別れさせ工作
別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :R 29歳 東京都 対象者①との関係:元彼
  • 対象者①:K 30歳 東京都
  • 対象者②:J 29歳 東京都

付き合っていた彼女と仲の良い友人と3人で一緒に遊ぶ機会が多く、僕と友人は趣味が同じで昔から気が合っていました。

2年前に趣味が講じて付き合った彼女を友人に紹介して3人で遊ぶ機会が増えたんですけど、3人で遊んでいる内にいつの間にか彼女と友達が仲良くなっていて、ある日彼女から好きな人が出来たから別れて欲しいと言われた時に友人と付き合っている事を話してくれて彼女と友達を同時に失う結果になってしまいました。

彼女を失うだけならまだしも友人も失う結果になってしまい、彼女からは友人とは仲良くして欲しいけど、私はあなたとはもう連絡しないと言われてしまい、素直に受け入れる事が出来ず、彼女を取り戻したい気持ちと友人への恨みがあってどうしても元カノと友人を別れさせたいと思う様になってしまいました。

最初の内は友人と遊んでいるだけで仕方ないと我慢しようと思っていたけど、友人と遊んでいる内に彼女から友人に連絡が入る事もあり、我慢できない自分に気付いてしまいました。

彼女とは連絡をしても既読スルーになってしまいますし、友人と彼女の関係を別れさせてもう一度彼女と付き合えるようになりたいのでお力添えを頂きたいと思っています。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様からお話をお伺いさせて頂きましたが、依頼者様が別れさせたい!と怒りを感じる理由は大変良く伝わりました。※参考記事:どうしても別れさせたい!と真剣に別れさせ屋の利用を考えている方へ

信用していた友人と彼女に裏切られた依頼者様にしてみれば彼女や友人が幸せに暮らしている事が許せないとの事でした。

面談をさせて頂き、依頼者様のお話を聞いているとお力添えになりたいと別れさせ屋としても思うほど、依頼者様が苦しんでいるのも分かり、別れさせ屋工作の依頼を承る事となりました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

対象者①の情報も対象者②の情報も元カノであり、友人である事からも依頼者様のお持ちの情報はとても多く、依頼者様自身もどうやって別れさせるか?をご自身で考えてから弊社にご相談頂いたのですが、どうしても依頼者様の考えた方法を実行に移すには人員が足りないので誰かの手を借りなければ実行に移せない!と別れさせ屋を頼らざるを得ない状況でした。

他社にも何社か相談したものの、他社が提案した方法は彼女にハニートラップを仕掛ける方法であったり、友人にハニートラップを仕掛ける方法であったりと、ハニートラップに元々疑問を持っていた依頼者様は対象者①や対象者②の性格も分かっている事からどうしても他社が提案した方法に納得がいかず、ハニートラップを別れさせ屋業界の中で唯一否定する弊社へのご依頼を検討していたとの事でした。※参考記事:別れさせ屋がハニートラップの方法しか提案出来なければ依頼は成功しない

依頼者様の持ち寄ったシナリオに沿った方法で別れさせ屋工作を進める事になりましたが、プロとして穴がある部分を指摘し、依頼者様のシナリオ修正を行いながら、実際にその方法が可能かどうかの調査から開始させて頂く事となりました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作のシナリオを持ち込みされる方へ

依頼者様にとって対象者①と対象者②の交際は少しでも早い段階で別れさせたい!と考えている事もあり、持ち込んだシナリオは粗い方法が入り込んでいたので事前調査でその方法が成功するのか?を確認し、少しでも成功率を上げる為の最善手を提案させて頂く事になり、別れさせ屋工作の着手金が確認された当日から調査員を派遣し、シナリオ通りに行くかどうかの確認作業が開始されました。

調査員が依頼者様の情報を元に調査を開始し、対象者①と対象者②の調査を行っていると、対象者①と対象者②は依頼者様の情報通りの動きを見せ、性格などのプロファイリングをする為の情報収集も同時進行でさせて頂ける様になりました。※参考記事:工作を成功させるカギとなる心理分析やプロファイリングとは?

