別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :K 33歳 東京都 対象者①との関係:彼氏
  • 対象者①:G 34歳 東京都
  • 対象者②:D 34歳 東京都

依頼者様はGの浮気には気付いていたものの、Gと付き合う時にお互いに束縛したりプライバシーには干渉しないという条件で付き合ってもらった。という形なので浮気を許した訳ではないけれど、浮気を問い詰めたら別れを切り出されてしまうかもしれない…と浮気している事を容認せざるを得ない状態で交際を続けていたとの事でした。

交際を継続させるには浮気を問い詰めたらいけない…という考えが依頼者様を追い詰め、Gの浮気に気付いていながらも手を打たなかったのは問題でした。

しかし、ある時、依頼者様はGの携帯電話を見てしまい、Gが浮気している相手とのやり取りを見た際に浮気ではなく本気になっているのでは?という不安が出てきてしまい、問い詰めたら別れを告げられるかもしれないけど、このままでも別れを告げられるかもしれない…という追い詰められた状態になってから別れさせ屋を探したとの事でした。

Gが浮気している相手とは2年位の関係があり、その全部が浮気しているかについては分からないけれど、少しづつGの態度も冷たくなったように感じ、早急に別れさせる事も視野に入れながら業者選びを行ったとの事でした。

依頼者様と面談をさせて頂いて、対象者①と対象者②の関係性は少なくとも浅いものではない事が分かり、同時に対象者①の対象者②へののめり込み具合も確認させて頂くと、浮気を隠していないで堂々と浮気していた事も考えられ、対象者①ののめり込み具合は依頼者様への想いよりも強くなっていた様にも感じる部分が多々ありました。

依頼者様が破局の危機感を持って別れさせ屋に依頼する事を検討したのも分かり、依頼者様の動き出しが遅かったかもしれない…という不安から早急に動いてくれるであろう弊社へお問い合わせ頂き、別れさせ屋工作の依頼を頂く事となりました。

他社に相談をした時はハニートラップを行って半年以上の期間が絶対に掛かると言われてしまい、半年の期間を掛けてしまえば依頼者様自身が対象者①から別れを告げられてしまう可能性が高く、そのリスクを作ってしまったのは自身である事は重々承知でしたが別れを告げられる前に別れさせが成功する事に望みをかけているとの声を頂き、迅速に対応する形で別れさせ屋工作への着手をさせて頂きました。

対象者①から対象者②を割り出す為の調査を行い、対象者②の特定を急いで行う事となり、対象者②の特定は着手金をご入金後、2週間で特定させ、対象者②の行動調査を行い、対象者②との接触ポイントを探す事となりました。

対象者②の行動調査をしていると、対象者②は会社では営業職をしており、調査を進めていくと成績が良い営業マンである事が分かりました。

社内でも評判が悪い訳ではなく、聞き込み調査でも対象者②の評判を聞き込みしていると対象者②は近々結婚するかもしれない…という話しも別の社員から聞き出す事に成功しました。

対象者②と接触する為に工作員を接触ポイントで接触させる事に成功し、連絡先の交換も対象者②の会社を利用した形でスムーズに行う事に成功します。

対象者②は自分が浮気相手だという事を理解して対象者①と交際しているであろう事を予測して行動した為、対象者②からは直接結婚の話などを聞かず、対象者②が対象者①をどう思っているか?について聞き出す事を始めました。

付き合いの長さは依頼者様が考えていた期間とは異なり、距離が縮まったのはつい最近の事で、元々別の女性と付き合っていて、別れを告げられた後に彼氏がいるのを知っていた対象者①に相談し、そこから距離が縮まっていき、対象者②と対象者①の関係は親密になって行った事を聞き出しました。

寂しさを埋める為に対象者①と付き合った対象者②でしたが、対象者①への想いがそこまで強くなるとは対象者②も思っておらず、対象者①への想いが募ったところで依頼者様から奪い取りたい!と思う様になり、半ば強引に対象者①との関係を強固なものへと変えていく様に努力していたと口にしていました。

対象者②の対象者①への想いの強さを知り、寂しさを埋める為の関係性であったにも関わらず錯覚して関係性を強く持ってしまった事を、その想いは誤解だと思わせる為に別れを告げられた元カノの話しを聞き出し、心理状態を揺さぶり、本当に対象者①への恋心は本物なのか?を対象者②に確認させる様に誘導していきました。

対象者②が本当に求めているのは対象者①ではなく、寂しいから対象者①を求めているなら結婚したところで関係が上手くいく事はなく、対象者②が元カノから別れを告げられた理由も逆手に取り、対象者②の好意を対象者①から少しづつ話していく作業を進め、求めていたものが本当に対象者①だったのか?というところまで誘導していくと、対象者②から社内でも女性社員から結構告白される事もある。という話しが出て来たので別れてすぐの状態では寂しくて誰でも良いと錯覚する事がある事を間接的に伝えていくと対象者②も思い当たるところがあったようで、工作員の話しに耳を傾けてくれました。

結婚はお互いに想い合うからこそお互いを大切に出来るものであり、お互いに干渉しない結婚生活をしている家庭もあるものの、気持ちの面で支え合える関係でなければ長い事夫婦関係を構築させるのは難しい事を間接的に伝えて行き、結婚相手として相応しいのか?という点を考えさせる事に成功し、対象者①との交際について、対象者①との結婚についても再検討させる事に成功し、浮気相手としてセフレなら良いけど…という流れに乗った対象者②は別れてから遊ぶのも大切かもしれないけど年齢的にも落ち着いた女性との交際を求める事になり、対象者①と距離を置いて会社の告白してくれた女性と一度向き合ってみるという話しが出て、対象者②から別れを告げさせる事に成功した別れさせ屋工作の成功事例になります。

K様のご依頼で掛かった料金・費用は90万円の着手金+成功報酬30%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

依頼者様の案件は対象者①の性格や考え方が一般のそれとは若干異なる考え方を持っていた為、結婚相手としてはどうなのか?という点を考えさせる事に成功した案件であり、それを受け入れられる依頼者様だからこそ対象者①との交際が続いている事と、それを受け入れられない対象者②は対象者①との交際に疑問を持った対象者①の性格に助けられた成功事例でした。