別れさせ工作
別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :Y 32歳 東京都 対象者①との関係:元彼
  • 対象者①:U 31歳 東京都
  • 対象者②:K 32歳 東京都

彼女から別れようと言われて少し縋ったりもしましたけど、復縁する為にあまりしつこく縋らない様にして、僕の何がいけなかったのかを別れ話で聞いて、僕なりにキレイに別れたと思ってました。

別れ話の時に彼女から言われたところを、僕なりに直してから復縁して欲しいと伝えるつもりだったし、彼女も僕の事を嫌いじゃないから別れても友達でいようと言ってくれて、別れた時は復縁の可能性があると思ってました。

僕の変わったところを見せようとして、彼女にlineも送ってやり取りも普通に返って来てたんですけど、会うのだけは別れたから会わないと頑なに断られていましたけど、このまま頑張ってれば彼女も寂しくなって僕と会いたいと思ってくれると思ってたので、無理に誘ったりもせず、気持ちが落ち着いたら会おうっていう話しになって、復縁する為に頑張ってました。

彼女とやり取りしてて、彼女の方から会おうって言ってくれて、これは思ってた通り復縁のチャンスが来た!!って思ったんです。

彼女と3カ月ぶりに会うと、彼女は僕と付き合ってる時よりもキレイになってたので、彼女に『前よりキレイになったけど付き合ってる人でも出来た?』って冗談で言ったら、話しの流れで彼女が僕と付き合ってる時から他に付き合ってる人がいて、今はその人と本気で結婚を考える様になったから会うのも連絡するのも最後にしたいって言われました。

頭の中が追い付かなくて、僕と付き合ってる時に本命がいて、僕が浮気相手だった事とか、別れ話しをした時に聞いた話しって嘘だったの!?と思って、彼女と付き合ってた時が何だったのか分からなくなって…

このまま彼女が他の男と結婚するとか笑って祝福できなくて、やれる事をやって彼女を振り向かせるチャンスが欲しくて別れさせ屋を探して相談させてもらいました。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様からお話をお伺いさせて頂いてると、付き合っていた当時は浮気してる素振りも全くなく、依頼者様との交際はとても順調にいってると思っていたとの事で、別れ話しの内容も嫌いじゃないという言葉や依頼者様の悪いところを指摘してくれるなど、復縁の可能性があるような思わせぶりな別れ方で、その後の復縁活動も彼女と復縁できる見込みがあって努力出来ていたという依頼者様の言葉の通り、復縁の見込みを残すような接し方など、結果依頼者様を苦しめる事になってしまいましたが、対象者①も決して悪気があってした訳ではないと思いたいとの事で、依頼者様もどれが本当の彼女なのか分からなくなっていたとの事でした。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

対象者①から結婚したい男性がいるという情報は得たものの、その男性の情報はほぼ皆無で、依頼者様と付き合ってる時に、そういった痕跡は全く見えず、どんな男性なのか?という情報がないまま別れさせ屋工作の方法を提案しなければならなくなり、情報がないまま別れさせ屋工作の方法をご提案させて頂いても、その方法を実行に移す事は殆どない事を伝え、別れさせ屋工作を実行に移す為の事前調査をシッカリと行い、情報収集が先決である事をお伝えさせて頂きました。

契約書の作成と着手金の入金後、対象者①を調査して対象者②を特定させるように稼働し、対象者②の特定を優先させ、対象者②を特定して調査した後に、どちらの対象者に接触して別れさせ屋工作を進めていくか?をご提案させて頂く事となりました。※参考記事:ターゲットの詳しい情報を別れさせ屋は浮気調査の探偵よりも聞き出せてしまいます。

対象者①は依頼者様の話しではハニートラップに引っ掛かるタイプではなく、ハニートラップに引っ掛かる女性なら依頼者様も別れさせ屋に依頼してまで復縁するチャンスが欲しいとは思わないとの事でしたが、実際に依頼者様は対象者①からすれば浮気相手となっており、ハニートラップに引っ掛かる要素はあるものの、性格をお伺いさせて頂き、プロファイリングしたところ、浮気するまでに時間が掛かる事や、何かしらの問題が発生しなければ浮気する事は考え辛い事から、ハニートラップに引っ掛かる可能性はとても低いと考え、ハニートラップ以外の別れさせ屋工作を進める事を依頼者様とお話しさせて頂きました。※参考記事:別れさせ屋がハニートラップの方法しか提案出来なければ依頼は成功しない

