別れさせ工作
登場人物

依頼者 :Nさん 未婚30代男性 東京

対象者①:Sさん 未婚30代女性 東京

対象者②:Aさん 未婚30代男性 東京

共同経営をしているSさんへの好意を持ってしまい、SさんとAさんを別れさせてSさんと付き合いたいというNさんはSさんからAさんの愚痴を仕事中に多々聞いてしまい、好意を持って一度体の関係を持ってしまった為に、更にSさんへの好意が溢れてしまい、どうしてもSさんとAさんを別れさせて付き合いたいと考える様になってしまいました。

SさんとAさんは飲み屋で知り合い、付き合って2~3ヶ月で、Sさんが勤めているお店についてはAさんには秘密にしていた事をNさんは知っていました。

しかし、共同経営で仕事をしている事がAさんにバレてしまい、そのお店が風俗店であった為、Aさんからはお店を辞めて欲しいと懇願され、SさんはAさんとの交際を取る為にお店を辞める事になり、共同経営で立ち上げたお店はAさんの存在で解体寸前にまでなってしまいました。

売り上げも安定してきて店舗も拡大して来た時の事なので、2店舗を見てもらっているSさんが辞めると売り上げにも響く事になり、悩みに悩み抜いた末に別れさせる事を考え、同時にSさんと付き合えれば尚更2人で協力し合えるしベストの選択だと考えたようで別れさせ屋に依頼する決断をしたとの事でした。

SさんがAさんとの交際を求める為にお店を辞める事を聞いた風俗嬢からは引き留める様に説得したけどダメだったと話しを聞いていた為、プロの力を借りてでもSさんを別れさせて経営しているお店に引き留めなければならないと考えたとの事でした。

Aさんの嫉妬深さをSさんから聞いている為、ハニートラップを仕掛ければ別れさせが成功し、お店に留意するのも想定出来るとの事でしたが全ての情報源がSさんからの情報なだけにAさんに関する情報はほとんどなく、情報量が少ない為、本当にハニートラップを仕掛ければ別れるのか?という自信はないけれど、風俗を経営しているNさんにしてみれば男なんて皆同じ様なもの…という認識を持っていたようで、女性が男性に声を掛ければイチコロで引っ掛かり、簡単に浮気するものという認識の為、ハニートラップを決行して欲しいとしてご依頼を頂く事となりました。

料金

Nさんの別れさせ工作の料金は110万円の着手金+成功報酬20%で承り、別れさせ工作は成功致しました。

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント