別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :F 32歳 東京都 対象者①との関係:浮気相手
  • 対象者①:K 24歳 東京都
  • 対象者②:A 23歳 東京都

Kさんと付き合っていたFさんはAさんと付き合う為に別れて欲しいと言われ、簡単に別れを受け入れる事が出来ず、Fさんとセフレの関係で良いから別れないで欲しいと縋ってしまい、浮気相手として付き合う事を自ら受け入れてしまったとの事でした。

自ら浮気相手としての立場になってしまったものの、内心は浮気相手として付き合う事を受け入れた訳ではなく、セフレとして交際してればいつかは振り向いてくれるかもしれない…とKさんとの過去の交際を心の支えにして復縁を目論んでいたとの事でした。

しかし、FさんはKさんとセフレで良いと受け入れる姿勢を作ったものの、あまりにもKさんが都合良くFさんと交際する事に腹を立て、Kさんにセフレは嫌だから本命の彼女と別れて欲しいとAさんとの交際を終わらせて自分と結婚を前提に付き合って欲しい!!と玉砕覚悟で挑むものの見事に玉砕し、一時はKさんとの交際は諦め、別々の道を歩む決意をしたとの事でした。

Kさんとの交際を諦めて婚活パーティーにも出る様になり、新しい出会いを求めて行動するものの、Fさんの中ではKさんと付き合っていた時の思い出が残り、新しい出会いにもときめかず、玉砕したけどセフレでも良いので付き合って欲しい!!とKさんにお願いし、Aさんとの交際を邪魔しないという条件で浮気相手としてもう一度付き合う事を許され、我慢せざるを得ない状況に陥ってしまいました。

本心では受け入れてない事ですが、受け入れざるを得ない状況なので自分ではどうにも出来ず別れさせ屋に依頼するという決断をし、ご相談頂く事となりました。

浮気相手として受け入れざるを得なくなったFさんはAさんに自分の存在を打ち明けてKさんと別れる様に促す事も考えたとの事でした。

直接Aさんに浮気してるFさんが言えばベッドの上で裸のKさんの写真もあるし、別れさせられるかもしれないけれど、Fさんとの復縁も消滅する可能性がある為、Fさんは踏み止まったと仰いました。

目的はあくまでもKさんとの復縁であり、Kさんと結婚するのが目的なのでFさんも同時に別れを告げられたら目的がそもそも変わってしまう事からAさんに暴露する方法は踏み止まり、プロの力を借りて別れさせたいと考えたとの事でした。

Aさんに暴露するのではなくAさんとKさんの仲が悪くなればいい訳ですから異性関係の問題で関係にヒビをいれるのではなく別の問題を作り出して関係にヒビを入れる方法をご提案させて頂く事となりました。

AさんとKさんの情報を集める為の調査を行い、2人の関係の親密度を確かめ、どんな会話がなされているか?を調査で判明させました。

Aさんの調査とKさんの調査を別々で行い、双方別々に工作員を接触させる事で各々がパートナーに対して思っている事を吐き出させる様に工作員が話しを聞き出していきます。

Kさん達は年齢が若いのもあり、その場のノリで話す事も視野に入れて話しを聞き出していくとKさんからはAさんともFさんとも結婚は考えておらず、他に狙っている女性がいる事も聞き出せました。

Fさんにしてみれば想定外のKさんからの発言で、Kさんの人間としての考え方の問題について疑問符が湧き出た様でした。

しかし、Fさんは周りは皆結婚しだしてるし正直なところ焦ってる部分もあるのでKさんと付き合ってどうにか妊娠して責任を取る形で結婚まで持っていけたら…と話していらっしゃいました。

Fさんの話しに賛成できる訳ではありませんでしたが、Fさんの焦りも分からない訳ではなく、AさんとKさんを別れさせるご依頼を頂いていたのでKさんとAさんを別れさせる為にAさんに接触した工作員がKさんから聞き出した情報を使って別れさせる様に誘導していきました。

他に狙っている女性については最後のダメ押しとして使う予定だった為、Kさんのだらしなさや女性に対する考え方など、Aさんから話しを聞き出していきながらKさんとの間で発生していた問題点に対する憎悪を増加させる様に仕向けました。

平静を装っていたAさんは顔色は変えないものの声のトーンが変わり、工作員の話しに耳を傾けている事が分かり、他に狙っている女性の話しという爆弾を投げると完全に顔色が変わり、工作員との会食の場は終わりました。

工作員が話しをした日にAさんから工作員に連絡が入り、Kさんと別れた事を聞かされて別れさせ工作が成功した事例になります。

F様のご依頼で掛かった料金・費用は110万円の着手金+成功報酬35%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

FさんとKさんが別れさせ工作が成功した後に付き合ったかどうかは定かではありませんでしたが、ご依頼中の調査でKさんの情報を提供していた最中にFさんの気持ちも冷めていった事実は残った案件でした。