別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :K 28歳 東京都 対象者①との関係:元恋人
  • 対象者①:F 30歳 東京都
  • 対象者②:D 30歳 東京都

Fさんと付き合っていたKさんはDさんの存在を知らずに交際していました。

Kさんと付き合ってる時にDさんと付き合ったのか、Dさんと付き合っていた時にKさんと付き合ったのか、Fさんの女性遍歴は分からず、KさんはDさんの存在を知った時に浮気されていた事をFさんに問い詰め、FさんはDさんと別れるのではなくKさんと別れる選択をされ、Kさんはショックを受けてしまいます。

FはKさんを選んでくれると思っていたのでDさんの事を問い詰めればDさんと別れて、Fさんとの交際もマウントを取れる算段をしていたのですが、元々女性遊びに慣れていた感じを受けたFさんには通じず、別れを告げられてからDさんと別れて復縁して欲しいと伝えても応じてくれず、別れてもまだ付き合いたいなら浮気相手かセフレになるよ。とまで言われてしまい、Kさんはセフレや浮気相手という立場に甘んじるのがプライドが許さず泣く泣く別れなければならなくなりました。

しかし、一度別れを決めたものの、Fさんを想う気持ちを失くせないKさんはDさんと別れればKさんとの復縁もセフレや浮気相手としてではなく可能ではないか?と考え、別れさせ屋に頼る決意をしたとの事でした。

Dさんがいるからセフレや浮気相手ならと言われてるのでDさんがいなければセフレや浮気相手にならず、タイミングをみて復縁を申し入れれば受け入れてくれるのでは?というシンプルな考えで依頼を頂く事となりました。

K様と面談をさせて頂くとDの存在がFとK様との関係を悪くしたという考えが取れず、Dに負けたのが気に入らないK様という印象を受けましたが話しをよくよく聞いてるとプライドが高いのは感じるところでしたがFの事を本当に好きでどうしてもFと結婚したい、自分だけを見て欲しいという気持ちが強く、Fへの愛情を強く感じました。

FとDを別れさせる為にどんな方法が適切なのかをK様から頂く情報を元に提案させて頂きました。

K様とDを比較してDを選んだ理由は何なのか?DとFとの関係は盤石なのか?K様の事はFにバレていないのか?等、様々な角度から検証し、Fの性格分析やFの好みの女性のタイプからDの性格のプロファイリングも行い、K様の望む形に繋がる方法をご提案させて頂きました。

K様の望む方法とはDとFを別れさせるだけではなく、FにDとK様を比較してもらってDよりもK様の方が女性としての魅力があると感じさせる方法になりました。

女性に対する認識が女性を侮辱しているとプロファイリングの結果で判断出来たからこそ使える方法になりましたが、K様は満足いく提案をして頂けました。

提案した方法を実行に移す契約を交わし、FとDの調査から開始します。

プロファイリング通りの人間像なのかを確認する調査を行っているとFはK様から伺った人間像そのままで、Dに関しては若干の違いはありましたがK様の情報通りの女性という認識が持てたので工作員をDに接触させてDの女性としての欠点をFに知らしめる様に仕向けていきました。

Dの女性としての欠点をFは長所として捉えていた為、K様と比較された時にDを魅力的な女性として認識していた可能性が強く、Fにも工作員を接触させて話しを聞き出したところ、プロファイリングした内容は正しく、プロファイリング通りに合わせた方法を進める形となりました。

欠点を長所として認識している方に欠点を欠点だと認識させるからこそ欠点を意識させる方法になり、ターゲットの心理状態を把握していなければ誘導しようがありません。

Dの長所を短所として見せる為にはFと関係を作りながらDを褒めながらFの懐に入れる状態を作らなければなりません。

誘導の仕方次第でFがDを見る目を変える事は可能ですが、その為には人間関係の構築が求められ、Fとの人間関係の構築と共にDの欠点を大きくして長所として受け入れられない様に仕向ける必要がありました。

Fの気持ちを誘導しながらDの欠点を大きくしていく事でFのDを見る目が少しづつ変わり、女性として今後結婚までを視野に入れた時にDとの交際は正しいのか?を工作員に相談する形を取らせる事に成功し、先々の事を考えてDの欠点は結婚には不向きであるという判断を取り、遊ぶ女性としてはいいけれど本気で付き合う女性ではないと判断させる事にも成功しました。

K様から少し時間を空けてFに連絡を取らせてFが女性比較でDとK様を比較した時に結婚した時にどっちが理想的な奥さんになるか?を考えさせる事も上手く成功したので、更にDへの気持ちを冷めさせる事に成功し、K様にFから伝えたセフレや浮気相手としてならDと付き合っても良いという言葉をDに言う結果となり、別れさせ屋工作は成功した事例になります。

K様のご依頼で掛かった料金・費用は130万円の着手金+成功報酬35%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

K様が復縁し易い状況も加味した別れさせ屋工作でしたが、K様とFが復縁したかどうかの報告は受けていません。