別れ工作
別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :K様 32歳 東京都 対象者との関係:彼女
  • 対象者 :K  31歳 東京都

束縛が酷くて、一度会社の同僚と食事に行っただけで、浮気を疑われて、男と二人で食事に行くって事は下心が無かったら行かないって詰め寄られて、それからは携帯にGPSを入れられたり、食事に行った同僚には詰め寄られたり、会社にも電話をして来て、何をされるのか分からないから別れたくて相談させてもらいました。

普段の彼は自分はアプリを使って浮気をしてるのに、私が男友達とご飯に行くのはうるさく言います。

彼にはもう愛情はないですし、他の女と浮気してるなら、そっちとうまくいって欲しいけど、なかなか思ったようにはいきません。

常に監視されてる状態で、このままだとずっと別れられないし、別れ話しをすると包丁を出して自殺しようとしたり、ベランダから飛び降りようとしたりして、私に危害は加えないので警察に相談しても取り合ってもらえません。

このまま、この関係が続くと、いつか妊娠して、今よりも別れられなくなりそうだし避妊しないから、それも怖くて…

一生このままだと本当に死んだ方がマシだと思える状態で、どうにかして助けて欲しいと思ってます。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様から面談でお話しをお伺いさせて頂くと、対象者からの束縛の酷さや別れ話をした時の対象者の対応など、4時間の面談の内、3時間近くが対象者への避難であり、なぜ、その様な状況になってしまったのか?というお話しや出会いのキッカケなどを聞かせて頂き、依頼者様と対象者の関係の変化についても聞かせていただきました。

対象者が依頼者様のどこに惹かれて、何故別れないのか?という点については、依頼者様の事が好き過ぎて仕方ないというよりも、何かしら別れたくない理由が別にあるようにも感じ、その証拠に対象者は浮気を繰り返しているので、依頼者様への愛情だけという事ではないように感じられました。

依頼者様へ暴力を振るわないのは警察対策のようで、決定的な証拠を残せば警察に逮捕されてしまう事を考えての行動のようで、狡猾な考え方で依頼者様を束縛し、別れられない状態を作っているようにも感じ、依頼者様の性格を利用して別れられないようにしている事から、依頼者様が一人ではどうにかしづらい問題だと感じられました。

会社の同僚男性と食事に行っただけで依頼者様は責められ、あろう事か、何も落ち度のない会社の同僚男性にも被害を与えられる状態で、別れる為にどうすればいいのか?を依頼者様も考えていたようですが、思い付く方法は全てやったけれど、どうにもならないので別れさせ屋に依頼しようとしたものの、他社からはハニートラップの方法を提案されるだけで、普段から浮気をしている対象者がハニートラップに引っ掛かって別れてくれるとは到底思えないので、ハニートラップ以外の方法を提案してくれる別れさせ屋を探していたところ、弊社に辿り着いたとの事でした。

契約前に依頼者様にもお伝えさせて頂きましたが、対象者の浮気癖を考えれば、浮気はしても浮気が理由で別れる事が無いのは分かります。

その為、浮気を理由に別れ話が出来る状態を作るのではなく、別れ話しを対象者からして来る状況を別の理由をつけて作らせなければなりませんでした。

対象者が依頼者様に惹かれている理由が愛情以外となると、どこに惹かれているのか?を対象者から聞き出さなければなりませんし、対象者を調査して工作員を接触させる形を取り、依頼者様の惹かれるところを探し出し、依頼者様との別れに進むような方法を進めていきました。

元々女好きという事もあり、女性工作員を接触させるのはとても簡単で、女性工作員を接触させた後に浮気をさせるのではなく、付き合う女性の理想像の話しを聞いていくと、依頼者様の事を話しているような、そうでもない女性を話しているような、話半分という感じで女性についての考え方を聞き出していくと、対象者の性格分析をする為の情報も抜き出す事が出来、なぜ依頼者様とは別れず、自分は浮気をしても許されるという考え方なのかを知り、依頼者様と別れる方法が明確になりました。

依頼者様と別れる方法が明確になったので、別れさせ屋工作を進めていく事が出来、依頼者様が対象者から嫌われる行動も出来る範囲でしてもらいながら別れさせ屋工作を進めさせて頂きましたが、対象者が依頼者様に言えない範囲で依頼者様に行動を起こしてもらいながら工作員が対象者への心理誘導を進めていくと、対象者もその気になり、今までの束縛の仕方とは変わり、別れを意識し出したのか、依頼者様に関与しない時間が増え、依頼者様の携帯に仕込まれているGPSの確認する時間も減っていき、束縛が少しづつ解除されていく事となりました。

別れさせ屋工作を進めていく内に対象者の関心が別の女性に移っている事が分かり、頃合いを見て依頼者様から別れ話しに近い話しを出して頂くと、対象者から『お前の世話をするのに最近疲れて来たよ。』と、依頼者様に問題があって別れを考えているかのような言葉が出始めたので、心理誘導を更に継続させていく内に対象者の気持ちは完全に依頼者様から消えた状態を作り、依頼者様とのケンカの理由が束縛から来るものではなく、疎ましく感じているからキレる。というケンカになっていき、ケンカの延長で別れ話が対象者から出たので、それに同意して別れる事に成功した事例になります。

別れさせ屋工作の料金

K様のご依頼で掛かった料金・費用は90万円の着手金+成功報酬20%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

対象者が依頼者様に惹かれていた理由は、何でも言いなりになる女性で、何をしても許される事から楽な関係というよりも、奴隷と主人という関係のようなものが作られていたので、それを手放すのは惜しいと考えた対象者は依頼者様との関係に固執していた事が分かり、奴隷と主人という関係を変える協力を依頼者様にも求め、女性工作員が対象者の考え方を少しづつ変えていく事で、奴隷のような女性しか相手にされない男性のレベルの低さを説いていたところ、対象者の考え方に変化が見られ、対象者の気持ちが揺れたので別の女性への下心以外の恋愛心が芽生え、浮気相手との関係が強くなった事で別れる事に成功した事例となります。