別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :G 31歳 東京都 対象者①との関係:元恋人
  • 対象者①:H 29歳 東京都
  • 対象者②:U 30歳 東京都

Gさんと付き合っていたHはUさんとも交際しており、元々二股していた事を知っていたけれど、いつかは別れてくれるかもしれない…と期待して2年が経つものの一向に別れる気配がなかったので別れを告げたとの事でした。

別れを告げた時にUと別れるから別れないで欲しいという言葉を期待していたGさんの期待は裏切られ、Hからは約束を守れず申し訳なかった。という言葉を聞かされ、約束を守る気なんてなかったじゃないか!!と怒った時に、何も言い返せる事はないと言われて怒りも冷めてしまいGさんと付き合った時間を返して欲しいと願うようになったとの事でした。

しかし、Gさんと付き合った時間を取り戻す事は出来ないし、Gさんが身を引いた事でHとUが付き合っている事を素直に受け入れづらくもなり、Gが身を引いた事によってUがHを独り占めできるという状況に羨ましくはないけれど悔しさが溢れてきてしまい、なぜ自分だけが損をする役割をしてしまったのか?を考える様になってしまいました。

自分は損している…と考え始めたGさんは失った時間を取り戻す事は出来ない葛藤とGさんが離れた事でHとUが順調に交際している事に怒りを覚えます。

HとUの関係が悪化したところでGさんの怒りは収まらないかもしれないけれど、HとUの関係が悪化しなければ怒りの矛先がなくなり、いつまでも怒りが収まらない状態になってしまうのでGさんは別れさせ屋を探してHとUの関係を悪化させたいと考える様になりました。

G様と面談をさせて頂くとHとUに対する怒りが強く、時間を無駄にしたHへの怒りよりもUが引いていればG様は別れる事はなく、時間を無駄にしなくて済んだと、どちらかと言えばUに対する怒りの方が勝っている印象を受けました。

Hにも怒りはあるものの、愛していた人物だったのでUをターゲットとして別れさせを行いたいという要望を受け、Uをターゲットにして別れさせる方法を提案する事となりました。

Hに何かをしてもHからUに別れを告げるのは考えづらく、UがHに別れようと伝えれば別れるだろうという予測は出来てもどうしてもHからUに別れを告げるのは想像できないとの事でした。

契約書を巻いて着手金のご入金後に着手しましたが、Uを調査していると何故UがHと別れないのかが分かります。

Uは対外的には見栄を張るタイプでHは高収入、高学歴、一流企業に勤めていて彼氏や結婚相手としては大人気となる理由がありました。

Uを調査していると女性同士だと見栄を張り、成功した人という印象を与える様に振る舞います。

成功した人と付き合っている事がステータスであり、そのステータスがあるので別れないならステータスを壊すか、より良いステータスを与えるかという方法が求められます。

Uを調査して分かった事なのでUに工作員を接触させて直接UからHのステータスの話しを聞き出すと共に、Hのステータスはそこまで高くないという印象を与える様にしていきました。

最初の内は人間関係も浅く、踏み込んだ話が出来なかったのですが、工作員がUと人間関係を築いてからはUはHと付き合う事が少し恥ずかしくなって来たようで、工作員の交際相手や知人を紹介してもらいたいと言ってきました。

男性をステータスとして見ている女性にありがちな、より良い男性との出会いを求める女性であり、よりステータスの高い男性を求めるUを目移りさせ、Hとの交際を少し蔑ろにする方法が工作員の紹介した男性のお陰で見事にハマりました。

工作員が紹介した男性はHよりもステータスが高い男性であり、その男性は工作員ではなく工作員のプライベートの知人の為、工作員が工作員の仕事をしている事も知らないステータスの高い男性は普通にUを見て気に入り、Uを口説く流れになりました。

ステータスに惹かれる女性を利用してターゲットよりも高ステータスの男性を接触させる事でHのステータスが実はあまり大した事がないのでは?と考えさせる事に成功します。

Uは自分はもっと上の男性とお近付きになれると感じた様でHへの対応も雑になり、Hへの対応が雑になったのでHからUへの対応も雑になったとの事でした。

2人の関係がギクシャクしだしたのはHからG様に連絡が入った時に復縁したそうな感じの話しをして来たので気付き、工作員が再度Uに接触して話しを聞くと関係がギクシャクし、Uは工作員が紹介した人物と良い関係になっているとの事でHはG様に細かく連絡し、Uは工作員の知人男性と連絡をし、2人の気持ちが冷めた事に気付いたところで双方の秘密を暴露する形が取れてケンカになり、別れる形になった別れさせ屋工作の成功事例になります。

G様のご依頼で掛かった料金・費用は110万円の着手金+成功報酬45%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

G様の協力もあって別れさせが成功した事例になりますが、Hからアプローチを受けたG様はHとの復縁を断り、復讐も兼ねる事が出来た別れさせ屋工作になりました。