恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬20%
復縁したい状況どんな形でも良いから復縁したい!

アルバイトの同僚として出会ったS様と対象者の関係が悪化した理由は、同棲して職場でも家でも常に同じ空間で過ごし、お互いの嫌なところが見え過ぎてしまい、距離を置きたいと言われた事が原因との事でした。

嫌いじゃないけど別れたいという言葉を出され、嫌いじゃないなら復縁の可能性はあると考えていたS様の思惑とは裏腹に、対象者には気になる人物が出来てしまい、焦ったS様から復縁工作の依頼を承る事になりました。

対象者が好意を持っている女性は友人と飲みに行った時に知り合った女性との事で、知り合った日に連絡先を交換し、毎日連絡を取り合う仲になる等、急速に距離が縮まっている事に不安を覚えたS様が弊社にご相談頂いたのは22時を越えた時間になり、若干パニック気味に弊社相談員に復縁相談を頂く形になりました。

対象者に気になる女性がいるのなら、早急に対策を立てなければ対象者からの告白を受け入れて2人が付き合ってしまう事も考えられます。

2人が付き合う前に妨害も兼ねて復縁工作を行う形になりましたが、S様の別れを告げられたけど嫌いじゃない…という言葉に対する意識がもう少し深刻な問題だと気付いていれば焦る様に復縁工作をしなくても良い形を取れたとは思いますが、後から過ぎた事を言っても仕方ないので、出来る事を早急にやる事で問題解決に向かう足掛かりにもなる事をお伝えさせて頂きました。

調査を行う事で判明した事実は思いの外対象者の想い人は対象者に対して食いつきが良くなく、対象者の思惑通りに事が進まない状態が続いていました。

復縁工作員を接触させる際に対象者と想い人がケンカしている事を目撃し、ケンカの内容が想い人から『しつこくラインをして来ないで欲しい』という内容でした。

S様からの話しでは女性扱いに慣れた対象者との事でしたが、実際はそこまで女性扱いが慣れている訳ではない事が判明し、男性工作員が対象者に接触した後に知った事ですが、女性と付き合ったのはS様が初めてであり、見栄を張ってS様には伝えていたけれど、他の女性とのセックスにも興味を示した為にS様に別れを告げた事が分かります。

S様に対象者から聞き出した情報を伝えたところ、S様はショックを受け、復縁を諦めるかどうかで悩みます。

嫌いじゃないけど別れたいというのは対象者からしてみれば、他にセックスが出来る女性がいなかった場合にS様とセックスが出来れば良いと考えている節が見え隠れした為に、その様な相手と復縁を望む自分自身の気持ちに対して揺らいでいた事が分かります。

数日後に、それでも対象者との復縁を望むという言葉を頂き、対象者に対する心理誘導を行う上で、他の異性との関係についてケリを付けなければ、復縁しても再度同じ事が起きるか、復縁出来ない可能性もある事をS様にお伝えさせて頂きました。

悩んだ末にS様が答えた言葉が一回の風俗なら許したい。との言葉を妥協の言葉として選択し、男性工作員に対象者を風俗に連れて行ってあげて欲しいとの要望を頂きました。

S様にしてみれば苦肉の判断だったと思いますが、他に女性を作って復縁出来ない。もしくは復縁した後に同じ事をされる位なら風俗に行って性欲を発散させた方が良い…という判断の為、復縁工作員に対象者を風俗に連れて行って欲しいという想いを告げられます。

対象者を風俗に連れて行った後は、彼女がいれば毎日セックスしようと思えば出来るし、お金を掛けて性欲を発散させるなんて勿体ないよ。という話しをし、性欲発散の為に掛かるお金と天秤に掛けさせます。

他の女性との性交渉に風俗に行ってあまり魅力を感じなかった対象者から数日後、S様にもう一度一緒に住もうという話しを切り出し、S様にとって要望は叶ったけれど、少し残念な事が判明した復縁工作成功事例になります。

別れの本当の原因が分からなくて悩んでたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬40%
復縁したい状況別れてから半年たったが相手の事が忘れられず復縁屋を探してたけど踏ん切りがつかず

A様から復縁相談を初めて頂いた時は数社の復縁屋に相談し、復縁工作の依頼をするかで悩んでいらっしゃいました。

最終的に復縁工作の依頼を決断した理由は復縁工作の方法というよりも復縁方法についての説明が他社よりも理解し易く、復縁工作の依頼をしたら復縁できるだろうと感じたとの事でご依頼を頂く形となりました。

ご相談内容は下記のモノになります。

  • 『復縁する為に何をすればいいんですか?』と数社に相談したけれど要領を得ない答えばかりで復縁工作の契約を勧められたり、高額な依頼料金を提示されたんですけどそちらも同じですか?とご相談頂きました。
  • 何社か面談したんですけど中には『そんなだから結婚適齢期を逃してるんですよ。』と言われたり、復縁屋に相談すれば相談するほど悪い印象がついてしまい、怖くなったけどどうしても復縁したくて困ってるんです。
  • 復縁工作の依頼をしたくても怖くて出来なくて時間が過ぎてくのも怖くてどうしようかと思ってるんです。

A様から頂いたご相談内容から復縁屋に対しての印象がとても悪くなっている事が分かります。

他社で言われた事は人の心理を誘導して復縁に導く復縁屋が言ってはならない事だと弊社では認識しているので、その旨をA様にお伝えさせて頂くと『私がおかしいのかと思ってしまいました。』と口にしました。

どうすれば復縁できるのか?等の説明をさせて頂き、復縁方法についてご理解頂いた様で弊社と復縁工作の契約を交わす事となり、着手金の入金確認後に調査・工作の着手に到りました。

対象者を調査させて頂く事から開始させて頂き、工作員が元彼と接触するポイントの判明に成功させ、日程を調整して工作員を対象者に接触させる事に成功しました。

工作員と対象者を接触させた後、A様と別れた原因を聞き出していき、なぜ愛し合う2人が別れなければならなかったのか?の真相に迫ります。

A様からお伺いしていた別れの原因は交際時、A様の生活がだらしなく、何度も注意された事をいつまでも改善しなかった事が原因と考え、別れた後は清潔感を保ちながらだらしない生活を一変させようと奮闘してたとの事でした。

しかし、実際に対象者から工作員が聞き出した別れの本当の原因はだらしない生活態度ではなく約束を平気ですっぽかす事など、A様の考え方にずっと違和感を感じており、感じた違和感が次第に悪い部分ばかり映ってしまい交際を継続させるのは難しいと判断したとの事でした。

生活態度のだらしなさは半ば諦めていたものの、考え方の違いに違和感を感じていたとの話しを聞き出した為、対象者から聞き出した別れの本当の原因を改善して頂く様にアドバイスをさせて頂きました。

A様には別れの原因を改善して頂く為に自己改善プランを提案させて頂き、何をするべきなのか?を理解して頂きながらA様が抱えている問題点を改善する為に出来る事を進めて頂きました。

自分の問題点を改善するのはとても苦しい事であり、時には自分の無力さに泣き崩れる事もあり、A様を支えるのは復縁したい気持ちだけになり、気持ちを強く持つ事で復縁に向けて努力する気持ちを保って頂きました。

自分の何が問題だったのか、自分の何が元彼を苦しめてしまったのか?を理解したA様は今まで対象者にしていた事を改めて思い返してみると、その時その時で元彼から指摘されていた事も思い出し、交際時に何をすれば良かったのか?復縁する為に何をすれば良いのか?を自分でも考えながら行動出来る様になっていきました。

到らない点を改めながら復縁活動を進めていくと工作員が対象者の背中を後押しする様に復縁に向けた心理誘導に移るタイミングがあり、タイミングを見計らって復縁を後押しする様に状況を作り上げていきました。

復縁工作によって対象者の意識を復縁に向かせ、復縁に向いた意識を作った状態で対象者とA様を偶然を装って再会させる事にも成功します。

偶然の再会が対象者の背中を更に後押しし、後押しされてお互いに惹かれ合う形を取れた状態の為、友人関係から一歩進んだ恋人という形に戻れた復縁工作の成功事例になります。

元カノが風俗で働いていたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬30%
復縁したい状況元彼女が実は風俗で働いていた事が理由で別れを切り出した

M様が復縁したい相手は半年程度交際して別れを告げられた彼女になり、交際期間中は元彼女も幸せそうにしていたものの別れを切り出されてしまい、突然の出来事でパニックになってしまった事もあり縋ってしまったとの事でした。

結果的に対象者の気持ちを冷めさせてしまい、連絡を遮断された状態で復縁工作に頼らなければ復縁の可能性は全く見えなかったとの事でした。

気持ちが冷めて縋った程度で何故連絡を遮断されなければならないのか?が分からず、M様から話しを聞いても腑に落ちない点が幾つかありました。

理由がハッキリせず何故別れなければならなくなったのか?も分からないM様は対象者と復縁する為なら何でもしたい!と弊社のカウンセリングルームで強く気持ちを表現して下さり、別れの本当の理由が分からなければ復縁も難しい事から復縁する為に依頼しなければならない状態まで追い詰められていました。

M様から頂く情報を元に対象者を調査するとM様と別れて間もない対象者と仲良く歩く男性の姿を発見し、ホテルに入る所を目撃します。

別れさせ工作のターゲットが表れたのか?と考えざるを得ない状況でしたが、対象者は風俗嬢であった為、風俗で働いていた事も知らなかったM様はショックを受けながらも仕事を差別するつもりはないと口にし、対象者との復縁を目指す決意を口にします。

対象者に接触する為に客を装って接触し、連絡先の交換やお店外で会う約束を取り付け、ホテル内では他のお客さんについて話しを聞き、元恋人の話しを聞き出す事に成功し、M様を特定出来る内容の話しを聞き出せるまでに至りました。

風俗の他のお客さんの話しを聞きながらM様の話しも聞き出していくと今は自分の夢の為にお金を稼ぎたくて、お金を稼ぐ為には風俗の仕事をもっと増やさなければならず、M様の事は好きだけど、自分の夢と比べた時に夢を取った為、別れを告げて仕事に専念している事を聞き出します。

M様に問題があるのではなく、対象者の業種が特殊な為に受け入れてもらえないであろう事を考え、M様をなるべく傷付けずに別れようと決意した表れが突然の別れ話の真相だった事が分かります。

好きだからこそ対象者は苦しみ、M様も苦しめる結果になった事が分かり、M様が対象者の仕事を受け入れれば復縁が成功する道が見えてきました。

しかし、対象者はM様に風俗で働いている事をバレたくない気持ちが残っており、風俗の仕事をしている事に如何にして偶然を装って気付くか?という問題が発生しました。

対象者が働く風俗にM様が行ってしまえば再会する事も風俗で働いている事も知れるという事も考えられますが、M様が対象者の働く風俗に行く事で逆効果になる恐れも考えられました。

偶然風俗で働いていた事を知った形をとる為にピックアップした方法の中からM様に選んで頂き、風俗で働いている事を気付く為の偽装工作を行う事となりました。

偶然を装って再会させる形で対象者の仕事にM様が気付いた体の接触が成功し、最初はぎこちないながらも開き直って風俗で働いていた事を笑い話にするしかなくなった対象者は交際時から風俗で働いていた事等もM様に話し、友人関係に戻る形を取る事が出来ました。

友人関係として連絡を取り合っている状態で対象者から将来の夢などの相談を受けたM様は担当者のアドバイスに従った対応を行い、復縁という結果を得る事が出来た復縁工作の成功事例になります。

別れた現実を認められなかったけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況復縁する方法が全く分からない

別れを切り出されて別れない様に引き延ばす事には成功していたものの、5度目に別れを切り出された時に、これで別れないなら電話も着信拒否をしてlineもブロックすると言われてしまったS様は別れを受け入れるしかない状況に陥ってしまいました。
S様から復縁相談を頂いた時に、S様は別れてないと弊社相談員に伝えていたものの、状況から察するに別れているのを認めないだけで完全い彼氏との関係は破綻していた事が相談内容から伺えました。
関係が破綻している事を伝えるとS様も認めざるを得ない状況で、別れたくないから彼を認められないだけと意地を張っている事も漏らして下さいました。
やっと別れを認める事で先に進める事を説明致しましたが自分では彼氏の気持ちを取り戻す事が出来ないと考えた末に復縁工作の依頼を頂く事となりました。

元彼の気持を取り戻す為にS様が取っていた行動全てが気持ちを取り戻す人の行動ではなく、逆に嫌われる行動でもあると説明するとS様は納得し、どうすれば復縁できるのか分からなくなってきた。と口にしました。
元彼の気持は完全に冷めており、復縁する為には冷めた気持ちを取り戻さないと復縁できない事を説明し、S様にも復縁する為の人間としての成長を見せてもらえるようにお願い致しました。
自己改善の約束をお願いし、復縁工作の方法についてご説明させて頂き、プランに納得頂いた後に契約書の作成と着手金の確認が出来、復縁工作の着手に到りました。

対象者の情報を整理した上で調査方法について詳細をご提案させて頂き、S様と打ち合わせを重ねながら対象者の調査を開始させて頂きました。
着手金入金後すぐに動き出しを見せなかったのはS様と対象者は連絡が取れており、確実に調査で何かしらの情報が得られる事を確証した動きを見せる事でS様もご納得頂いたのでS様と対象者のやり取りから調査日程を決めて進めていく事となりました。
対象者の調査をしているとS様から聞いていた情報とは異なり、対象者に対する印象が変わったとの事でした。

対象者に工作員を接触させて、対象者からS様との交際について聞き出すと、しつこいし、何言ってるのか理解出来ないし別れたいって言っても付き纏うし…と、散々な言われ方を対象者から言われていました。
心当たりがあり過ぎる為、S様に報告させて頂くと復縁への希望をだいぶ失った様でしたが今のままでも復縁できない事を理解し、やるべき事をやるしかないと決意を新たに復縁成功に向けて自己改善に励んで頂けました。

対象者と関係を築いた工作員はS様の事を一緒になって否定しながら対象者の考えに寄り添った対応を心掛けていきました。
対象者との酒の肴にされるS様でしたが、工作員が対象者が言うよりもS様の事を批判しだすと過去に付き合った女性の為、あまり良い顔をしなくなってきました。
笑いの種というS様の話題が少しづつ変わっていき、あまり悪く言い過ぎないで欲しいというS様と若干言い争いになり、対象者がS様を庇う様に仕向けていきました。

どんな異性であれ一時は交際していた彼女という立場のS様を批判する事で対象者のS様への気持ちの変化が見られた所で、工作員は元彼女を悪く言ってしまった事を詫びながら、そんなにムキになるという事は何かに期待していたのではないか?という言葉を出します。
すると最初は期待していた部分を聞き出す事に成功し、S様の長所に当たる部分を聞き出す事が出来た為、S様の長所を聞き出す事で交際が始まった当初の事を思い出話として聞き出す事にも成功します。

対象者が感じるS様の長所とS様に期待していたからこそ裏切られた事への失望とがS様に復縁を迫られれば迫られるほどS様への失望感が積み重なり、長所も短所として見えてしまい、過去のS様の思い出を汚される事を望まない事が分かりました。
S様との思い出が全て悪いものではない事に気付いた為、S様に報告させて頂くと喜んで下さいました。
復縁の可能性が少し見えて来た事でS様の自己改善も進み、工作員も復縁に向けて期待を持って対象者に接する事が出来る様になっていました。

S様の自己改善を進めていくと復縁への気配が見えて来た為、工作員が対象者の背中を押して復縁を意識させる様に仕向けてみました。
しかし、復縁に向けて背中を押してみるものの復縁へはスグには足も進まず、少しづつ凝り固まってしまった対象者の心理状態を揺さぶり、復縁に向けて対象者の閉ざされた心を揺さぶっていくと次第に気持ちが復縁に向けて溶け始めます。
対象者の心理誘導を進めていくと次第に楽しかった頃の思い出を話し、復縁を意識する訳ではありませんが復縁の意識を植え付けた状態でS様の変化に興味を示してくれました。

S様の変化に興味を示した対象者とS様を再会させる工作を行い、S様の変化を直接対象者に見せる事で対象者にS様を再度異性として認識させる事が出来、異性として意識させた状態で幸い対象者には他に気になる異性の存在もなく新たな出会いもなかった事から復縁に向けて話しが弾む事となり、復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。

大学時代に付き合っていた恋人と復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 群馬
契約期間と料金4ヶ月の契約 150万円 成功報酬30%
復縁したい状況学生時代に別れて何年も会えなかった彼女との復縁希望

S様からご相談頂いた際にとても困難な案件の理由が大学時代に付き合った恋人との復縁を望まれ、今現在どこで何をしているか?も全く分からない状況でした。
学生時代は自信の無さが表れて付き合い方もギクシャクしてしまい、自然消滅に近い状態で別れてしまったけれど、忘れられない対象者への想いを叶えたく、弊社にご相談頂く事となりました。
S様の復縁には対象者が今現在何をしているのか?という問題と対象者が結婚していては難しくなるという事を伝え、まずは対象者を探す事からご提案させて頂きました。

S様も結婚していたら家庭を壊したくないとの事でしたので別れさせ工作については考えておらず、対象者を調査して判明させる事から始めました。
復縁工作のご依頼は対象者を特定させてからのご依頼になりましたが、対象者を特定させる為の情報をS様は持っていた為、一ヶ月程度で対象者を特定させる事が出来ました。

対象者を特定すると素行調査を行い、婚姻生活や恋人の有無等を確認し、対象者は既婚者でもなく恋人の存在も明るみに出ない事から復縁工作のご依頼をいただく形となりました。
対象者の情報は過去の物であり、今現在の情報収集をした後に対象者に工作員を接触させ、S様と別れてからの話しを聞き出します。
S様と別れた後に対象者は3人程の異性と交際しており、その内の1人と結婚を意識したものの、タイミングが合わず結婚の機会を逃したという話しを聞き出しました。
過去の恋愛話からS様の話しを聞き出すと、S様との恋愛を良い思い出の様に話す対象者の姿がありました。

思い出が思い出のまま終わっているのか、良い思い出を得た恋人だったからこそ懐かしさから恋愛に発展するのか?は工作員が話しを聞き出だそうとしてもなかなか喋らず、S様に話しをするとS様も複雑な心境を明かしました。
年齢をお互いに重ね、過去の思い出を良い思い出のままにしておく方が対象者にとっても幸せではないか?と考えたS様は復縁したい気持ちと関わってはいけない気持ちの狭間で揺れ動きます。

複雑な心境のS様の話しに耳を傾けているとどちらの選択肢が正しいのかS様自身も判断出来ず、担当者にもどちらが良いのか?という相談を持ち掛けてきましたが、人生を左右する様な選択肢を担当者が選ぶわけにもいかず、最終的にはS様が自分の意思で復縁に進む決断をしました。
S様が復縁に進む決意をした訳ですから、シッカリと後押しする姿勢を作らせて頂き、美化された思い出を更に良い印象を与える様に心理誘導していきます。
S様との思い出を懐かしさを感じながら話してくれた対象者の表情からS様の印象は決して悪いものではなく、再会したら恋愛に発展する可能性は大いに感じられ、対象者とS様を再会させる動きを取り始めました。

何年も会ってない対象者と会う不安をS様は担当者にこぼし、担当者も不安を出来るだけ和らげる様にS様の話しに耳を傾けながら電話やlineのやり取りを増やしましたが、S様の不安は再会の日が近付くにつれ上昇し、担当者と再会の日まで連絡を取り合わない日はない位にS様の不安を担当者は聞き入れました。
しかし、いざ再会の日が近付いた際に対象者から工作員にキャンセルの連絡が入り、仕事の都合でどうしても時間を取れず次の機会にして欲しいとの連絡が入りました。
一度キャンセルになった為、S様にもキャンセルを伝えるとS様は落ち着き、メンタルを取り戻します。

メンタルを取り戻したS様は次に工作員が対象者と約束を取り付けるまでに成長した自分を見せたいと意気込み、担当者も不安を口にするばかりのS様からやる気に満ちたS様の姿を見てアドバイスに熱が入りました。
人としての成長を復縁工作のご依頼をいただいた後も強く感じられ、担当者もS様の成長があっても復縁が叶わないなら仕方ないというところまでS様の成長が垣間見えました。

工作員と対象者のやり取りを続けていた為、キャンセルのお詫びの連絡が来ていた為、仕事が落ち着き次の約束を取り付け、S様と対象者の再会工作に移る手はずが取れる様になりました。
対象者の予定に合せてS様にも有給を取って頂き、仕事を休んで対象者との再会に当たりましたが、都合の悪い事に再度対象者からキャンセルの連絡が入ってしまい、対象者から何度も謝罪の言葉を工作員は聞きましたが、S様の落胆は表現しようがない位に落ち込んでいました。
対象者の状況に合せなければならない事はS様も理解していましたが再会に向けて意気込んでいたS様の落胆の気持ちも分かる為、担当者はS様を慰める声を掛け、縁がないかもしれない…と落ち込んでいたS様を勇気づけます。

工作員が焦って接触を図れば対象者が引いてしまう事も考えられたので対象者からの連絡を待つ形を取り、極力連絡を取らない手段に出ましたが、対象者を追い詰めない姿勢が功を奏したのか、対象者から連絡が入り、S様の再会に向けて3度目の行動に移る事になりました。
次は絶対にキャンセルにならない様に予定を調整したという対象者の言葉をS様に報告すると、S様は有給を取り、再度再会する為に準備を整えました。
再会時に偶然を装って再会を演出し、S様と対象者の偶然の再会を演出する事に成功し、再会したS様は今まで空振りした時の気持ちも込めて対象者にアピールします。
S様が自分をアピールするのと同時に工作員が対象者の背中を押す事でS様と対象者の関係は良好に進んでいき、連絡先を交換したS様と対象者の復縁に向けて進んでいく形が取れました。

再会から1ヶ月が経ち、ほぼ毎日の様に連絡を取り合うS様と対象者の間に恋愛感情が芽生え、対象者とS様が復縁にに繋がった報告をいただいたのはS様からになり、何年も想いながら叶う事が出来なかった復縁を成功させた復縁工作の成功事例になります。

会社の後輩との交際が破局したけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域O様 神奈川
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬20%
復縁したい状況職場の後輩と別れた原因が分からなかったけど…

O様は会社の後輩に恋をして告白後、付き合う形になりましたが、3ヶ月程度のお付き合いの後に対象者から別れを切り出されます。
職場で会える事等を理由に簡単に復縁できると考えていたO様ですが、思惑とは異なり、会社でも業務連絡以外の会話には答えてくれずlineも既読スルー、電話も出ない状況が続き、どうにもならない事を悟った為、復縁相談を頂く形となりました。

過去に復縁の経験もなく、復縁屋の利用も復縁相談の仕方も分からない為、様々な事が初めて尽くしのO様でしたが、どうにもならない状況を打破する為に何か良い方法はないかと模索した結果が復縁屋の存在でした。
O様から初めてご相談頂いた際に、O様は別れの原因について検討がつかず、職場での業務連絡以外の会話も持てない事から復縁活動に行き詰っていたとの事でした。
相談時に自分が何故ここまで嫌われたのか、全く見当がつかないとの事で、弊社相談員も別れの原因を知らなければ解決しようがない事を伝えると復縁工作を提案させて頂く形になりました。

復縁する為に何が求められているのかを知らない復縁屋側にしてみればアドバイスでどうにか解決出来る問題ではない事も一般的に考えてみれば分かる事ですが、相談当初はO様には理解が出来ていませんでした。
復縁工作の依頼を頂く事で別れの原因等を解明し、解明した原因を改善する事で職場での対応も変わり、復縁に向けて進む事が出来る事は理解したO様でしたが、それ以外に復縁する方法はない事も知り、復縁工作の契約に踏み切ります。

ご依頼後、対象者を調査してみると対象者には他の異性の存在がある訳ではなく、外部要因が原因で別れた訳ではない事が分かります。
そうなると別れを決意された理由はO様が何かをしたケースが考えられ、その何かとは一体何なのか?を工作員が対象者に接触して聞き出す形を取りました。

復縁工作の依頼中はO様はずっと自分の何が原因なのか?どうしたら原因を改善出来るのか?について考えていましたが、対象者から聞き出した話しを聞くとO様は想像も出来ない事が判明します。
O様の抱えていた別れの原因は細かい事を言えばキリがなく、性格が完全に合わない事や自分本位の考え方が付き合う事で気付いてしまい、自分本位過ぎる考えが元で、付き合っていても疲れるだけになり、別れた後も自分本位に接して来る事で付き合っていた頃よりも嫌いになっていった事が分かります。

何が自分本位なのかに気付けない為、職場でも別れた後に何をしていたのかも気付かず、別れた後に更に嫌われているとは全く思っていなかったO様はショックを受けますが、改善して職場での印象が変われば復縁の可能性もあるかもしれないと希望を持つ事が出来ました。
問題点の改善に努め、O様の考え方全般を否定した状態を続け、生き方、考え方等、全てを対象者から好かれる為に変えていきます。
工作員の後押しと同時に職場で対象者以外の方々からの印象も変わって来たところで工作員が対象者に復縁を促す心理誘導を加速させます。

対象者が復縁を意識する頃には職場での印象は全く異なっており、職場の方々の声が対象者の耳にも入ります。
工作員の元にも対象者から『最近前の彼氏の印象が良くなったって良く聞くんだよね』という言葉も出て来る様になり、復縁を完全に意識させた状態でO様から話し掛けさせると業務連絡以外の会話が出来る様になり、デートの誘いにも応じてくれる様になりました。
3度目のデートの時に対象者から『職場の印象が全然前と変わったけど何があったの?』と話しを切り出され、自分の今までの行動全てが間違っており、それによって対象者にも迷惑を掛けた事を伝えたという報告があり、後日対象者から工作員にO様とのデートの話しが出てきた際に復縁を意識している事が打ち明けられます。

打ち明けられた内容をそのままO様に伝え、後は『復縁したい』と告白するタイミングを待ち、O様から告白させます。
『今のあなたなら復縁しても良いかなって思ってた』と復縁の許しを得る結果になり、復縁工作は無事に成功した事例になります。

恋人にきつく当たってしまい別れたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 千葉
契約期間と料金4ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
復縁したい状況ストレスでキツク当たってしまった相手と復縁したい

Y様から復縁したいと相談を受けて話しを聞いていると対象者への想いで胸が一杯になったのか涙ながらに対象者との思い出等を語りました。
話しを聞いていると別れを切り出される前の3ヶ月は対象者に怒りをぶつける生活を繰り返し、精神的に仕事で追い詰められていた事を言い訳にして対象者を精神的に追い詰めていたとの事でした。
結婚の話も出る時期で本来なら大切にする時間にY様のストレスを対象者にぶつけ、別れを告げられた頃には後悔の連続で毎日苦しさから逃れる為に自分を責めていたとの事でした。

ネットで復縁方法を探しても同じ様な事ばかりが書かれており、ネットに書かれてる方法を真似して復縁の為に努力するものの状況は何も変わらず、復縁する為に自分で出来る事はやり尽くしたY様が最終的に決断したのは復縁屋に頼る事になり、数社に電話相談をしたとの事でした。
自分の状況を伝えたくてもなかなかうまく伝えられず、状況を伝えたくても上手く伝えられないもどかしさをY様は感じていたとの事でしたが、一つ一つ状況を整理していき、説明が決して上手とは言えないもののY様がした事や対象者とのお付き合いの仮定等をお聞かせ頂きました。

相談時に話しを聞いているとY様が口に出した事も含めて細かな話しの中で対象者の性格等も踏まえて話しを聞いていると復縁の可能性は全くない訳ではない事に気付きます。
工作員を接触させてY様が抱えていたストレス等を対象者も理解出来るであろう事やY様に対する気持ちが残されているであろう事がY様からの話しの中で判断出来た為、復縁の可能性が見え、方法次第では復縁も可能という判断が出来ました。
復縁する為に工作員の協力は必須になりますが復縁の可能性は十分にあるという判断で復縁工作の依頼を承る事になりました。

復縁工作の契約書を交わし、着手金の入金確認後、復縁工作を行う為の情報収集の着手に入りました。
Y様との別れた後、対象者との連絡は疎遠になり、リアルタイムな情報は入らなかったので調査を行いながら対象者の情報収集に努めます。
調査を進めていくとY様も知らない対象者の情報が入手出来、復縁する為に必要な情報を集めていく中でY様がショックを受ける出来事もいくつかありました。

工作員との接触前にY様の心は若干折れ気味になり、復縁する為に必要な情報を集めている時点で心が折れそうになるY様の話しを聞き、陰ながら依頼者の辛さをサポートする以外に担当者が出来る事はありませんでした。
対象者に接触して話しを聞いているとY様との関係についての話しになり、付き合っている間とても辛く、別れてから自由になり、心も軽くなったとの話しを聞き、Y様に伝えづらい内容でしたが伝えなければならない状況に心痛めながら報告させて頂くと、Y様は涙を流しながら自分のした事を後悔していました。
依頼してからずっと後悔し続けるY様に復縁屋の立場は慰める事が求められる訳ではない為、話しを聞くだけしか出来ない状況に心痛めながら出来る事をさせて頂いている態度でY様の話に耳を傾けます。

Y様の悔やむ気持ちを聞いた担当者はどうにかしてあげたいという気持ちで工作員への指示を出しますが、工作員が話しを聞けば聞く程、Y様への言葉が尽きる事なく聞こえて来る為、担当者も頭を悩ませます。
対象者からの話しを工作員が聞き、Y様へ思っていた事を全て話した対象者は吹っ切れた表情とスッキリした状態になり、そこから初めて心理誘導を行い、復縁に向けて対象者への工作を進めていく事となりました。
少しづつY様に報告する内容も接触当初とは異なり、対象者から出て来る言葉も変わって来た為、Y様の後悔が大きくなる事もなく少しづつ声の調子も明るい声になっていきます。

前向きさを取り戻したY様とY様への不満を全て晴らした対象者の再会を演出する頃には復縁を完全に意識させられた状態を作る事が出来、再会に胸躍るY様と対象者の再会を演出する打ち合わせ通りの再会にこぎつけました。
復縁を意識したY様と対象者が再会した後、対象者は工作員に話していた様な事をY様に告げますが、最初に工作員からの報告で聞いていたY様は対象者の不満を全て受け入れ、感情的になる事なく対象者と向き合えました。

再会した際に感情的にならない姿を見た対象者が想像していなかった事に一番驚き、逆に感情をぶつけてしまった事を申し訳ないと詫びる姿も見え、関係修復に繋がります。
再会工作の後に2度程デートをした頃には仕事でストレスを抱えて爆発させていた頃とは異なるY様の姿を見て好印象を抱いており、言葉には出さなくても蟠りが取れた2人の姿は恋人の様に見えましたが、復縁に繋がる言葉は出て来ません。
最後の一歩が踏み出せない対象者に工作員が接触し、背中を後押しする事で復縁成功に繋がりましたが、対象者の少し煮え切らない性格を考えた時にY様も焦らず落ち着いて行動で来た事が功を奏した復縁工作成功事例になります。

別れの原因が仕事とプライベートの区別がつかない事と言われたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 70万円 成功報酬30%
復縁したい状況別れて職場でギクシャクした状態

元々は職場の先輩、後輩の関係だったY様と対象者は仕事とプライベートの切り替えが出来なくなり、関係が悪くなったとの事でした。
周囲にはお付き合いは公言していたものの、別れた事は言えず、別れた後のぎこちない関係が気付かれてしまい、職場での陰口等が耳に入って来ると共に別れた事を後悔して何もかも投げ出したくなったとの事でした。

Y様から復縁相談を初めて頂いた時は復縁したいのか、それとも職場での居心地の悪さを解消したいのか分からない様な話しぶりで、Y様の復縁への気持ちの有無について不安なところもありました。
しかし、話しを聞いていると職場の事よりも対象者との関係を修復したい気持ちが徐々にですが伝わってきます。
復縁したいかどうかを判断するのは『復縁したい』という言葉ではなく、復縁したい気持ちが伝わるかで判断している為、初めてご相談頂いた時はご相談を打ち切らせて頂くか悩む位でしたが話せば話すほど
復縁への気持ちが伝わって来ました。

Y様が気持ちを伝えるのがあまり上手ではない事に気付き、気持ちの伝え方について質問し、指摘すると『この短時間で良くそれが分かりますね』という言葉を頂きました。
伝え方があまり得意ではない事に気付き、気持ちの伝え方等を改善していけば復縁の可能性も見えてくる事やギクシャクした関係で対象者も職場では気まずい思いをしている事がY様からの情報で聞けた為、Y様の復縁したい気持ち次第で復縁の可能性がある事を伝えさせて頂き、復縁工作のご依頼を承る事になりました。

復縁工作の方法を提案させて頂く際にもY様が考えている事を担当者に伝える説明がなかなか上手ではなく、弊社に丸投げで任せて頂けるとの事でしたから方法の説明をさせて頂き、これといった質問は特になく契約書を交わさせて頂きました。
調査を着手金の確認後に早急に行い、別れてからの対象者の行動を把握し、Y様に報告すると付き合っている時と大きな変化はなく、外食の行きつけのお店も以前と変わらないとの事でした。

接触ポイントも調査開始後すぐに判明し、接触方法についてY様に説明すると『全てお任せしているんで大丈夫です』と方法についての説明も特に質問もなく進めさせて頂きました。
Y様は復縁工作の進み具合よりもアドバイスを受けて自分が変われるのか?を気にしている部分があり、調査や工作も順調にいっている間、報告内容よりもどうすれば自分が変われるのか?をしきりに担当者に質問し、自己改善プログラムを実行した質問の方が多く時間を割きます。

復縁工作が進んでいくと、Y様は『まだ自分は変われた訳じゃないのに…』と焦り、『今のままでは復縁できない…』と復縁した後の事もシッカリと考えて自己改善に励んでいました。
社内での対象者以外の周囲の反応は以前とは異なり、『最近何かあったの?』と聞かれる事も増えていた頃、担当者に相談を持ち掛けます。

自己改善が順調に進んでいる中、Y様の不安は高まり、復縁工作を一旦中止して欲しいという申し出を受け、担当者は困惑します。
Y様の言い分は復縁したいけど今のまま復縁したらまた別れる事になるからという言い分があり、担当者が『せっかく復縁できるチャンスを棒に振るのは勿体ないし、このチャンスを活かさなければそもそも復縁の可能性が無くなってしまうかもしれない』と説明します。
対象者の心理誘導も工作員の成果が表れており、職場では対象者の方からY様に話し掛ける機会も増えたとの事でした。

しかし、肝心のY様が復縁に待ったを掛ける為、Y様の休日を利用して担当者はY様と面談をして今後の流れをどうしたいか?について話す機会を設けました。
Y様と担当者の面談は5時間にも及び、復縁を成功させたい担当者と復縁に待ったを掛けるY様の間で復縁してから別れない様にするのも大切だし、まずは復縁しなければチャンスを失くしてしまう可能性がある事から復縁に向けて進む事で合意し、復縁工作を続行する形となりました。

Y様との合意があった頃には対象者と接触している工作員からも『もう復縁できちゃいますよ。対象者が復縁に前向きになっちゃってます』と担当者に報告が入りました。
対象者とY様、2人の工作員で食事会をした時は対象者はY様にベッタリで既に復縁しているのではないか?と思えるほど距離が縮まっており、復縁するかしないかはY様次第という様にも見えた状態でしたがY様が先になかなか進みません。

Y様に『復縁したくないの?』と担当者が聞くと『付き合ってなくても職場で雰囲気が悪くないし今のままでも良いかなって思う事もあるんです。』と返答が返ってきます。
『とりあえず復縁してみます。』というY様の言葉を聞き、復縁は成功しましたが、Y様自身も復縁をあまり望んでない様に見えました。
結果的には復縁は成功しましたが依頼者が喜んで復縁するという復縁ではない為、何とも歯切れの悪い形で復縁工作が成功した事例になります。

大きな喧嘩が原因で別れたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 千葉
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
復縁したい状況ケンカが原因で別れに到った

付き合って3ヶ月程度で大きなケンカをしてしまい、別れてしまったY様と対象者のケンカの発端はY様の考えと対象者の考え方に大きな違いがあるのが原因でした。
もちろん別れの原因を知ったのは復縁工作を行った後で工作員が対象者から聞き出して分かった事ですが、Y様はケンカの発端や別れの原因について
自分では理解しているつもりになっていたけれど全く対象者の気持ちを理解出来ていなかった事に工作員が対象者から聞き出した情報を報告して気付きました。

『どうすれば復縁できますか?』というY様からご相談を頂いた際に、Y様は『別れの原因は分かってるけど、どうすれば良いか分からなくて…』と仰っていましたが、蓋を開けてみるとY様は全く対象者の気持ちを理解していなかった事を知ります。

対象者の気持ちを理解出来ていなかった為にケンカに発展した事や復縁したいならやらなければならない事を説明し、復縁への想いを自身で確認していきます。
本当に復縁したいのか?を自分自身で何度も確認して頂き、初めての相談からご依頼を頂くまでに1ヶ月程度の期間を要し、対象者と絶対に復縁したい!!という気持ちを面談時に聞かせて頂きました。

復縁工作のご依頼を頂く際に面談を行い、4時間程度要しましたが、4時間の内、3時間程度は対象者への想いやY様からお伺いさせて頂く話しの中で予測出来る対象者の気持ちについての話しであっという間に時間が過ぎていきました。
担当者が復縁の知識や経験を元にY様に考え方の違いを時間を掛けて説明すると、Y様は少しづつY様の考え方の間違いに気付き、別れの原因についても自分で考えていた理由は全く違うのではないか?と疑問を持てるようになりました。

『対象者の気持ちは対象者から聞き出さなければ分からず、対象者の気持ちを理解していたなら別れに到る事はなかったのではないか?』という担当者の意見に耳を傾ける事が出来る様になり復縁への考え方が改まっていきます。
復縁への考え方が改まり、復縁に向けて頑張ろうとしていた事がほとんど無駄だった事に気付いたY様は復縁工作の契約書を交わす際も『自分を変えたいです』としきりに口にしていらっしゃいました。
自分を変えて対象者にもう一度自分の魅力に気付いてもらう事、今の自分には復縁したいと思ってもらえる魅力がない事を自覚し、魅力をもった一人の人間としての成長に期待に胸を膨らませていました。

Y様からの情報を元に復縁工作の契約を交わした後は調査や工作を進めていき、Y様と別れた原因を聞き出していくとY様が考えていた別れの原因とは全く別の要因で別れに到った事に気付きます。そして、対象者から聞き出した事をY様に報告すると、Y様の口から『そんな事してたの忘れてた…』と自分の中には全く考えてもなかった理由が報告で伝えられると『1人で復縁しようとしてても絶対無理でしたね…』と少し弱音が零れました。

対象者から別れの原因を聞きだし、Y様には聞き出した情報を元にアドバイスをさせて頂きながら自己改善に励んで頂きました。
Y様が考えていた自己改善と対象者から聞き出した情報を元に行う自己改善は全く異なっており、Y様は自分の成長を少しづつ実感していきます。
自分の至らなさに気付いたY様は担当者と電話で話している時から至らない部分が出ない様に心掛けている姿勢が伝わり、担当者も少し意地悪な質問をしたりアドバイスを行っていきましたが『何を言いたいのか?』という本質を理解して対応出来る様に変わる姿勢が伺えました。

同時進行で工作員が対象者に復縁に向けた心理誘導を行っていた為、対象者の怒りを吐き出させながらY様との復縁について少し考える事があるという話しの流れになり、対象者の中にある絶対に復縁しない!!という気持ちが次第に変化していきました。
対象者の気持の変化とY様の自己改善が順調に進んでいる状態でY様と対象者を偶然再会させる再会工作に進みます。
再会工作を行うと対象者がY様の変化に気付き、ケンカした事を素直に謝ります。
Y様も『自分こそ嫌な思いを沢山させてごめんね』という言葉を対象者に投げかけ、再会工作の当日に復縁まで至り、復縁工作は無事に成功しました。

14歳年下の恋人に別れを告げられたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 90万円 成功報酬20%
復縁したい状況別れの原因が年齢差で悩んでる

M様と対象者の年齢差は14離れており、年下の対象者の年齢にいつも劣等感を抱いていたM様は何かある度に年齢差を口にして、対象者を精神的に疲れ果てさせていました。
もちろんM様は対象者を追い詰める為に年齢差のコンプレックスを対象者に伝えていた訳ではないのですが、何かにつけて年齢差を口にするM様と何かにつけてコンプレックスをぶつけられる対象者では受け取り方が異なり、精神的に疲れ果てた対象者はM様との交際に終わりを告げます。

終わりを告げられたM様は別れ話の際も『年齢差があるからでしょ?』と何度も対象者に詰め寄りますが、その度にM様は『違うよ…』と説明していたものの、別れ話で冷静になれなかったM様は別れの原因は年齢差のせいだ…と、あくまでも年齢差にこだわりました。
相談を頂いた時もM様の口からは『年齢差が原因で別れてしまったんですけど復縁する方法を教えて下さい。』と伝えられ、復縁する為には本当の別れの原因を知らなければ直しようがないし、本当に別れの原因が年齢差によるものなら改善のしようがない為、どんな方法であっても復縁は難しい事をお伝えさせて頂きました。

復縁する為には何が必要なのか?対象者との間に何があったのか?等を面談時に細かく聞き、復縁する為に必要な事を丁寧にご説明させて頂き、復縁工作のご依頼を頂く事になりました。
復縁の可能性を聞く人は復縁できませんが、復縁の可能性を作ろうとする人は復縁できる可能性が残されており、M様は復縁の可能性を作ろうとする姿勢があり、復縁の可能性を作る為に復縁工作のご依頼をいただいたので結果的に復縁成功に繋がった事も成功したからこそ理解して頂けました。

復縁工作の契約書を交わし、調査や工作を進めていくと、M様が考えていた別れの原因は別れの原因ではなく、M様の劣等感である事が分かります。
対象者がM様に求めていたのは年上の恋人であり、包容力があり、対象者を引っ張ってくれる事を求めていましたが、M様は何かにつけて年齢差を理由にウジウジと話し、いつ別れを告げられるか分からない不安を対象者にぶつけていた為に別れを告げられた事が分かります。

求めるものと与えるモノの違いについて担当者が説明しましたが、アドバイス当初はなかなか理解出来ず、担当者が丁寧にアドバイスをして少し時間は掛かりましたが、やっと理解して下さり、問題点の改善に進んでいきます。
対象者から様々な話しを聞き出していくうちに、M様の問題点はとても多い事に気付き、M様へのアドバイスにも相当時間が掛かりました。
M様が問題点を改善しない事には心理誘導をして復縁を意識させても復縁は出来なくなってしまう為、チャンスを活かす為に担当者はM様へのアドバイスに熱が入りました。

M様の問題点が改善されてきた頃には担当者とM様の打ち合わせで心理誘導を行ってM様との復縁を意識させる様に進めていきましたが、M様は心理誘導の中身が気になり、問題点を改善するアドバイスに意識が向かず、担当者は焦ります。
復縁する為にはM様の協力は必要不可欠になり、M様が努力を怠れば心理誘導を行って復縁を意識させた所で復縁工作は失敗します。
M様の意識を変えるのが急務であり、心理誘導も順調に進んでいた為、M様の意識が変わらなければ対象者と再会させたところで復縁にすすむどころか復縁の可能性を完全に潰してしまう可能性が出てしまいました。

担当者は必死にM様に復縁工作が失敗する可能性が出てしまうので、もっと真剣にアドバイスに耳を傾けて欲しいと伝えますが、自分を変える事の辛さを知ったM様はなかなか気持ちがついていきません。
しかし、担当者の必死の想いが通じ、対象者と絶対に復縁したい!気持ちを再燃させる事に成功した為、M様は復縁の為に辛い努力に向き合う決意をしてくれた為、再会工作に進めていきました。
再会工作の結果、無事に運命の再会を果たしたM様は対象者から前とは少し違う印象を与えられましたが別人の様に魅せる事までは届かず、工作員が再会工作中に何度もフォローを重ねて、再会工作は無事に成功します。
再会後、何度かデートの約束を取り付け、問題点を改善したというよりも隠しながら対象者と会っていた為、バレない様にする為のアドバイスを繰り返し、デートも順調に進み、復縁成功までに到りました。

復縁成功の報告を受けた担当者は、M様に『今のままだとスグに別れるのが目に見えているので本当に以前したアドバイスを良く思い出して行動して欲しい…』と伝えさせて頂きます。
軽い感じでM様から返事を頂き、耳にタコが出来る位に同じ言葉を繰り返しましたが、復縁工作が成功して浮かれている状態のM様の耳には担当者の言葉が届いていない様に感じましたが、復縁成功し、復縁工作の依頼は完了した為、あとはM様本人にお任せする事となり、依頼は終了しました。

お互いの嫌なところが見えて距離を置きたいと言われたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬20%
復縁したい状況どんな形でも良いから復縁したい!

アルバイトの同僚として出会ったS様と対象者の関係が悪化した理由は、同棲して職場でも家でも常に同じ空間で過ごし、お互いの嫌なところが見え過ぎてしまい、距離を置きたいと言われた事が原因との事でした。

嫌いじゃないけど別れたいという言葉を出され、嫌いじゃないなら復縁の可能性はあると考えていたS様の思惑とは裏腹に、対象者には気になる人物が出来てしまい、焦ったS様から復縁工作の依頼を承る事になりました。

対象者が好意を持っている女性は友人と飲みに行った時に知り合った女性との事で、知り合った日に連絡先を交換し、毎日連絡を取り合う仲になる等、急速に距離が縮まっている事に不安を覚えたS様が弊社にご相談頂いたのは22時を越えた時間になり、若干パニック気味に弊社相談員に復縁相談を頂く形になりました。

対象者に気になる女性がいるのなら、早急に対策を立てなければ対象者からの告白を受け入れて2人が付き合ってしまう事も考えられます。

2人が付き合う前に妨害も兼ねて復縁工作を行う形になりましたが、S様の別れを告げられたけど嫌いじゃない…という言葉に対する意識がもう少し深刻な問題だと気付いていれば焦る様に復縁工作をしなくても良い形を取れたとは思いますが、後から過ぎた事を言っても仕方ないので、出来る事を早急にやる事で問題解決に向かう足掛かりにもなる事をお伝えさせて頂きました。

調査を行う事で判明した事実は思いの外対象者の想い人は対象者に対して食いつきが良くなく、対象者の思惑通りに事が進まない状態が続いていました。

復縁工作員を接触させる際に対象者と想い人がケンカしている事を目撃し、ケンカの内容が想い人から『しつこくラインをして来ないで欲しい』という内容でした。

S様からの話しでは女性扱いに慣れた対象者との事でしたが、実際はそこまで女性扱いが慣れている訳ではない事が判明し、男性工作員が対象者に接触した後に知った事ですが、女性と付き合ったのはS様が初めてであり、見栄を張ってS様には伝えていたけれど、他の女性とのセックスにも興味を示した為にS様に別れを告げた事が分かります。

S様に対象者から聞き出した情報を伝えたところ、S様はショックを受け、復縁を諦めるかどうかで悩みます。

嫌いじゃないけど別れたいというのは対象者からしてみれば、他にセックスが出来る女性がいなかった場合にS様とセックスが出来れば良いと考えている節が見え隠れした為に、その様な相手と復縁を望む自分自身の気持ちに対して揺らいでいた事が分かります。

数日後に、それでも対象者との復縁を望むという言葉を頂き、対象者に対する心理誘導を行う上で、他の異性との関係についてケリを付けなければ、復縁しても再度同じ事が起きるか、復縁出来ない可能性もある事をS様にお伝えさせて頂きました。

悩んだ末にS様が答えた言葉が一回の風俗なら許したい。との言葉を妥協の言葉として選択し、男性工作員に対象者を風俗に連れて行ってあげて欲しいとの要望を頂きました。

S様にしてみれば苦肉の判断だったと思いますが、他に女性を作って復縁出来ない。もしくは復縁した後に同じ事をされる位なら風俗に行って性欲を発散させた方が良い…という判断の為、復縁工作員に対象者を風俗に連れて行って欲しいという想いを告げられます。

対象者を風俗に連れて行った後は、彼女がいれば毎日セックスしようと思えば出来るし、お金を掛けて性欲を発散させるなんて勿体ないよ。という話しをし、性欲発散の為に掛かるお金と天秤に掛けさせます。

他の女性との性交渉に風俗に行ってあまり魅力を感じなかった対象者から数日後、S様にもう一度一緒に住もうという話しを切り出し、S様にとって要望は叶ったけれど、少し残念な事が判明した復縁工作成功事例になります。

お金の無心をされて生活の面倒まで見ていた彼と復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬20%
復縁したい状況正常な関係で復縁したい

対象者(彼)と復縁したいとご相談頂いたのは風俗嬢のM様でした。対象者の言いなりになってお金を渡し、生活の面倒全てをみていたものの、ある日突然対象者から別れを告げられ、『お金が必要なら幾らでもあげるから!!』と縋ったものの、『そうじゃない』と言われてしまい、何をすれば良いのか分からない状態になり、縋る想いで弊社にご相談頂きました。

対象者が望むものが何なのか、M様は何も分からず、お金の面で解決する事しか思いつかなかったとの事でした。

金銭的な問題なら仕事を頑張れば良い…と考え、一生懸命仕事をし、お金を稼ぐ事で復縁できるかもしれない…とM様は考えますが、対象者から金銭的な問題ではなく、復縁は考えられないと言われている事は頭から抜けているM様にしてみれば、何をすれば良いのかが全く分からない状態になり、自分が出来る事を…と考えた様でした。

復縁したいという言葉を弊社に頂いた時には苦しみを抱えてどうすれば良いか分からず、自殺でもしてしまうのではないか?という程、苦しまれていました。

M様の中で、対象者以外の男性を愛せない。対象者がいれば他には何も要らない。という強い想いがあった事は分かります。強い気持ちがあるからこそ、どうにかしたいと努力しようとする姿勢は分かりますが、当事者には何を努力すれば良いのか?というものが分からず、分からないから悩みに悩み抜いて弊社にご相談頂いた様でした。

復縁屋に頼る事は出来ればしたくなかったけれど、頼る所もなく、自分ではどうにもする事が出来ず、自分にはどうにも出来ない事が分かったからこそ復縁屋に相談する事を決意します。

とても苦しんだであろう事も分かり、復縁する為に何をすべきかを考えた結果、復縁工作に踏み切ったのですが、復縁工作に踏み切り、対象者に接触した際に対象者から抜き出した情報はとても酷いものばかりでした。

M様の悪口はとても口汚く、M様への扱いがATMかの様な口ぶりで、ATMの引き出しも度が過ぎれば訴えられかねないので別れを告げたとの事でした。

復縁工作で対象者から聞いた事実はM様に伝えます。

担当者は対象者から聞いた内容を柔らかい表現にして伝えようとも考えましたが、全てを理解しなければならないと判断した為、録音したモノを時間は長くなってしまいますが全部聞いて頂き、対象者がM様に対して何を想っているかを理解して頂きました。

復縁工作によって得た情報を聞いた時のM様はショックを隠せないのはもちろんですが、一瞬復縁を諦めるかどうか悩みました。

ボロクソ言われているのに復縁を目指すのは変ですか?という言葉に、復縁を目指すかどうかは自分で決める事ですよ。という言葉。

そして出した結論が、ボロクソ言われても復縁したいと思っています。という言葉を頂き、ボロクソに言われている彼を見返しましょう!という言葉と共に復縁に向けて再度方向性を修正し直します。

M様との打ち合わせを重ねながら、復縁工作員が対象者と接触して4回目の時に少しづつ対象者にも心境の変化があり、復縁工作員が少しづつ情報を聞き出しながら心理誘導を進めていった効果が表れた時には、M様の抱えている部分の問題点も改善されていきます。

更に4回ほど対象者と接触した頃には対象者の中にあるM様をバカにした感情が申し訳ない事をしたという方向に変化を示し、対象者が自分がした事に対する罪悪感を持ち出した頃にM様と対象者を再会させます。

偶然を装い、再会した事で復縁工作員が対象者を心理誘導していた内容から対象者はM様との連絡を取り合う様になり、以前とは違うお付き合いの仕方を提案し、復縁に到る様になった復縁工作成功事例になります。

元彼をフッた後に大切さに気付いたので復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
復縁したい状況自分からフッた相手と復縁できず悩んでる

自分から振った彼と復縁したいというご相談を頂いた際に別れ話の内容や別れ際の状況などを詳しくお話しをお伺いさせて頂きました。

別れ話の際に元彼は別れたくないと縋って来たけれど、別れを決意したというM様の話しから、元彼の気持ちを試す行動ではなかった事が推測できます。しかし、一度別れてみてからは元彼の良さを思い出し、元彼との思い出から復縁したいと思い、元彼に復縁を申し出たとの事でした。

しかし、M様が復縁を申し出ても元彼は復縁しないと復縁を断られ、別れ際の時の印象と復縁を申し出た時の印象の違いにM様は戸惑い、復縁工作の依頼を検討したとの事でした。

依頼前に本当に復縁したいんですか?復縁工作はお金が掛かるものなので、一度は別れを告げた相手と復縁して、再度自分から別れを告げる様なことになれば復縁工作の費用が勿体無いと思いますよ。という話をさせて頂きましたが、M様は別れてから他の男性と付き合ったけれど、元彼と比べてしまい、上手くいかない事から元彼の大切さやM様を大切にしてくれていた元彼の行動等を振り返ってしまい、元彼とどうしても復縁したいと思い、気持ちは揺るがないとのお話しをされました。

復縁する為に自分で出来る事は全て行ったと言うM様の話を聞き、相談員も自分で出来る事は全てやり尽くした感じですね…という話をさせて頂きました。

復縁工作のご依頼を頂いて、工作の方法をご提案させて頂く時にはM様から、『それは確かに自分では出来ないですね…工作って凄いですね…』という言葉を頂き、復縁工作を開始する事になりました。

対象者である元彼を調査して、対象者の状況を確認すると、M様がいなくても充実した毎日を暮らしている様な行動が見受けられます。調査結果をM様に伝えると、『私がいなくても彼は楽しそうですね…』と対象者の中でM様は必要ないのかもしれない…という良くない考えが頭を過ぎったようでした。

M様の気持ちを鼓舞する訳ではありませんが、M様の話を聞き、復縁したいかどうかの気持ちを高めていきます。

復縁する為に気持ちを強く持たなければ復縁は難しい事を繰り返し説明させて頂き、工作員を対象者に接触させる前までに復縁に向けての打ち合わせではなく、M様の不安な気持ちを解消する為のカウンセリングを兼ねた連絡を取り合うことになりました。

M様の情緒が不安定な状態でも支えていく事でM様と担当者の間にある信頼関係が築かれていきます。信頼関係が築かれていくので復縁工作の方法についてのご提案をさせて頂いた際に、発生する問題点などについてもプロとしての意見と対象者を一番良く知っているM様との意見を交換する事が出来、対象者に向けたオリジナルのプランをご提案させて頂く事が出来ました。

対象者の行動からM様は一時は不安を感じていたようでしたが、担当者の支えもあり、復縁への決意を新たに持つ事が出来、復縁成功への道を歩む事になりました。

工作員が対象者に接触し、話を聞きだした時は、対象者からM様の悪口オンパレードが流れてきます。聞き出した情報はM様に当然報告する必要があり、隠すことなく報告させて頂きましたが、以前のM様なら、報告を聞いただけで心が折れてしまい、復縁を諦めてしまった可能性もあります。

担当者に対する信頼を厚く持って頂けた為に復縁工作で聞き出した情報を元に、どう進めていくかを打ち合わせ出来、打ち合わせた内容を元にM様にはアドバイスを行い、対象者から求められる異性として成長していく姿がありました。

M様の変化状況は素晴しく、外見に関するアドバイスに関しては不要と判断した為、外見に関するアドバイスはせず、M様も外見に関しては何も努力をしていなかったのですが周囲からの反応も変わり、対象者と再会した後も対象者からの反応も良好で工作員が復縁を後押しする頃には対象者は復縁を意識していた様にも見えました。

対象者と工作員、M様との飲み会の席で復縁のキッカケを作り、復縁成功に繋がり、復縁工作が成功した事例になります。

7年交際した彼氏の気持ちが冷めて別れを告げられたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域F様 会社員 31歳 東京
契約期間と料金2ヶ月の契約 70万円 成功報酬10%
復縁したい状況一度は説得に成功するも気持ちを取り戻せなかった

7年付き合っていた彼氏から『気持ちが冷めたから別れたい』と言われてしまい、一旦は距離を置く様に説得に成功したF様でしたが、彼氏の気持ちを取り戻す事が出来ず、『気持を再確認したけど気持ちが戻らないから別々の道に進もう』と言われてしまい、別れなければならない状況に陥り、弊社に復縁工作のご依頼を頂きました。

ご依頼を頂くにあたってお付き合いしている7年の間、どんなお付き合いをしていたのか?また、ケンカはどの程度あったのか?等、細かい状況をお伺いさせて頂き、復縁する為に何が必要なのか?を提案させて頂きました。

F様が今のままでは復縁は難しい事に気付き、復縁工作のご依頼を頂き、契約書を交わして早速復縁工作を実行に移します。

気持ちが冷めた理由の1つに他に好きな人が出来た可能性も捨てきれず、対象者の調査を開始しましたが、対象者の動きからF様以外の女性との接点は出て来ず、女性の影はない事から別れの原因はF様にあると判断出来ます。

F様の抱えている問題は何か?を工作員を対象者に接触させて聞き出すと『マンネリ化していてもいなくても同じ様な気持ちになって1人でいるのも付き合ってるのも変わらないって思いだした』という話しを聞き出す事に成功しました。

F様に伝えると『彼がそういう風にいうのも分かります。私も実は同じ気持ちだったけど別れてから彼が大切な事に気付きました。』という話しをされ、何故マンネリ化してしまったのか?マンネリ化を解くにはどうすれば良いのか?というアドバイスをさせて頂き、お互いがお互いを必要とする為には何が必要なのか?をF様に伝えます。

同時進行で対象者には『いてもいなくても良い存在になれるのは良い家族になれる要素でもあり、先々を考えた時の幸せを想像してみればとても幸せなカップル、夫婦になれるのでは?』という提案を工作員がします。

工作員の言葉に押された対象者はF様との関係を思い出し、気持ちが冷める要因を作ったのは自分にもある。と自分の行動を振り返ります。

自分の行動を振り返った対象者は『距離を置こうと言ったのも別れたいと言うよりも別れようと決めてたから言った事で、彼女との将来を考えたものではなかった』と口にします。

真剣にF様以外の女性との交際は上手くいかないのかを考え、工作員の言葉が後押しになり、対象者から工作員と会った3日後にF様の元へ連絡が入り、復縁に辿り着いた復縁工作成功事例になります。

別れを告げられてリストカットするほど苦しんだ恋人と復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域R様 アルバイト 24歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況別れを告げられて精神的に安定しない

R様が初めて相談を頂いた日、対象者との復縁が叶わない為、自殺を考えたとの事でした。

リストカットをする為に刃物を持ちながら手首に当て、このまま死ねば対象者は自分を忘れられなくなる…と自分に言い聞かせていたとの事でした。

しかし、親と同居していたR様は自殺未遂を親に気付かれてしまい、復縁できずに苦しんでいる事を知った両親がネットで復縁屋の存在を調べ、『出来る事をやって、それでも諦められなければ、そこからまた別の事を考えてみよう』と説得する為に復縁屋をR様に教えたとの事でした。

復縁屋の存在を知ったR様は数社に相談したものの、予算面で折り合いがつかず、両親に相談し、両親はR様が立ち直れるなら…という条件付きで復縁屋への依頼料を立て替える事と、面談には両親もついていくという条件でお金の融通をR様にします。

しかし、相談していた内の復縁屋は親が同伴する面談となった際に面談を断っていき、弊社と1社だけが複数人での面談を受けてくれたとの事でした。

面談時に何故親の同伴をする面談を他社は断るのか?という点を質問されましたが、単純に親が一緒では復縁工作の経験がない業者は説明しても矛盾点が発生する為、複数人での面談は望まない事を伝えるとR様の親は大きく頷きました。

R様の状況を伺っている最中も親はR様以上に前のめりになって話しに参加します。

R様が悩む姿を心配していた為、復縁できるのか?というよりもR様が本当に立ち直れそうなのか?を見抜こうとしている様に見えました。

R様が立ち直り、前を向けるのなら極論を言えば復縁できなくても構わないという姿勢であった為、担当者とR様は親を制御しながら復縁工作について丁寧に説明を進めていきました。

対象者との関係について伺っていると親が『それじゃー別れるわよ…』と口を挟みます。

R様と担当者の苦笑いは止まらず、復縁する方法ではなく付き合っていた時の後悔や反省を親がR様にし、過去の反省ばかりで未来の話しになかなか進めませんでした。

たまりかねたR様は親に一度退席してもらい、復縁工作や復縁する方法について担当者と打ち合わせを重ね、方法についての納得が出来た状態で再度親を呼び寄せます。

復縁工作の方法を大まかに親に説明させて頂きましたが、親はR様が立ち直れるなら何でも良いと話し、復縁工作の契約書を交わす段取りをして翌日から着手する旨を伝えて面談は終了します。

R様との契約を交わした後はR様から頂いた情報を整理し、段取りを組んだ状態でR様に連絡させて頂き、調査を早急に行う事を伝えて復縁に向けて努力をする約束を再度交わします。

調査後、対象者の動きは付き合っていた頃と変わらず、接触場所を改めて選定しなくてもR様の情報だけで事足りる事も分かりました。

別れてからの動きに何も変化がない事をR様に確認し、工作員を接触させる動きをしました。

対象者に工作員を接触させ、別れの原因を聞き出しましたが、大きな問題という訳ではなく別れに到ったのはR様とのケンカが原因でお互いに意地を張りあっていた事が分かります。

R様が対象者に謝罪をしても対象者は許すタイミングを喪失した為、許すに許せなくなったので復縁に進まない状況でした。

何が原因でキッカケを失い、どのタイミングで復縁に進めなくなったのかを確認しつつ、対象者には復縁に向けた心理誘導を行います。

対象者の口から『復縁はしたいけど…』という言葉が最初から出ていた為、工作員は接触当時から復縁は難しくないと踏んでいたものの、対象者の頑固な性格と優柔不断な性格が災いし、復縁に向けて進みきれません。

復縁へと一歩届かない状態が2か月ほど続き、工作員が対象者の心を揺さぶる切り札をR様との打ち合わせで得た情報を元に使います。

頑固な優柔不断の対象者に切り札を投入した後、対象者は目が覚めた様に変わります。

復縁に向けて前進した対象者の背中を後押しして少しづつですが確実に対象者の中で復縁に向けて進む気持ちが芽生え、明らかに復縁を意識した言動に変わっていきます。

工作員の後押しも手伝い、R様と連絡を取りなおした対象者はR様との会話も弾み、工作員との会話にも復縁というキーワードが頻発します。

対象者とR様が3回デートをした時に、R様の口から『復縁したい』と伝えて、同意した対象者との復縁が成功した復縁工作成功事例になります。

出会いアプリで出会った彼と連絡が全く取れないけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域A様 会社員 26歳 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況元彼との連絡も一切取れず途方に暮れている状態

A様は出会いアプリで出会い、付き合うまでに至ったけれど3か月後に突然別れを切り出されたA様は彼氏からlineはブロックされ、電話も着信拒否状態になり、一体何が原因なのかも検討が付かず復縁する方法が一切なくなりました。

連絡する方法もなく、彼氏の家には行った事がないので彼氏がどこに住んでいるのかも分からない状態になり、弊社にご相談頂きました。

対象者がどこに住んでいるかも分からない状態でしたが、頂いた情報量から対象者を発見出来る可能性は高く、なぜ別れに到ったのか?という当たりを付ける事が出来なかった為、工作員を接触させて別れの原因を聞き出す以外に方法はありませんでした。

対象者がどこに住んでいるかを判明させるのに、特殊な調査方法を用いた為、一ヶ月程度の時間は頂きましたが、調査の時間を頂いた後は速やかに工作員を対象者に接触させ、別れの本当の原因の聞き出しに掛かります。

別れの原因を聞き出した時に、対象者から『今迄付き合ったのは2人いたけど、どっちもいつかフラれるんじゃないかって不安になって自分から別れようって言っちゃったんです。』という言葉を聞き出します。

工作員が『フラれるのが怖いから自分からフッたらいつまでも好きな人と付き合えないんじゃないの?』という質問をすると、対象者から『今までに付き合った2人とも本当に好きになり過ぎるのが分かってて、怖くて逃げちゃったんです。』という話しが出て来ました。

別れの原因が対象者がA様と向き合う事から逃げてしまう事なので、対象者はA様の事がまだ好きで、これ以上好きになってしまうと怖いので自分から離れた事が分かります。

A様と報告内容から打ち合わせを兼ねて復縁する為に『再会した後は対象者よりも好きな気持ちをアピールして下さい』というアドバイスをさせて頂きました。

対象者とのlineのやり取りのデータを拝見したところ、客観的に見て、A様よりも対象者の方が好意を表していた事もあり、A様は一歩引いて発言する癖があった為、それが原因で対象者はこれ以上好きになってフラれたら怖いという恐怖を与えてしまった事が分かります。

問題点が分かった後は再会工作に移り、対象者を工作員が街に連れ出し、お店に入った後にA様と別の工作員が対象者達のいるお店に入り、偶然を装って再会させる事に漕ぎ着けました。

対象者と再会したA様は再会した喜びから涙を流し、A様の事を好き過ぎて夜も眠れなかった事を吐露します。

A様が本当に対象者の事を好きで仕方がないというシナリオを描いていましたが、A様の想いから涙を流す予想外の出来事に胸を打たれた対象者はA様との復縁を考えてくれた復縁工作成功事例になります。

別れて1年経った彼の事が忘れられなくて復縁したい

依頼者の名前、住まいの地域T様  東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬20%
復縁したい状況元彼以外の男性とは合わない事に気付いた

3年付き合っていた彼と別れてから1年が経ち、他にも何人かの男性とお付き合いをするも元彼の事が忘れられず、依頼を頂く際にお付き合いしている彼がいながらも復縁のご相談を頂きました。

気持ちがない状態で付き合ってしまう事や寂しさを紛らわせる為にお付き合いを開始してしまう方は少なくありません。心の中には大好きな人が存在するけれど、大好きな人は自分を見てくれない状態になれば他を探さなければならない…と考えるのも前を向く為の一つの方法になります。