調査をしていると対象者②が特定され、自宅住所の判明や名前が分かり、その後の行動調査で6回ほど尾行と張り込みを繰り返していくと、会社や仕事の他にも交友関係や行きつけのお店等が特定されていき、生活スタイルもある程度分かった上で集めた情報を分析班に回し、現場調査とは別にネット情報の収集も行い、対象者②の人物像について絞り込む事が出来、対象者②と対象者①のどちらに接触するかを依頼者様と打ち合わせさせて頂きながら別れさせ屋工作の方法を練り込んでいきました。※参考記事:表に登場しない【裏方】が別れさせ屋工作や復縁屋工作の成功率を上げます。

対象者②への接触場所として選んだのは対象者②の会社になり、対象者②の会社に外部の会社を利用して接近し、対象者②へと接触する方法を取りました。

仕事の関係で縁を持てば対象者②も無視など出来なくなる利点がありますが、仕事の業務以外の連れ出しや連絡の取り方を工夫しなければ別れさせ屋工作が先に進まない方法でもあります。

その為、工作員の技術が求められるモノであり、技術がない工作員ですと、この方法で接触しようとしても連絡先の入手は出来ても、それ以上の関係に広がる事はなく、対象者との関係が築けないまま契約期間が終わってしまう事や、ましてや稼働回数制の別れさせ屋には別れさせ屋工作の技術がないので、真似が出来ない方法となっていました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の工作員の接触に必要な能力や技術について解説

対象者②への接触を託された工作員は外部会社を利用して対象者②に接触し、商品の売り込み営業をしながら外部会社の利益も確保する様に話しを進めていったので、不自然な形での話しの進み方にはならず、対象者②の会社にも利益を与える様な話しになっているので、お互いにwin-winの関係が成立し、商談成立後に対象者②と打ち上げに行く約束を取り付ける事に成功し、対象者②との関係を深める事に成功しました。

対象者②から話しを聞き出していくと、結婚を考えている女性がいて、今抱えている大きな仕事が終わったら一旦落ち着くのでプロポーズをする予定との事で、もちろん結婚を考えている女性とは対象者①の事であり、大きな仕事が終わってしまったらプロポーズされてしまう事から時間の制限も出来てしまい、早目に関係を崩さなければ別れさせ屋工作が失敗してしまう事も考えられました。※参考記事:別れさせ屋工作の方法を調査から心理誘導まで解説しています。

その為に依頼者様と打ち合わせさせて頂いた方法が、対象者②の大きな仕事が終わらなければプロポーズ出来ないなら、大きな仕事が失敗すればプロポーズ出来ないという単純な方法で、仕事に対するストレスを与えながらプライベートを侵害させる方法を実行に移す事となりました。※参考記事:復縁屋工作の成功事例:プロポーズが遅れたので別れを告げられたけど復縁したい

対象者②の仕事が上手く回らないように足を引っ張り、対象者①との関係を聞いていくと、忙し過ぎて放置気味だという返答が来たので、二人の関係にヒビが入っている可能性を計算に入れながら対象者①へ女性工作員を接触させ、男性の仕事への理解に対する考え方を問題を起こすように心理誘導していきました。

男性の仕事への理解は出来ているものの、それと放置状態にされる事は話しが別という、女性工作員の心理誘導に乗り、女性工作員への愚痴が止まらなくなって来た対象者①は工作員には何も知らないところで依頼者様に連絡をしており、依頼者様から担当者に報告の連絡が入り、依頼者様と対象者①がデートを重ねてホテルに行くところを写真に収めておき、いつでも対象者②に暴露出来る情報の入手も同時に行っておきました。※参考記事:別れさせ屋工作の成功事例:キャバクラで働いている事を暴露して別れさせたい

対象者②にいつでも暴露する情報を持ちながら、仕事が終わらないストレスを与え続けて、対象者②と会えないストレスを溜めた対象者①が対象者②に怒りをぶつけてくれた事を女性工作員が聞き出し、別れを勧める様に誘導していくと仕事のストレスを抱え込んだ対象者②から別れを決断する言葉が出た様で、依頼者様に対象者①が泣きついて来て、別れを告げられて、もう戻る気はないから一晩一緒にいて欲しい。という話しをされ、別れさせ屋工作が成功した事例になります。

別れさせ屋工作の料金

Y様のご依頼で掛かった料金・費用は160万円の着手金+成功報酬30%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。※調査で潜入した経費などは別途 ※料金・費用はこちらを参照ください

対象者②の仕事の忙しさが功を奏し、依頼者様のご依頼頂いたタイミングも手伝って、色んなものがタイミングよく回って成功した別れさせ屋工作の成功事例になり、少しでも別れさせ屋工作のご依頼を承るのが遅かったら間に合わずに結婚してしまったかもしれない案件でした。※参考記事:別れさせ屋工作の成功事例や失敗事例

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント