別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :S 33歳 東京都 対象者①との関係:元彼
  • 対象者①:K 30歳 東京都
  • 対象者②:T 31歳 東京都

彼女に好きな人が出来たから別れて欲しいと言われてしまい、納得が出来ないので彼女を問い詰めました。

彼女は私と付き合っている間にそいつと実は付き合っていて二股してる期間が1か月くらいあってそいつを選んだようでした。

彼女から話しを聞いているとそいつは私の知人の後輩で、知人にそいつの事を聞いたらあまり評判が良くないようで、彼女にもその事を伝えて別れさせようとしました。

ですが、彼女からはそいつはそんなに悪い人じゃないと言われてしまって、そいつの事を悪く言った私の方が『なんでそんなに私が好きになった人の事を悪く言うの?』と悪者にされてしまいました。

そいつの本性を彼女に伝えれば彼女は別れるかもしれない…と思った私の考えが浅はかだったのもありますが、私が彼女に言った一言のせいで彼女は私の言葉に耳を傾ける事がなくなってしまいました。

浮気されていた事も悔しいし、彼女の事を好きだったから本気で幸せにしようと思ってたのに横から表れた奴に彼女を取られてしまった気分です…

知人にも協力してもらおうと思いましたが、知人はそいつにあまり関りたくないと言われてしまいどうすれば別れさせられるのか分からなくなりました。

一度探偵に相談したら浮気されてるのが嫌なら別れた方がいいって言われてしまってなんで私が別れないといけないのか分からなくて…

どうしても彼女とまたよりを戻して結婚したいと思っています。

彼女を取り戻す為に力を貸して下さい。

依頼者様からご依頼頂きましたが初めて相談頂いた時に依頼者様が彼女やTに対してやってしまった事で別れさせの難易度をあげてしまった事には気付いていらっしゃいました。

依頼者様が口を挟んだ結果、2人の関係は強固なものになってしまい、別れさせるのが困難な状況を自ら作り出して依頼者様ではどうにもならなくなってからご依頼頂く事となりました。

依頼者様が口を挟んだことで対象者①と対象者②の関係性がどう変わったのか?のかをまずは調査する事から始め、対象者①と対象者②の距離感を図る行動調査を開始しました。

依頼者様と交際時から対象者①と対象者②は付き合っていた事が分かっていた為、依頼者様の存在があったから2人は盛り上がったのか、依頼者様の存在がなくても2人の盛り上がりは収まらないのかを調査していき、行動調査を行っていくと対象者①と対象者②の関係性の深さを垣間見えます。

対象者①と対象者②は休日もほとんど一緒におり、会社帰りもほとんど電話しながら帰宅している姿が分かり、依頼者様の存在がいなくなった事で堂々と交際出来る状況に2人共に気持ちが盛り上がっており、付け入る隙がありませんでした。

対象者①と対象者②が一緒にいるタイミングで接触する以外に方法はなく、カップルを装った工作員2人が対象者①と対象者②が一緒によく行くお店で口喧嘩をします。

対象者①と対象者②にケンカで揉めた工作員カップルの姿を印象付け、後日仲直りしている姿も見せる事で工作員カップルの印象を与えた後に対象者①と対象者②への接触を試みました。

対象者①と対象者②とカップル接触を行う為にお店の店員も利用し、常連感を出し、2人に接触した後は4人で遊べる環境を作っていきました。

人間関係を構築していくと対象者①と対象者②から工作員カップルがケンカしていた時の事を聞かれ、対象者①と対象者②に交際の仕方についての自論を展開させる様に誘導していきました。

いつもずっと一緒にいるのを望む対象者②といつも一緒は最初だけしか持たないという自論が双方から出て来たので、その場では双方の自論に賛同し、『元々考え方が合わない2人だから上手くいくんだね。』と2人の関係について称賛しました。

しかし、その事がキッカケで付き合い方について考えさせる為の一石を投じる事が出来、お互いの自論の違いから別の自論の違いを引き出していく様に会話を進めていくと考え方があまりにも違う事やどちらかが我慢した付き合い方をしている事に対象者①も対象者②も気付き、双方の意見がぶつかる場となり、工作員カップルが一度ケンカをして仲良くなった時を思い出させ、無理矢理その場は抑える様に話しを持って行くと、2人は納得はしてないけれど場の雰囲気を壊さない様にしてくれたのでストレスを溜めさせる事に成功しました。

目の前でケンカした事で対象者②が工作員カップルに対して不快な想いをさせてしまい申し訳ないという連絡が入り、対象者②と男性工作員が2人で会う事に繋がりました。

対象者②と会った時に対象者①への不満を愚痴り出し、その愚痴を聞いている工作員と話している事で対象者②は不満を対象者①にぶつける決意をしたようで、居酒屋を後にする時には『シッカリと思ってる事を言った方が良いよね?』と工作員に背中を後押ししてもらうようにお願いしてきました。

工作員が対象者②の背中を押す様な言葉を発し、対象者②が対象者①に思いの丈を喋ったであろう翌日、対象者①から男性工作員に『何を対象者②に言ったんですか?』という連絡が入り、対象者②が前から思っている事を言う。と行っていた事を伝えると対象者②の本心をぶつけられた対象者①は『元彼が言ってたように対象者②は性格が悪い。』と言い出し、対象者①から依頼者様に連絡が入り、『本当に性格が悪いかもしれない。』という言葉に依頼者様が対象者①の背中を押す様な形で別れを決意して対象者②に別れを告げた別れさせ屋工作の成功事例になります。

S様のご依頼で掛かった料金・費用は100万円の着手金+成功報酬30%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

依頼者様が状況を悪化させてしまい、2人が常に一緒にいる様な状態の為、接触段階から苦労した案件でしたが、所詮浮気から始まった関係であり、依頼者様の存在があったからこそ盛り上がった関係なので別れる為の亀裂に関しては簡単に入れる事が出来た案件でした。