

U様に問題がある事が確実となった為、U様は早くFがどんな理由で別れを告げられたのかを知りたいと焦りを感じます。

焦って調査を怠って工作員を接触させようとすれば失敗する可能性もある為、U様には焦りは禁物である事を説明させて頂き、焦らない様に我慢して頂き、Fとの接触ポイントの判明までグッと堪えて頂きました。

Fと工作員が接触するポイントを特定した後はU様と打ち合わせをして工作員とFが自然な流れで接触する方法について打ち合わせをさせて頂きました。

接触ポイントで工作員を無事に接触させる事に成功し、接触させた後は人間関係もスムーズに築き上げる事が出来ました。

人間関係の構築が出来、連絡先を交換した後はコロナ禍でもやっているお店でお酒を飲み交わします。

工作員と話す内容は競馬の話しやパチンコの話し等、ギャンブルの話しが多く、暇を持て余している男性という印象が強くありました。

ギャンブルの他には風俗の話しも出て恋人の話しも引き出し、正直言ってFは女性からしたら魅力がある男性なのか?とも感じましたが、その理由はU様と別れた後に一人になり、独身生活を謳歌している状態なので工作員もFの話しにのって会話を盛り上げました。

会話を盛り上げた後に過去の交際相手の話しに進み、U様との関係も含めて話しを聞いていくと付き合った女性は皆ワガママであり、関係が続くと我を通してくる女性ばかりになって交際が疲れるから一人になりたくなって別れを告げる形ばかりだというお話を聞かせていただきました。

別れの理由はU様もワガママな女性という事になり、U様に心当たりがあるかを聞くと別れる半年くらい前からFはあまり自分の意見を言わなくなり、意見交換がないので自分の思った事をFに伝えていたという話しをして頂きました。

問題の根本的な部分が見えて来た為、U様には自己改善のアドバイスをさせて頂き、何がワガママで何故Fが自分の意見を言わなくなったのかについて話しをすると別れを告げられた理由が腑に落ちたようで、過去に付き合った男性との事も思い出していただくと思い当たる節があり、なぜ別れを告げられたのかについても理解を示して頂けました。

自己改善のアドバイスと同時並行で工作員がFに復縁を意識させる様に心理誘導を進めていくとFは独身生活を満喫している為、なかなか復縁を意識する様には向きませんでした。

復縁を意識させる為に男性工作員の恋人役の女性工作員を活用し、カップルの楽しさを知らしめる様にカップル役の工作員同士がイチャイチャしていると初めて恋人って良いなと呟く様になりました。

恋人との交際を思い出させた後に再度心理誘導を仕掛けて復縁を意識させるとちょっとだけイチャイチャしたいかな~と言い出し、恋人を求める言動が少しづつ出てくるようになりました。

その上でU様とFを再会させる形を取らせて頂き、U様とFが再会した当初はぎこちないながらも会話は盛り上がり、過去のデートの話しやケンカの話しで盛り上がり、時間はあっという間に過ぎていきました。

暇な時はデートでもしようという言葉をU様はFからもらう事が出来、Fが暇なのは調査で判明してる為、U様にアプローチの方法をアドバイスさせて頂き、U様から告白する形にはなってしまいましたが復縁成功に漕ぎつけた復縁工作の成功事例になります。

U様の契約期間は3か月間掛かり、着手金90万円+成功報酬30%で設定させて頂きました。※着手金、成功報酬共に税抜き料金で掲載。

U様は自分を変えたくて自己改善アドバイスに励み、会社の方々の反応も変わるくらいに周りから見ても明らかに変わった事をU様にはお伝えさせて頂きました。

その自信が最終的にFに告白する後押しにもなり、結果としてU様の頑張りがあったからこそ復縁成功に辿り着いた案件でした。