恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況元夫と復縁を望む為に彼女を別れさせたい!

M様から頂いたご相談は元夫との再婚を目指している状態で、元夫に彼女が出来た為、子供の事を考えても彼女を別れさせて再婚までこぎつけたいとの事でした。
対象者となる元夫とは離婚してからも子供の件で連絡を取っていたものの、M様の不倫が発覚してしまった為、対象者は再婚を全く考えて下さらない様でしたが、時間を掛けてでも再婚したいと考え、彼女がいるなら別れさせて結婚するのを妨害したいとの事でした。
対象者が結婚してしまえばM様との再婚は確実になくなります。

不倫した自分の所為で子供と父親を離してしまった事に責任を感じていた為、子供の為にも再婚したいと考えていたのですが対象者に彼女が出来てしまい、再婚の可能性が彼女がいる前よりも低下した為、焦りを感じて別れさせたいと思った様でした。
別れさせ屋の存在を知ったM様は片っ端から相談し、対象者との別れさせはもちろんですが、復縁の協力をしてもらえる業者を求めて弊社にご依頼頂く事になりました。
別れさせる為に方法をM様なりに考えて頂いたもの全て目を通させて頂きましたが、どれも漫画の世界の様な非現実的な方法ばかりになり、現実的にはとても厳しい方法ばかりを考えた様でした。

別れさせ工作の方法を提案させて頂き、現実に即した形で別れさせる方法を説明すると担当者の説明でイメージが出来た様で、面談後スグに契約の申し出があり、契約書を交わします。
別れさせる為に必要な情報をM様から頂き、対象者への接触を試みます。
ほぼ同棲状態だった為、彼女と行動する事が多く、接触方法は打ち合わせを重ねて対象者に合せた方法を試みます。
対象者への接触は2度程失敗したものの3度目の接触で成功し、工作員を接触させた後にM様と打ち合わせを行い、別れさせる方法の細部を煮詰めます。

別れさせ工作を行っている内に、M様との復縁はとても厳しい事が分かった事を途中過程で報告させて頂きます。
対象者に不倫がバレた後にM様は逆ギレを繰り返し、大きな声で泣き喚いたり、不倫したのは対象者の所為だと言っていた事等、対象者は根強く残っており、M様から連絡が来る度に苛立ちを隠せず、自分のした事を棚に上げて何事もなかったかのように振る舞う姿は離婚後も怒りを増幅させていたとの事でした。
M様に報告をした際に、M様は『そんな事したのかな…?記憶にないです』と仰います。

記憶にないという姿勢が対象者の怒りに油を注ぐ事になっているのですが、M様は自覚がなく、『とりあえず別れさせて欲しい』と口にします。
工作自体は順調ですが、担当者の士気が下がった事は言うまでもありませんが、それでも別れさせる為に工作員の接触を繰り返し、彼女との関係を少しづつ破局に向かわせます。
別れさせ工作が終盤に入り、別れさせ工作の成功が見えて来た時に『復縁は難しいですかね?』と相談を受けますが、少なくとも自分のした事に対して反省も何もなければ復縁は難しい事を伝え、別れさせ工作を成功させる結果が出ました。

対象者と彼女は結婚を意識していたものの、結婚感が異なり、揉める事となり別れさせる事に繋がりましたが、彼女と別れる対象者は『私は結婚に向いてないんだろうな…』と工作員にこぼしました。
異性の気持ちが分からないと嘆く対象者を慰める為に工作員は別れさせ工作が成功した後も少しの間、対象者と交流を交わしますが、その間もM様の話しが何度も出ましたが、M様だけは永遠に許せないと繰り返していた為、別れさせ工作は成功しても復縁の可能性は完全に消えていた成功事例になります。