恋愛工作の成功事例

15年生活してきた内縁の夫と別れたい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域H様 事務員 51歳  東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 90万円 成功報酬20%
別れたい状況内縁の夫との関係が苦痛になって来た

内縁の夫との関係が15年続き、二人の間で生まれた子供も大きくなってきた為、今後は内縁の夫と別れて第二の人生を歩みたいと考えたH様は内縁の夫に別れたいと伝えると内縁の夫からは承諾の言葉をいただけませんでした。

籍を入れずにいた為、内縁の夫も入籍は考えてないと思っていた為、いつでも別れられると考えていたH様の目論見は外れました。

何度か別れたいと話し合いを重ねていたところ、内縁の夫からは浮気を疑われたり、絶対に別れない!と宣言されてしまい、しばらくは同居生活をしていましたが一度別れたい!と思ってしまったら別れたい気持ちが強くなっていくだけでH様の中では内縁の夫との別れは絶対にしたいと思う様になったとの事でした。

別れたいけど別れられない状態のまま2か月が経過しても何も進まない事が分かり、別れ工作のご依頼を頂く事となりました。

別れ工作のご契約をいただき、内縁の夫との別れ工作を進めていく際に金銭的な要求をされない様な別れ方をシナリオに組み込んで別れ工作を実行に移す事となりました。

内縁の夫を調査していくと内縁の夫の行きつけの居酒屋に辿り着き、居酒屋の中では居酒屋の店長と顔馴染みの様で仲良さげに話しをしていました。

契約前に聞いていた情報では行きつけの居酒屋が何店かあるとの事でしたので、その内の一つの居酒屋が分かり、居酒屋の店長に工作員を接触させて店長との関係を築くように進めました。

居酒屋の店長と顔見知りになっておき、内縁の夫が来た時には内縁の夫達の間に割り込んで関係を構築させるシナリオ通りに進められた為、内縁の夫との関係を築きあげる事に成功します。

内縁の夫がH様との関係について店長に話しをする事もあり、その頃には内縁の夫と工作員、店長の3人で話しをする事も増え、最初は内縁の夫が話している内容に肯定的に話していたものを途中から徐々に店長にも心理誘導を掛けて本気で別れたいと思っているなら解放させてあげるのも優しさである。という方向に進めていきました。

15年も一緒にいて愛情というよりも別の情で繋がっているだけなら解放する事で元々籍も入ってなかったならお互いに友人関係の様に戻れて、そこからやり直してみるのも一つの手段である事を伝えていくと少しづつ気持ちの変化が表れ、H様の事を思う発言が出てくるようになりました。

H様ともう一度直接話してみると言い残した後にH様と内縁の夫が話しをし、内縁の夫婦関係の様な形ではなくお互いに束縛し合わない関係になろうと話しが進み、友人関係を匂わした内縁の夫は金銭的な要求などもせずに別れる事を一旦は受け入れてくれて内縁の夫との別れ工作が成功した事例になります。