恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況不倫相手と結婚する為に離婚したい!

夫との離婚を切望するH様は不倫相手との結婚を望んでいた為、離婚の話しを持ち掛けましたが、不倫しているとは言えず、旦那からの『なんで離婚しなきゃいけないの?』という言葉に性格が合わないという以外何も言えなかったとの事でした。
不倫している事が言えないH様にしてみれば旦那はH様にとても尽くしてくれており、H様も離婚を切り出すのはとても心くるしかったとの事でした。
しかし、不倫相手との関係がある以上、離婚しなければ不倫相手からも捨てられてしまう恐怖があり、悩んだ末に別れさせ屋へ依頼する決意をしたとの事でした。

H様が別れさせ屋に関心を持ったのはテレビで別れさせ屋の番組をやっており、費用は決して安くはないけれど要望を叶えられるなら…と一大決心したものの、テレビで見た別れさせ屋に相談したところ、方法に疑問を持つ事が多く、何社か相談した別れさせ屋の1つになる弊社にご依頼を頂く形となりました。
他社では調査や工作に疑問を持ち、何度も繰り返し質問をすると怒りだし、依頼者の不安な気持ちを分かってくれなかったとH様は零していました。
同じ質問を何度もされれば、説明しても聞いて頂けないのなら弊社も相談を打ち切らせて頂くのですが、H様の質問は同じ質問ではなく方法等に対する別々の質問になる為、一つ一つ丁寧に担当者がお答えさせて頂き、結果的にH様は弊社を選んで頂いたとの事でした。

H様と別れさせ工作の方法を打ち合わせさせて頂くと、細かい部分に対する説明が分かり易いと仰って頂いた為、依頼してからも報告等をさせて頂く際に状況を説明する位で打ち合わせという打ち合わせも特に必要なくトントン拍子で事が進みました。
一度だけ対象者である旦那がH様から離婚について話しをされた事を工作員に話し、依頼を頂いてからも離婚の話しをしたのか?を確認する程度でした。

H様に報告する度に状況が進んでいる事を説明するのですがH様は不倫相手との逢瀬に使う時間を対象者に気付かれない様にする為、弊社と連絡をする時間よりも不倫相手と逢瀬をする時間に割いて頂いてました。
対象者が仕事から帰宅すれば弊社と連絡を取る時間を作る訳にもいかず、H様とのやり取りは他の依頼者よりも相当少なかったという印象があります。
別れさせ工作が順調にいっていた為、そこまで頻繁に連絡を取らなくても良かった事もあり、不倫相手と逢瀬を交わし、順調に愛を育みながら家庭では良き妻を演じ、別れさせ工作が成功する時を待つというスタイルでした。

対象者との関係にぎこちなさは出ないものの、対象者からH様に対する愛情が薄れている事をH様から聞いたところ、H様は別れさせ工作の成果を実感していたとの事でした。
少しづつ工作を進めていく内にH様との距離を感じ、弊社が報告をしなくても対象者との関係に溝が出来ている事を実感していた為、安心して報告を待っていたとの事でした。

別れさせ工作も佳境に入る頃には家では食事もせず、H様が起きる前に会社に出勤し、意図的に顔を合せない様にしている対象者の行動をご報告頂きました。
別れさせ工作の成功の定義は依頼を頂く前にH様と取り決めさせて頂いてましたが、対象者から離婚の話しをさせる事になっており、対象者が離婚を口にすればH様は応じるだけなので離婚まであと少しというところで、不倫相手とH様はケンカをしてしまいます。
不倫相手とケンカして対象者とも離婚してしまえばH様が一番望まない結果になってしまう為、不倫相手との関係を修復して頂くまでの間、少し別れさせ工作をストップさせます。

2週間程工作をストップさせた後に不倫相手との関係を修復して頂き、工作再開後、一週間も経たない内に対象者から離婚の話しを切り出されます。
離婚の話しを切り出した対象者と接触した工作員は結婚生活で如何に自分が我慢してH様に尽くして来たかを語りますが、疲れ果てた表情と、どこかスッキリした表情の対象者の顔を見て、離婚に踏み切った対象者と週末で翌日仕事が休みという事もあり、朝まで飲み明かす事となりました。
離婚を切り出されて応じたH様と対象者は無事に離婚し、別れさせ工作が成功した事例になります。