別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :N 30歳 東京都 対象者①との関係:彼女
  • 対象者①:K 31歳 東京都
  • 対象者②:M 31歳 東京都

同棲してる彼が浮気してる事に気付いてから何度も彼に浮気をやめて欲しいと伝えましたけど、彼は全然浮気をやめる気がなく、浮気を継続しています。

浮気してる証拠を出せと言われて浮気してる事を認める事もなくて、終いにはそんなに浮気浮気って言うなら面倒くさいから家を出て行けと言われてしまいました。

彼が浮気してるのは事実で、私の友達も彼の浮気してるのを見たと言ってるし、スマホに浮気相手とのやり取りが以前は残ってたのですが、今はスマホから消したみたいで証拠が何もありません。

今はどうやって連絡を取り合ってるのか分からないけど彼の行動がおかしかったり、電話する時も家の外でしてて浮気相手と会ってるのは分かるけど、これ以上言うと私の方が別れないといけなくなるかもしれません。

浮気されてるのに泣き寝入りしなきゃいけなくて悔しくて別れられないし、なんで浮気されてるのに逆ギレされるみたいに家から出て行かなきゃいけないのか分かりません。

浮気してるのに浮気の事を言えば出て行けと言われてしまうし、このまま私は浮気されてるのに我慢してないといけないと思うと本当にどうすれば良いか分からなくて悩んでます。

一度探偵に相談したら浮気されてるのが嫌なら別れた方がいいって言われてしまってなんで私が別れないといけないのか分からなくて…

どうしても浮気女を別れさせたいと思ってるんで別れさせて欲しいです。

N様は本命の自分が何故浮気女のせいで家から出て行けと言われて別れる寸前まで行ってしまったのか、本当に分からないとの事でした。

浮気女のせいでKと別れたくないN様は浮気の証拠がなく、浮気の確証を持っていても今となっては浮気を問い詰めれば家を出て行けと言われてしまい、浮気を問い詰める事は出来なくなり、浮気を問い詰める事も出来ないN様はKが浮気してる事に我慢して生活をしなければならなくなり、その生活に少しの間は耐えていたものの耐えられなくなったN様はどうすれば良いか分からなくなり、別れさせ屋に辿り着いたとの事でした。

N様の希望としてはKが浮気相手と別れてくれて自分だけとちゃんと向き合って付き合ってくれてゆくゆくは結婚も考えているとの事で、浮気して逆ギレしてくるような男性と結婚で本当に良いのか?についても考えていただきました。

別れさせたとしても気持ちが冷めてしまい、N様自身がKと別れてしまえば意味のないものになる為、別れさせた後に幸せな未来に進む約束が出来て初めて依頼を検討して頂きたい旨を伝えると、N様は本当にKの事が好きで、Kと幸せになりたい…と涙ながらに語って頂き、別れさせ屋工作の方法をご提案させて頂く運びになりました。

N様のお話をお伺いさせて頂き、N様の幸せをサポートする別れさせ屋が出来るとの事で契約書を交わして着手させて頂く形となりました。

N様の別れさせ屋工作のケースですとまずはターゲットを特定しなければならず、Mの特定から入らなければなりませんでした。

Kの行動が不審なところがあっても実際には浮気しているのではなく、N様に心配掛けさせない様に何かをしていただけというケースも過去の事例にはあります。

Mを特定する為にKの行動を調査してMの存在がなければ別れさせをしなくてもN様の杞憂で終わるので浮気していなかったなら結婚した後の心配もなく、一番良い結末ですからまずは本当にMの存在があるのかを調査して判明させる事から始めようとしたところ、N様からMを特定する有力が入り、残念ながら浮気は確定してしまいました。

浮気が確定し、Mと会う日時が分かり、Mの特定は容易に進む事になり、Mがどんな仕事をしてどんな女性なのかを調査して判明させる事に成功した後に調査中に判明させた接触ポイントを利用して接触まで漕ぎ着ける事に成功しました。

Mが自分で浮気相手と分かっているのか、それともMも本命の彼女として認識しているのかを聞き出す為に人間関係を構築した上で恋愛の話しを引き出していくとMには東京と新潟で遠距離恋愛をしている彼氏がいて近々結婚する予定である話しを聞き出せました。

結婚する彼氏がいるのに浮気している事について後ろめたさがないのかを探っていくと後ろめたさはあるけれど寂しさを埋めるのが出来ないから仕方ないと少し開き直っている様にも見えた為、工作員が彼氏の気持ちについて自分の経験談の様に話しを初めていき、良心の呵責を責めるように誘導していきました。

結婚の時期を聞き出し、結婚する前から身辺整理が出来てなければ結婚後にすぐに離婚したケースについても間接的に伝えていき、彼氏との馴れ初めを聞きながら彼氏を裏切っているMの心理状態を揺れ動かす様に会話を繰り広げました。

何度か接触してMの良心が痛み、新潟に住む彼氏と電話していた時に危うく浮気している事を懺悔してしまいそうになったと口にした後に何も知らない彼氏に申し訳ない気持ちが芽生えて浮気を辞める決断をしたと口にしていました。

驚くべきは工作員はKの事を特定して話していたのですが、Mは浮気相手がKの他にも存在し、浮気相手を2人とも切ると言われた時は工作員が驚いて声が大きくなってしまいました。

KがMから別れを告げられたであろう事は不審な動きがなくなり、電話も家の中でする様になり、スマホも肌身離さず持ち歩いていた状態とは打って変わって置きっ放しにしている等、明らかに分かり易い行動をした事でN様も別れたであろう確信を持てたとの事でした。

Mから別れた事を工作員が聞き出した後にN様に報告させて頂き、別れさせ屋工作が成功した事例になります。

N様のご依頼で掛かった料金・費用は110万円の着手金+成功報酬10%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

N様からの依頼で別れさせ屋工作は成功したものの、N様がKを許すかどうかについては話しを聞いていません。

ご依頼内容はKを浮気相手と別れさせる事だった為、その後N様が浮気していた事を許せずにいれば結婚したいという気持ちも不意にしてしまう事からKとの関係が上手くいかないようであればいつでもご相談いただければKに対して工作員を接触させる事も可能だとお伝えさせて頂き、別れさせ屋工作のご依頼が幕を閉じた案件でした。