プロファイリングを行う事で依頼者様のシナリオを修正しながら進めていく事が出来、工作員を対象者②に接触させて依頼者様の情報を利用した形で連絡先の交換に漕ぎつけました。※参考記事:別れさせ屋が接触方法や連絡先の交換だけを意識する方に注意を促します。

連絡先の交換まではシナリオ通りに進んでいき、依頼者様と対象者①と対象者②で遊んでいた頃の状況を工作員が依頼者様の代わりとなって入り込む事を狙い、見事に成功したので人間関係の構築を意識して進めていきました。

対象者②と工作員の関係を見ている対象者①という構図を作り出し、対象者①の対象者②への不満を噴出させる様に誘導していく形を取り、3人でいたけれど楽しかったのは依頼者様の存在の大きさがあった事を対象者①に植え付ける様に工作員が対象者②には気遣うけれど対象者①には気遣いをあまり出来ない存在としてアピールしていきました。

対象者①にしてみれば対象者②と仲の良い事は仕方ないけれど、それを理由に対象者①に対してあまり気に留めない様に行動するのは違うものだというケンカの理由を作り出す事に成功し、依頼者様の描いたシナリオ通りに対象者②と対象者①の関係が悪くなっている事を工作員が気付き、そのタイミングで対象者①に依頼者様が連絡を入れて、対象者①と依頼者様が愚痴を聞ける関係に持って行く事にも成功しました。

連絡さえ対象者①と再開出来れば依頼者様は対象者①を取り戻せる自信があるとの事でしたが、単純に連絡を取り合うだけでは対象者②との別れさせに進むとは限らず、その段階で対象者①へ工作員を接触させる形になり、対象者①に女性工作員を接触させたことがキッカケとなり、依頼者様と対象者①との連絡頻度が上がって来る事を見越して依頼者様が対象者①にアプローチを掛けて頂きました。

対象者②と工作員が仲良くなった事で対象者①は時間を持て余して対象者②と会う時間が少しづつ減っていきます。

対象者①の不満は依頼者様と女性工作員が聞き、対象者②は工作員と会う機会が増えたのでターゲット2人の関係は少しづつ距離が出来てくる事を対象者に接触させている工作員双方から報告があがり、依頼者様の思惑通りの展開となってきました。※参考記事:別れさせ屋工作の成功事例:常に一緒にいるターゲット2人を別れさせたい

対象者②と工作員が趣味の話しで盛り上がり、聖地巡礼等を工作員と対象者②が繰り返していると対象者②としては対象者①を蔑ろにしていない状態だと思っていても対象者①からしてみれば面白くない事になり、表立ったケンカはないものの距離が離れていき、対象者②の性格もあまり他人への気遣いが出来るタイプとは言えない為、対象者①の不満を汲み取る事が出来ず、自分のやりたいように行動している対象者②の行動に不満を抱いた対象者①と依頼者様がホテルで会う事が出来、体の関係を築く事に成功しました。

依頼者様と対象者①との関係を知らないままの対象者②は少しづつ対象者①からの返信などが少なくなって来た事に気付き、対象者①の心境の変化に気付いた時には工作員に対象者①が最近冷たいけれどマンネリ化しているだけだと思う!と対象者①の変化には気付いていながらも対象者①への対応はおざなりのままでした。

依頼者様と対象者①の関係が深くなればなるほど対象者②との関係は疎遠になっていき、対象者②に工作員から『最近彼女と会ってるのか?』という確認をしたところ、対象者②からは『もう自然消滅で別れたと思う。』という返答が来ました。

依頼者様が対象者①に対して『もう対象者②とは会わないで欲しい。』と要望を伝えると、対象者①からは『もう私達は付き合ってないと思うよ。』という返事が来たので、対象者2人がいつの間にか別れていた事に気付いた別れさせ屋工作の成功事例になります。

別れさせ屋工作の料金

R様のご依頼で掛かった料金・費用は90万円の着手金+成功報酬40%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。※調査で潜入した経費などは別途 ※料金・費用はこちらを参照ください

対象者①と対象者②の性格をよく知っていた依頼者様の情報量の多さと、依頼者様の描いたシナリオが完璧にハマった別れさせ屋工作だった為、別れさせ屋としてはどこか物足りない形の案件でした。

成功する事が第一なので不満がある訳ではありませんでしたが、プロとしての見せ場を作る機会もなく素人の依頼者様のシナリオ通りに進んだことで物足りなさを感じ、素人の中にも凄い方がいらっしゃるのだなと感じた案件でした。※参考記事:別れさせ屋工作の成功事例や失敗事例

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント