恋愛工作の成功事例

妻に突然離婚したいと言われてどうしたらいいか分からなくなっています。

3つ下の妻とは付き合って10年近くになり、子供はいません。

共働きの妻に昨年末に離婚したいと言われてからは理由を聞くと遅く帰ってきた時に、食事の用意や家事、買い物をしてくれない。と言われ、遊びに行く時にも直前で報告する。等の理由で不満が溜まったと言われてしまいました。

妻に言われてから一か月弱、家事を自分なりに頑張って来たけれど離婚を切り出されてからやっても遅いと取り合ってくれません。

もう愛情も戻らないと言われて年末から会話がありません…出かける時は一緒に行ってくれますが、以前の様に楽しく出かけるというよりも、ただついてくるだけで出掛ける理由も妻にはない様でした…

2度目の離婚を宣告されて、妻の両親にも離婚の意思を伝えたと言われました。

この様な状態でも復縁工作の依頼をすれば復縁できるのでしょうか?(相談者W様)

W様が離婚を言い渡された原因は?

W様のお話を聞いているだけですと一般的には良い夫であり、出掛ける時も一緒についてきてくれる事から対外的には良い夫婦であり、離婚の理由をW様自身も全く分かってない様でした。

収入もある程度あり、休日は妻と過ごす様に心掛けており、奥様が離婚を考える原因となったのは家事を手伝わない等の理由以外に本当に思い当たらないと面談時にお話しを聞かせていただきました。

そしてW様からお話を聞くだけでは離婚を言い渡された原因も見当がつきませんでしたが、2度の離婚を言い渡されている事や家事を手伝っても離婚を言い渡されている事から離婚を言い渡される原因は他にあるであろう事は推測出来ましたが、本当の離婚の原因については辿り着く事が出来ませんでした。

W様からお話をお伺いしていると引っ掛かる部分はありました。

離婚の原因はW様の奥様が感じる事であり、面談時にW様とお話をさせて頂くと引っ掛かる部分はあっても、それが原因で離婚を言い渡されるとは思ってもいませんでした。

引っ掛かる部分はどこか自分の出来事なのに客観視し過ぎているという点で、物事に必死に取り組むタイプではないと感じられる部分が多々ありました。

恋愛で気持ちをあまり出さなければ愛情を感じられず、気持ちが冷めてしまうケースもありますが、W様達は交際期間も長く、お互いにお互いの事を分かって結婚したというお話しでしたので面談時に気付いた点に関して若干アドバイスをさせて頂きましたが、担当者が気付いた点と奥様が考える離婚の原因は異なる場合が多く、余計なアドバイスをして間違った行動をして関係が悪化させない為にも面談で気付いた点に関しては伏せさせて頂きました。

W様に提案した復縁工作の方法は別れの原因をシッカリと把握する事

別れの原因が全く分からない為、復縁するには別れの原因をシッカリと把握する必要があるとご説明させて頂きました。

何が悪いのかが分かっていなかったW様が何かを頑張ろうとしても何をすれば良いかも分からない為、奥様に工作員を接触させて別れの原因をシッカリと把握する重要性についてご説明させていただきました。

原因が分かるからこそ改善部分に気付き、関係を改善させる箇所が分かります。

その為、奥様に家庭に対する不満を吐き出させ、W様が日常的にどんな不満を奥様に与えていたのか?を工作員が聞き出す方法を提案し、聞き出した情報を元にW様の自己改善と合わせて奥様のストレスを吐き出させて結婚生活の不満を取り除いた上で復縁を意識させていく心理誘導を行う方法を提案する形となりました。

W様の復縁工作の調査から成功までの流れ

W様の復縁工作の依頼ではW様から奥様の情報を事前に頂き、奥様との夫婦仲改善の為の調査を行いました。

奥様が万が一にも不倫をしているなら、離婚の原因が見つからなかったのも頷けました。

しかし、共働きの奥様は職場と家、食材の買い出し等、不倫相手の存在が出てくる事はなく不倫相手の様な外部要因での離婚という線は消えました。

その為、離婚を言い渡された原因はW様にあると断定出来、調査した内容を元に工作員がターゲットである奥様に接触を試みました。

社交性のある奥様は工作員の接触にもストレートに連絡先の交換まで至り、調査期間1カ月、接触回数1回で連絡先の交換まで漕ぎ着けました。

連絡先交換から再接触までに1週間ほど掛かりましたが外食を共にする友人も周囲にはあまりいない事を聞き出し、家庭での不満を他に愚痴る相手がいない事が分かりました。

3回ほどターゲットと会食を交わしていくと人間関係も作り込めていき、家庭での不満を工作員が口にすると同調する様にターゲットからW様の不満がこぼれ出してきました。

ターゲットからは恋愛の末に結婚したものの、気持ちを表面に表さないW様の態度に不満があり、何もなく過ぎていく日々に不満を感じていた事が分かりました。

愛情表現も乏しく愛されている実感もなく、ただ漫然と日々を過ごす事に不安を覚え、子供がいない今の内に離婚し、人生にもう少しメリハリを付けたいと考えているという事が分かりました。

W様はW様なりに愛情表現をしていたけれど、奥様はW様の愛情を感じていなかった為、夫婦としての在り方に疑問を持ち、結果的に離婚を決断させた事が分かります。

その為、W様に女性に対する愛情表現の仕方と今までに自分なりに愛情表現をしていた事が間違いだったことをアドバイスし、夫婦関係にメリハリをつける方法をアドバイスで伝授させていきました。

奥様は不倫の様な冒険を求めているのではなく夫婦生活を送る上で愛情表現の仕方を間違えていたので夫婦でいる事に疑問を感じた事が分かり、家事を手伝うのではなく女性として奥様を必要とする言動や行動が求められている事を理解させ、アドバイス通りに行動していただき、工作員が離婚ではなく夫婦としての在り方をターゲットに考えさせる様に心理誘導する事で離婚を取りやめ、夫婦生活を築いていくチャンスをW様がもらう事が出来、復縁成功した事例になります。

復縁屋の料金・費用

W様のケースで復縁工作を行った際に3か月間で着手金90万円+成功報酬25%(225、000円)の成功報酬で設定させて頂きました。※着手金、成功報酬共に税抜き料金で掲載。

夫婦仲の悪化の原因がW様は愛情を与えていたと思っていたものが奥様には愛情を与えられているという意識が全くなかった事が原因だと復縁工作をする事で分かった案件でした。

奥様との会食では普通よりも高いお店に行く事で日常生活と少し掛け離れた日常を与え、結婚生活のマンネリとした感じに刺激を与える事にも寄与しました。

その際の飲食代等もW様のご負担となりましたが、奥様の食事の好み等やお店の雰囲気も報告時にあげる事で、W様と奥様が出掛ける時のお店のセレクトの参考にして頂く事が出来ました。

元々W様は奥様への愛情表現が上手ではなかっただけであり、愛情の受け取り方も分かっていなかった事から奥様が家事を理由に離婚を言い渡した時に家事をするといった言葉の表面を捉えるだけで夫婦仲を取り戻そうとしていた事が奥様の不満を更に増加させていた事も報告であげさせていただきました。

細かい報告と、報告に基いたアドバイスをさせて頂く事で夫婦仲を取り戻す事が出来、復縁工作が成功した際にW様から『決して安い料金ではなかったけれど、その費用を払った意味はありました。』と満足頂く感謝の言葉をいただく事にもなりました。

有料アドバイスを含む料金・費用となり、W様の考え方や愛情表現の仕方等の問題点から改善していくアドバイスも含めた契約の為、依頼が成功した事例とも言えます。

調査や工作で掛かる料金・費用には車両費や移動費、燃料費などの諸経費も含む料金・費用の設定となり、成功の定義は離婚回避で夫婦仲を良好にする結果で設定させて頂きました。