別れさせ工作
別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :S 35歳 東京都 対象者①との関係:浮気相手
  • 対象者①:E 43歳 埼玉県
  • 対象者②:T 32歳 東京都

彼氏から猛アプローチを受けて付き合ったけど、元々彼女がいて別れるっていう話しだったのが私と付き合っても別れなくて、いつになったら別れるのかを聞いてたら逆ギレされてしまいました。

そんなに何度も言われてシツコクされるなら別れようと言われてしまい、約束を破ったのは彼なのに別れたいって言われてパニックになってしまいました。

彼と彼女は10年位続くカップルで、彼からはマンネリだし結婚する気もないし、お互いに好きっていう感情はなくなってるって聞いていただけに、彼女の事をまだ好きだと思ってるなら許せないと思って悔しくて…

彼女とはセックスレスで私としかしてないっていうのも今となっては信じられなくなってるけど、彼の事がまだ好きで彼が彼女と付き合ってる限り私は浮気相手でしかないって思ってます。

彼女と彼を別れさせて彼とちゃんと向き合って付き合って、後々は結婚したいと思ってます。

彼女に一度直接会って話しに行こうかとも思いましたけど彼女と会ってそんな話をしたら彼から嫌われそうで行動に移せなくなってます。

彼の事が好きで好きで毎晩寂しい思いをして彼からの連絡を待ってます。

私が幸せになる為に彼と彼女を別れさせるのも凄く悩みましたけど本当に彼の事が好きで大切にしたいと思ってるので相談にのっていただければと思いました。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様からお話を聞いていると対象者①から猛アプローチを受けて付き合う事になったものの、付き合ってから対象者②と別れると言っていた事が嘘だと分かり、依頼者様はとても苦しい思いをしていた事が分かりました。

対象者①と対象者②が結婚していて不倫関係になるなら対象者①との交際は考えていなかったものの、対象者②との結婚は考えていない、対象者②への気持ちは冷めている等の言葉を信じて猛アプローチに押されてしまい交際がスタートしたものの、約束していたはずの対象者②と別れる約束が反故にされ、年齢的にも結婚を焦る依頼者様は対象者①との関係を深めたいと執拗に対象者②と別れて欲しいと伝えた結果、対象者②から別れを告げられそうになり、我慢しなければ別れてしまう事から浮気相手として我慢しなければならなくなりました。

対象者②の情報は対象者①から聞いていた情報があり、対象者たちが本当に別れるつもりがあるのか、別れるつもりは最初からなかったのか?を調査員や工作員を活用して調べて行きながら別れさせ屋工作を進めていく様にご提案させていただきました。

対象者②と対象者①を調査していくと対象者①から聞いていた情報の通り関係は希薄に見えましたが、熟年夫婦のようにお互いが分かり切った関係というようにも見えた為、別れさせる為にどこを突けば良いかの判断が出来ず、工作員を対象者①と対象者②に接触させて2人の関係性についての情報を聞き出してから別れさせる方法を提案するしかないという判断になりました。

依頼者様と打ち合わせを重ねながら対象者②と対象者①に工作員を接触させて聞き出した情報を元に対象者たちの間にある歪みを見つけ出し、依頼者様に工作員が聞き出した情報を元に別れさせ屋工作の方法を提案させて頂く形になり、別の工作員を対象者たちに接触し直させました。

カップルを別れさせる場合にカップルの間にある歪みが分からなければ別れさせ屋工作を進めようがありませんが、依頼者様は対象者①から嘘の情報を握らされていた為に正確な情報を直接対象者たちから抜き出さなければならない手間が掛かりましたが、セックスレスに関しては依頼者様が対象者①から聞き出した情報通りだった為、対象者たちの間に性的な衝動はなく、今後セックスレス状態が続けば結婚しても上手くいかない事を心理誘導していく事に依頼者様と打ち合わせをさせて頂き方向性を定めました。

対象者②に接触して女性としてまだまだ若い32歳という年齢でセックスレス状態のままでは今後年齢を重ねていけば結婚して出産する事が出来ず、夫婦二人で老後の事を考えた時に寂しい思いをする事になると誘導していくと、最初は子供は要らないと言っていた対象者②の気持ちが揺れ動き、少しづつ老後の事や子供の事等を考える様になっていきました。

対象者①と体の関係を再び結んだ方が良いと誘導していく事で対象者②から対象者①を誘う様に動いていたものの、対象者①にはその気がなく、対象者②は体の関係を拒絶された事にショックを隠せず、年齢的に若いのに夜の相手をしてもらえない事は今後付き合っていく上で様々な問題が発生する事を伝えていくとキチンと女性として見られる喜びや恋愛の楽しさについて対象者②から相談を受ける様になってきました。

対象者②の気持ちが揺れ動いている状態で男性工作員を紹介するように誘導してみたものの恋愛をするならキチンと対象者①と別れてから恋愛をしたいという言葉が出る様になり、対象者②が別れる決心をする様に工作員が背中を押す事になりました。

10年付き合った対象者①との別れを決断するには何度も今のままで満足しなければならないのか?という葛藤を抱えて相談され、工作員が女性の喜びを少しづつ教えていく事で前のめりになって話を聞く様になり、対象者②から工作員に恋愛する時はどうすれば良いのか?などの質問を何度もされるようになり、別れなければ次の恋愛に進めない事を話していくと最終的に決心して対象者①に別れを告げる事になりました。

対象者①も対象者②から別れを告げられた時に素直に受け入れたようで、対象者②からは工作員になんかスッキリした!!!という言葉が告げられ、10年交際したカップルを別れさせる事に成功した別れさせ屋工作の成功事例になります。

別れさせ屋工作の料金

S様のご依頼で掛かった料金・費用は100万円の着手金+成功報酬30%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。※調査で潜入した経費などは別途

対象者たちが別れた事によって依頼者様が浮気相手から本命の彼女になれたかは分かりませんが、対象者①の交際相手がいなくなった以上、依頼者様も安心して対象者①との交際に踏み出す事が出来たという報告をいただきました。