別れ工作

今回は、実際に弊社で承った別れ工作を紹介いたします。

同棲している男性と別れたい女性からの依頼でした。

※掲載に関して依頼者様からの同意をいただくと共に、プライバシーに配慮して一部改変を加えています※

基本情報

依頼者は30代女性。

5年交際した50代男性(以下:ターゲット)と別れたいが、「別れるのならば今までお前にかけたお金、500万を全額払え」と不当な要求されており別れることができないとのことでした。

しかし実際500万をかけられた事実はなく、現在も同棲しているが費用は完全折半とのことで、ターゲットからの要求は事実無根です。(領収証や振込み記録もある)

要求を無視して別れるとの方法もあることにはありますが、ターゲットにはDV加害の過去があり、実家の場所を知られているために家族に加害されるのではないか不安があるために、完全無視もできずに悩んでおり、上記の理由により警察へ届けを出したり弁護士に依頼をするのも逆上が怖いためにできないそうです。

さすがに500万は無理だが、別れることができるならばターゲットの引越し代は出すとのことで、「なんとか相手が自分の意思で別れるようにしてほしい」との依頼でした。

調査

別れさせ調査の基本は相手の弱みを探すことでもあり、調査で見つけた弱みを基に、ターゲットが依頼者への執着を止めるように誘導をすることが別れ工作の基本です。

同棲しているために自宅の場所は判明しているのと同然で、会社への行き帰り、休日の単独行動を調査しました。

結果、どうやら会社の同僚の30代女性と頻繁に食事に行っていることが判明しました。

ターゲットがこの女性に対して恋愛感情を持っているかは不明ですが、調査をしている中で、同僚の女性はターゲットに恋心を持っていそうなことが判明しました。

調査スタッフと工作スタッフの打ち合わせの結果、ターゲットの興味や執着心・好意を同僚女性に向けるように仕向けつつ、依頼者といることが不利益になるように演出をすることに決定しました。

工作

今回の別れ工作では、2つのフェーズがあります。

ひとつはターゲットと同僚女性の交際工作、もうひとつは本命でもある依頼者とターゲットの別れ工作です。

これらを同時進行で行い、ターゲットが依頼者を切り捨てるように流れを作ることが、今回の工作の目的です。

ターゲットと同僚女性の交際工作

こちらについては、同僚女性への調査の、現在ターゲットに同棲している女性がいることを知っている状態であること、そしてかなりの世話焼きな性格なことが判明したために、現在の依頼者とターゲットの関係について、「あなたがターゲットを助けてあげないと、ターゲットは依頼者に人生を食い物にされている」と吹き込むことにしました。

具体的には、工作員が同僚女性との友人関係を築き、恋愛の話をする過程で「あなたがいるから彼は頑張れるんだね」「きっとあなたの存在が心の支えなんだと思う」「それにしてもその女性って酷いね」「彼もつきまとわれて可哀想」「略奪って言ったら聞こえは悪いけど、あなたしか彼を救えないんじゃない?」と吹き込みます

結果、同僚女性は今の関係を脱却して依頼者からターゲットを略奪することにやる気になりました。

しかしあまり勇み足になられても困るので、さもアドバイスをするていで、どうやって接すればターゲットは同僚女性と付き合うようになるか、をサポートしました。

工作員はターゲットの生活や性格を熟知しているため、それらの情報を基にしたサポートは的確なものです。

案の定、日を追うごとにターゲットと同僚女性の仲は親密なものとなりました。

依頼者とターゲットの別れ工作

依頼者とターゲットの別れ工作については、『依頼者に大きな病気が判明した』ということにしました。

依頼者の叔父に扮した工作員が依頼者とともに同棲している家に向かい、今後介護が必要になる旨をターゲットに伝え、結婚はしないのかをターゲットに聞きます。

本人も50代と歳を重ねつつあり、しかも既に年下の女性に言い寄られている状況のターゲットは、大病を患う依頼者と結婚をする意志はありません。

想定通り、今後についてを聞くと「自分も歳だし支えることはできそうにないために別れたい」との言葉がターゲットから出ました。

また、叔父に扮した工作員から「今まで姪と過ごしてくれてありがとう。すまなかった。これ以上迷惑をかけさせたくないから、姪は引っ越させる」と宣言をしました。

以降の反応次第で引越し代を出すことを言おうと思っていましたが、「自分はここに住み続ける」との言質をとることができたため、引越し代を出す必要もなくなりました。

別れさせ成功

依頼者とターゲットの別れ工作以降に、ターゲットから依頼者にラインがありました。

「もうお前なんか用済みだから早く出て行ってくれ」

ターゲットからの要望に応える形で、その週の週末に引越し探偵社に依頼をし、引越しを敢行しました。

荷物は最小限にし、依頼者は申し訳なさそうな雰囲気を演出します。

こうすることで、ターゲットは「自分が追い出した」とマウントをとることができるために、以降の執着を防ぐことができるのです。

実際に別れた後、ターゲットから依頼者への連絡は、電気代の引き落としについて1度あったのみです。

アフターケア

ターゲットの執着が再度依頼者に戻ることを防ぐためにも、ターゲットと同僚女性の交際のサポートは続けました。

同僚女性から紹介される形でターゲットに会ったりもし、同僚女性がトイレで席を離れた隙に「あの子、本当にあなたのことが好きみたい」と吹き込んだりもしました。

結果、依頼者とターゲットが別れた2週間後にふたりは交際することになり、1ヶ月後には同僚女性は以前に依頼者が同棲していた家で同棲をすることになりました。

総括

期間は2ヶ月と2週間、費用は経費を含むパック料金で120万円で、この工作は終了しました。

ターゲットに新しく交際できる女性が身近にいたことが別れ工作を容易なものにしましたが、このように他に執着の対象を作ることは、別れ工作・別れさせ工作を行う上で非常に有効です。

そのような執着対象がいなければ工作員が代行をすることもできますが、調査のステップを詳しく行えば、思いの他そういう相手はいます。

別に異性でなくてもかまわないのです。

DVを行ったこともある別れたがらない男女の多くは、好きな気持ちと同じくらいに依存する気持ちを持っています。

その依存心を他に移せばいいのです。

そうやって依存心を移す利点は、別れて以降の再度の粘着を防ぐ予防線にもなります。

実際にこのご依頼が終了して半年が経ちますが、依頼者からの助けを求める連絡はありません。

別れさせ屋によっては脅すなどの手法を用いて別れさせ工作を行う場合もあると聞きますが、それでは遺恨が残ってしまいます。

遺恨は時間と共に膨れ上がり、膨れ上がった気持ちは再びの粘着です。

どれだけ遺恨を残さずに、ターゲットが満足する形で別れを作り上げるか。

「ターゲットの満足」と言うとおかしなように思えるかもしれませんが、人は満足すれば不満を言うことはありません。

遺恨とともに、満足をさせるから、穏便に別れることができるのです。

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント