恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域T様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 110万円 成功報酬30%
別れさせたい状況不倫相手に結婚を迫られて別れたい

対象者と別れたい!と考えたT様は妻、子供がいる家庭持ちであり、不倫当初は割り切ったお付き合いをしていたものの、次第に対象者がT様に離婚を勧めて来る事になり、家庭を壊したくないT様は遠回しに対象者との距離を離していきます。
T様が対象者との距離を離すと、対象者は職場に連絡をして来たり、会社の前で待ち伏せする等、ストーカー紛いになっていきます。
対象者の行動に次第に恐怖を感じてきた頃、対象者から『別れたら奥さん達に私たちの事をバラすから!!』と半ば脅迫紛いの事を言われてしまいます。
家庭を壊したくない一心で頭を抱えたT様はどうすれば解決出来るのかをネットで検索し、別れさせ屋の存在を知ります。

ストーカー紛いの状態でT様への愛情が一直線の対象者と別れる為に別れさせ屋に相談しても『別の異性の工作員を接触させて別れさせます!!』という方法ばかりを提案され、自意識過剰ではないけれど、自分への愛情がまっすぐな対象者が別の異性に振り向くとは思えず別の方法で別れる事は出来ないか?と弊社にご相談頂くまで何社も相談したとの事でした。
ハニートラップ以外の方法を提案したのは別れさせ屋の中でも弊社だけだったとの事で、逆に何故ハニートラップを仕掛けて別れさせられるのか?という疑問しかない事をT様に伝えると、T様も同様に考え、別れさせ工作の契約書を交わします。

対象者の趣味嗜好もそうですが、対象者の行動パターンもある程度把握しているT様と何度も打ち合わせを重ねながら接触ポイント等を決定していきます。
調査を省けるほどの情報量があったのですが、工作に時間が掛かる事が予測できた為、工作期間を多めに取り、調査を省く形で別れ工作を進めていきます。
T様と対象者が会っている時にT様の紹介という形で工作員を紹介され、事前に決定したポイントで工作員と対象者を引き合わせます。

あとはT様と打ち合わせた通りに事を進めていき、別れるまでの状況作りをして行く最中に対象者とT様にはケンカをしない様に気を付けて頂きました。
T様と対象者が揉めればT様の家庭に被害が行く可能性が高く、T様には対象者とのケンカは絶対にご法度にして頂き、家族との時間を極力とる様に約束して頂きました。
T様が家族仲を深めている間に対象者との接触を工作員が図り、対象者の本心を聞き出して行きます。

T様の煮え切らない態度や不倫関係である事に揺れる対象者の本心を丁寧に剥き出していくと、対象者はT様の家庭を壊したいのではなく先の不安やT様と交際した期間を無駄にしてしまった事を認める事が出来ない弱さを持っている事が分かります。
T様と結婚したいというよりも、自分だけが辛い想いをして不安を抱えている状態という不満を口にし、対象者の気持ちを理解しないT様に半ば復讐じみた感じで離婚を迫っている事も対象者は口にします。
心底からT様の家庭を壊したい訳ではなく、自分だけが幸せになろうとしているT様の態度に腹を立てていると対象者は零し、対象者に『別の復讐方法があるんじゃないか?』とT様への復讐を別の方法で叶えなければ対象者の心が晴れない事を理解させます。

別の方法に興味を示した対象者は工作員に協力を求め、T様にも報告をして家庭崩壊を防ぐ為の復讐をT様にする旨を事前に伝えます。
ここまでは事前に打ち合わせた通りの内容でしたが、対象者の要求はT様と事前に打ち合わせた事よりも酷い復讐を提案して来た為、対象者を宥めながら対象者の満足感を達成させる復讐を行います。
事前にT様には復讐方法は伝えていた為、不自然にならない様にして頂き、対象者と工作員が復讐を実行するとT様への今までの不満をぶちまけ、T様の元から去る旨を対象者が口にします。

不満を吐き出した対象者と工作員が復讐の打ち上げをし、上機嫌で饒舌に語る対象者の口から『もうあんな奴に未練はない』という言葉が出て来て、T様から対象者に連絡をしても既読スルーになり、今までとは全く違う対象者の態度に後ろ髪を引かれながらも『無事に別れられて良かった』と別れ工作は無事に成功しました。