別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :U 30歳 東京都 対象者①との関係:彼女
  • 対象者①:F 35歳 東京都
  • 対象者②:G 26歳 東京都

彼は俗にいうハイスペックな男性で彼と結婚したら生活に不自由しないと思って安心していました。

彼との生活には何も不自由がないし、彼が成功したのは私の支えがあるからだと思ってたので彼が私を裏切る事はないと思っていました。

収入が増えて彼の生活も変わっていって、少しづつすれ違いがあったのは分かるけど、どこかで彼は私とは別れられない…と甘えてた部分もあって彼が遊びに行っても気にしないで付き合っていて遊びの女は遊びの女って割り切って遊んでると思ってたからキャバ嬢と付き合いたいから別れてくれって言われた時は言ってる意味が本当に分からなくて彼に何度も確認したけど気持ちは変わらないって言われてしまいました。

遊びの女に本気になるなんておかしい!!って彼を引き留めて、まだ別れないで済んでるけど、彼は私と住んでいた家に帰って来ないし一人でいる時間、私の中ではまだ別れてないけど、彼の中では別れた事にされているかもしれなくて、今は彼女って思ってるけど堂々と彼女だって言える頃に戻りたくてキャバ嬢を別れさせたくて別れさせ屋を探しました。

彼と別れたら私の人生計画も狂ってしまいますし、彼の代わりになる男性が私の周りにいないので彼とどうしても復縁したいと思っています。

彼がハマってるキャバ嬢とキャバ嬢が本気で彼と付き合おうとしてるかは分からないんですけど、今のところは同棲とかもしてないみたいだし、キャバ嬢が本気になる前に別れさせて欲しいです。

彼から話しを聞く限りはまだキャバ嬢は本気ではないと思いますし、別れさせて彼の目を覚まして私だけを見て欲しいと思います。

依頼者様と面談させて頂いて対象者①のハイスペックぶりを聞かせていただきましたが、対象者①は年収3000万円で、そこまで辿り着くには依頼者様の陰の支えがあったからというのがよく分かりました。

成功した事で対象者①は遊びを覚えてしまい、依頼者様に支えてもらっていた事も忘れてしまい一回り近くも年下のキャバ嬢に夢中になってしまいました。

依頼者様は対象者①との関係を取り戻したい事と、ハイスペックで年収3000万ある男性ならキャバ嬢は簡単に付き合うだろう…という憶測とキャバ嬢から食い物にされてしまい、せっかくU様が支えて成功した対象者①を失墜させてしまう恐怖も感じてしまい、早い段階で別れさせなければ全てを失ってしまうかもしれない。と考え、早急に別れさせる方法を求めて弊社にご相談頂いたようでした。

万が一にも対象者②が依頼者様の考え通り、ハイスペックで年収3000万に惹かれて対象者①と付き合う事になれば、かろうじて別れてない依頼者様と対象者①との関係も完全に清算されてしまう事が予測出来、依頼者様の焦りは収まらず、対象者②に彼氏も結婚相手も一緒に作り上げてきたもの全ても奪われる恐怖と闘わなければなりませんでした。

対象者②が本当に対象者①と付き合うつもりなのか?を調べた上で、心理誘導によって対象者①との関係を完全にお客さんとキャバ嬢の関係に落ち着かせる別れさせ屋工作の方法を提案する形になり、依頼者様から頂いた情報を元に心理誘導の方向性を示させて頂き、契約書を交わして対象者①と対象者②とを別れさせる為の別れさせ屋工作に着手致しました。

対象者②はキャバクラで働いていた事が分かっているのでキャバクラへの潜入調査を行い、キャバクラで対象者②の様子伺いと仕事外での対象者②の行動調査を行いました。

潜入調査と対象者②の行動調査を行った事で対象者②のお客さんの層が分かり、早い段階で工作員をキャバクラに潜入させて対象者②との接触を図りました。

対象者②と工作員が接触した事で対象者②の客層について改めて話しを聞き出すと、対象者②のお客さんはガラの悪いお客さんが多い事も判明し、何をしているのか分かりづらい客層だけどお金の使い方が一般のサラリーマンの使い方ではないお客さんが多く、対象者②の話しぶりから対象者②はお金への執着が強い事が分かりました。

お金の為にはなりふり構わずの姿勢が見え隠れし、その考えなら依頼者様が心配していた事も的中する可能性もあり、対象者①との交際についても発展する可能性があった為、早い内に対象者①との交際の芽を摘む様に誘導していきました。

工作員が対象者①の真似をしてお金を遣う訳にはいかない為、最初こそお金を遣ったものの大きなお金を遣わなくても別の形でメリットを与える事で食いつかせる手法で対象者②の興味を引かせる様にしました。

対象者②の興味を引かせる為にお金への執着が強い部分を利用して、お金を対象者①から貢がせる様に対象者①を含めた店内での金遣いの荒いお客さん達にも対象者②は露骨に貢がせる様にアプローチしだします。

いくら年収3000万円のハイスペックとはいえ、露骨に貢がせようとする対象者②の求めに応じる事は出来ず、元々は苦労して財を成した対象者①は金遣いの荒い他のお客さんとGを奪い合うレースから離脱していく形となりました。

お金が欲しい対象者②にしてみれば対象者①はカモである事が対象者①にも伝わっていき、対象者②は対象者①のいる店に来店しても対象者②以外の女性を指名する様になりました。

対象者②以外の女性を店内で指名した対象者①に対して怒りが収まらない対象者②は対象者①に対して不満をぶつけたようで、対象者①は来店すらしなくなります。

対象者②と対象者①の間に完全に亀裂が入り、対象者②は対象者①よりも太いお客さんとの仲が深まったようでFとの関係は完全にお客さんとキャストだと理解した対象者①は自ら対象者②から身を引き、別れる事となった別れさせ屋工作の成功事例になります。

U様のご依頼で掛かった料金・費用は110万円の着手金+成功報酬30%、いずれも税抜き価格で対応させて頂き、店内での飲食費は別途請求させて頂きました。

依頼者様からは対象者①と対象者②は完全に別れてU様の自宅にも対象者①は帰って来るようになったとの事でしたが、対象者①のキャバクラ遊びは止まらず、キャバ嬢と別れさせるだけではなくキャバクラに行かない様に出来るか?というご相談を頂き、再度契約をしてキャバクラに行かせない様にする別れさせ屋工作のご依頼を頂きました。