別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :I 27歳 東京都 対象者①との関係:友人
  • 対象者①:B 26歳 東京都
  • 対象者②:G 28歳 東京都

友人の紹介で出会ったBさんを好きになってしまったIさんは彼女のGさんの存在を知らずにBさんに告白してフラれてしまいました。

彼女がいてもいなくても付き合いたいと思っていたIさんにしてみれば彼女の存在は問題はなかったのですが、Bさんからフラれた理由がGさんとの交際があり、Gさんと結婚したいから浮気は出来ないと断られたようで、IさんはGさんがいなければ付き合えないまでもセフレとしてBさんと交際が出来ると考え、BさんとGさんを別れさせたいと考える様になったとの事でした。

しかし、元々がBさんを紹介してくれた友人の手前があり、友人の事を考えるとBさんとGさんの仲を無理矢理裂く様に行動すれば、IさんとBさんを紹介してくれた友人の仲も悪くなってしまう恐れがある為、自分で行動して別れさせるのではなく誰かに別れさせてもらおうと画策したとの事でした。

別れさせ屋に依頼する前に何でも屋に依頼してGさんとBさんを別れさせる様にしてもらったものの、何でも屋は別れさせる為に何も行動してくれず、BさんとGさんの仲が深まっていくのを友人として接していたBさんから聞かされ、何でも屋への依頼を諦めて別れさせのプロである別れさせ屋に依頼する決断をしたとの事でした。

BさんとGさんの仲の良さは何でも屋が探偵紛いの事をしてくれた為、情報としては少しある程度で、その情報を持って別れさせ屋を3社ほど周って面談をし、予算や方法と合わせてIさんの要望に沿った方法を提案させて頂けた弊社とご契約を交わす事となりました。

I様と面談をさせて頂きまして、一番最初に気になる点がBとGが別れたら本当にセフレとしてでも付き合えると考えているのか?という点を聞かせていただきました。

告白を断る為の理由であった場合、BとGが別れたとしてもI様と付き合ってくれるとは限りません。

I様がBと付き合える可能性があるなら依頼としては受けても良いと考えられますが、I様と付き合える可能性が低いなら依頼しない方が正しいのではないか?という判断にもなります。

その為、Bに告白してI様がフラれた時の状況をお聞かせいただき、I 様が本当に付き合えるチャンスがあるのかどうかも検証させて頂きました。

I様が告白した後のBの対応についても聞かせていただき、BとGが別れる事になったらI様にもチャンスがある事がお話しの中で伺えたので別れさせ屋工作のご依頼を承る事となり、別れさせた後はI様に頑張っていただいてBと付き合ってもらうようにサポートする事もお約束させて頂きました。

I様の話しではBがGにぞっこんで、Bが結婚を望んでいる事は分かりますが、肝心のGはどうなのか?という点は分かりません。

年齢的には年上のGは周りも結婚しだしている年代ですからGの結婚願望も含めて調査を開始し、BとGの関係性や別れさせを成功させる為の亀裂となる部分を判明させる様に依頼後は速やかに調査に取り掛かりました。

調査を進めていくとGの周囲は結婚していない人が多く、Gは友人と遊ぶ事も多く、Bと会う機会は頻繁にはありません。

Bと会う時間がそんなにないけれどBは結婚したいと思っている事からBはGが落ち着くまで待つタイプなのか、それともGはまだ結婚を考えてないのか?が判明しません。

Bの我慢がどこまで出来るのかが分からず、Gを追っている状態でどこをポイントとして追わなくなるのか?を知る為にGに工作員を接触させてBとの話しを聞き出す方向に動き出しました。

Gの話しを聞いているとGは結婚を全く考えていない訳ではないが、もう少し遊んでいたいという気持ちが強く、Bとの結婚に踏み切れない事を吐露してくれました。

Bは束縛癖があり、何度注意しても束縛をやめてくれない事から何度もケンカになり、ケンカの度にBが謝って来るので許すというパターンを繰り返していたとの事でした。

この情報を入手した為、工作員をBに接触させる方向にシフトし、Bに工作員を接触させてGに対する嫉妬を煽る形を取る事に成功します。

Bに工作員を接触させる事でBの嫉妬心を煽る心理誘導を行うとBは工作員の前では平然としていましたが工作員と別れた後にすぐにGに連絡して束縛しようとしていた事がGに付けていた工作員に情報が伝わり、Gは怒ってBとケンカになりました。

Bは平謝りでGはBを許し、次に同じ事をしたら縁を切るという事を聞かされたBに再度工作員を接触させて今度はBにそこまで好きな相手だと束縛したい理由は分かる事を伝えてBの束縛を正当化させる言葉を伝えると、Bは相槌を打ち、束縛の正当性をGに冷静に伝えていました。

舌の根も乾かない内に再度束縛について話さなければならなくなった事で、GはBが束縛する事を全く悪いと思っていない事を知って気持ちが一気に冷めたようで別れようという形を取ったと工作員に報告して下さいました。

Bの心理誘導が成功してGの気持ちを冷めさせて別れさせる事に成功した別れさせ屋工作の成功事例になります。

I様のご依頼で掛かった料金・費用は90万円の着手金+成功報酬30%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

I様はBの傷心状態になっている事をチャンスと捉えて、Bと2人で飲みに行く事に成功してバーでお酒を飲み交わした後にI様の要望が叶ったという報告を頂いた案件でした。