復縁したい相手以外とお付き合いをし、その相手と幸せになれるなら、それはそれで間違った選択ではなく、人間の幸せは人それぞれなので間違った選択と正しい選択は後になって結果として分かるものになります。

現在お付き合いしてる彼氏がいる状態で復縁工作のご依頼を頂いたT様も正しい選択として元彼を諦めようとしたけれど、頭と心は別物であり、新しい恋人と幸せになろうと努力するも気持ちがついていかず元彼と別れて複数の男性とお付き合いしたものの後悔の繰り返しで時間を経過させてしまったとの事でした。

復縁出来ないからといって他の男性とお付き合いをし、お付き合いした男性の気持ちが入りすぎてしまえば距離を空け、お付き合いした男性にはとても悪い事をした。と反省の言葉を並べます。

辛い思いをしている自分のワガママで相手を翻弄し、本当に振り向いてもらいたい人には振り向いてもらえず、恋人とデートした後は虚しさだけが残る日々との事でした。

T様の中にいる対象者(元彼)の存在はとても大きく、沢山の思い出が目を閉じれば浮かんでくる為、面談中も何度も涙を流し、会話が途切れる事も多々ありました。

対象者の情報を伺っている最中に事前に電話相談でも伺っていましたが、対象者を特定させる情報は対象者の写真のみになり、付き合っていた当時に住んでいた住所等も弊社にご相談頂く前に何度か確認しに行ったことがあるようでしたが、引越しをされていて、足取りは掴めなくなっていたとの事でした。

転居した事がキッカケで、自分で対象者を探すのは困難だと分かり、探偵業者に調査依頼をしたものの、依頼した探偵社からは発見できなかったという報告を受けてしまった為、半ば諦めモードでご依頼を頂く形となりました。

情報は確かに少なく、対象者の写真も処分してしまっていた為、対象者を探す事自体困難な案件でしたが、警察OBの調査指導を元に弊社独自の調査方法を活用して対象者がどこに住んでいるかを特定させる事に成功します。

対象者の住まいを特定した後、対象者の行動を調査する事で職場の特定や交友関係、恋人の有無の核心を持つ事が出来ました。

対象者の職場を判明させる調査ではT様とお付き合いしてた頃とは異なる業種に転職している事もあり、T様が自分の力で対象者を探そうとしても難しいことが分かりました。

対象者には幸い新しい恋人の影が見えず、2週間ほど休日を張り込みましたが恋人らしき人物は浮かび上がらなかった為、対象者への接触を早めに行う準備を開始しました。

工作員が対象者に接触して関係を構築していく際に工作員が感じた対象者の印象をT様に話します。T様に工作員が感じた印象を話すとT様は昔の彼のままだ…と涙ながらに相槌を打ちました。

時間が経っても変わらない彼の様子を知り、復縁したい気持ちが更に強くなったT様は絶対に復縁したいと担当者に想いの強さを伝え、打ち合わせを兼ねながら対象者との思い出話を語りました。

最初の面談の際に出なかった内容がT様の口から発せられ、その話しがヒントになり、復縁工作の成功率を高める提案をさせて頂きました。

T様も担当者と話すまでは忘れていた内容を工作員が対象者に接触する事で思い出し、思い出した内容を担当者が引き出した為に工作方法の急転換を提案する事が出来、それがキッカケとなり心理誘導の方向性も変更となり、対象者への工作内容をガラッと変えていきます。

工作方法の急転換に対応してくれた工作員の技術ももちろんですが、大切なところで重要な事を思い出したT様のファインプレーでもあり、復縁工作は2段飛びの様に成功に向けて進んでいきます。

工作員が対象者に向けて行う心理誘導がズバズバと入り、対象者の口から早々に昔の彼女(T様)の話しが出てきた事で再会工作を早め、2人を偶然の再会にこぎつけます。

過去の思い出の余韻に浸っている対象者が復縁を意識していた状態での偶然の再会は対象者の復縁への意識を加速させ、工作員が意識的に復縁の後押しをしなくても2人が結ばれるまでに時間は掛からず、対象者と復縁する前にシッカリと今お付き合いしている男性と別れを告げた後に復縁成功したという言葉を頂き、全てが丸く収まった復縁工作成功事例になります。

本当は別れたくないのに別れたいと言ってしまったけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 会社員 27歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬30%
復縁したい状況元彼はまだ自分の事を好きだと思っている

S様は別れたくないのに別れたいと何度も繰り返してしまい彼を追い詰めてしまいます。

弊社にご相談頂いた際に彼に対しての寂しさや後悔をこぼし、復縁する為に何が必要なのか?を一つ一つ説明させて頂き、ご理解頂いた後に復縁工作のご依頼を頂きました。

復縁工作のご依頼を頂いた際に弊社担当者と復縁したら『別れたい!』と2度と言わない事を約束して頂いてご契約を交わす事になりました。

別れてからの期間も短いので彼の物理的な情報について不足している事はほとんどありませんでした。

面談時にお話しをお伺いしていると元々相思相愛の2人なのにシツコク別れを切り出した事が原因で別れに到った事が分かります。

状況的には同じ事を繰り返さないと反省や謝罪の気持ちが伝われば復縁できる可能性があり、復縁工作の方法も対象者である彼の怒りを鎮める為に工作員が捌け口になり、想いの強さと怒りを天秤に掛けさせる方法を提案させて頂きました。

S様からお話を聞いていた通り、対象者に接触した工作員はS様への愛情をヒシヒシと感じ、怒りを納める為に話しを聞く事や対象者がこぼす愚痴を肯定する事に終始します。

『何度も同じ事を繰り返し言われて、自分の事を好きじゃないんじゃないかって疑って辛くなって別れたいなら別れよう!って線が切れた感じなんです』とS様との関係について悩んでいる姿が確認出来ます。

工作員が怒っている対象者に何を言ったところで聞く耳を持たないのは分かっていた事なので復縁に向けて心理誘導をするよりも怒りをフラットに持って行くように対応します。

工作員が対象者の話しに頷き、何度も『うん。うん。』と首を縦にする事で対象者は溜まっている鬱憤を晴らしていき、少しづつ表情も穏やかになっていきます。

表情の変化や声のトーン、話している会話の内容から落ち着いたと判断出来た時に工作員が『結局のところ好きだから別れようって言われたのがつらかったんでしょ?』と対象者の本音について探る会話を展開します。

『本当に好きだから別れたい!って言われるといつも悩んで苦しませてた自分が悪いって思ってたけど、きっと自分もそれで苦しんでお互いに傷つけ合う関係になってたんじゃないかって思っちゃったんです』という対象者の本音を聞き出したところで工作員が『好きって幸せな事だけど目に見えるものじゃないから苦しい事だよね』と伝えると対象者の口から『本当にそうですよね…』という言葉が漏れます。

『それって今も君は好きっていう事じゃないの?』と対象者の気持の確認をすると、対象者の口から『そうなんです。だから今怒りもあるけど後悔もあって自分の気持ちがぐちゃぐちゃになってて…』と聞きだし、復縁する為の落としどころを工作員が探します。

工作員の言葉につられて対象者が『それだったら復縁を考えても良いかな…』という言葉を引き出すまでに少し時間が掛かってしまいましたが対象者が復縁しても良い落としどころを見つけだし、落としどころまで誘導した為、復縁を意識させる事に成功しました。

復縁を意識させたところで、対象者に『気持ちがあるって事は後で後悔するだろうから早目に仲直りした方が良いよ』という言葉を工作員が掛け、対象者からS様の元へlineが入ります。

S様の元へ怒りを表しながらも復縁を匂わせるlineが入り、lineの対応の仕方をアドバイスし、復縁成功まで辿り着いた復縁工作の成功事例になります。

元彼はまだ自分の事を好きなはずだと信じているから復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 会社員 27歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
復縁したい状況元彼はまだ自分の事を好きだと思っている

M様が初めてご相談頂いた時、復縁の難しさを全く理解しておらず、対象者はまだM様の事を別れた後も好きだと信じて疑っていませんでした。
復縁の難しさと対象者がM様の事を好きだという誤解を解く事から説明させて頂きましたが、対象者がM様を好きだと思い込む強さが中々取れず、『本当にそう思うなら相談しなくてもスグに復縁できると思いますよ。』との言葉で、やっと認めたくない気持ちで相談していた事を理解して下さいました。

M様の様に別れた後も元恋人は自分の事が好きだと考えて復縁活動をする方は多いのですが、現実を見ずに復縁活動をしても100%復縁は出来ません。
復縁工作の依頼を請けるにも、まずは現実を受け入れなければ復縁の可能性は1%もない為、請けられなくなり、現実を理解して、現実を立ち向かえなければ可能性を自ら潰してしまう事を事前にご説明させて頂いています。

M様が現実を理解した時、本当に辛い声を出し、『自分の心を支えるモノが何一つなくなってしまった…』と悲痛な面持ちで面談をさせて頂きました。
しかし、『現実を受け入れて復縁する為に足りない部分を埋めていこう!』という話しをさせて頂くと復縁に向けて不足している部分を復縁工作で補える事を理解し、復縁工作のご依頼をいただく事となりました。

別れを受け入れられなかったM様には別れの本当の原因を理解しようとする姿勢もありませんでしたが、現実を受け入れたM様は別れの本当の原因について理解する姿勢が持てるようになりました。
対象者から指摘されていた部分に対しても『自分も悪いけど相手も悪いと思いませんか?』と言っていた相談当初とは打って変わり、『相手が悪いかどうかではなく、自分が悪い事をまず受け入れます。』という言葉の変化に真剣に復縁に向き合う姿勢があるんだな…と感じた為、依頼を請けられる最低限の基準は超えた状態で復縁工作の業務を開始させて頂きました。

M様から頂いた情報は以前のM様が感じていたママの情報だった為、あまり参考にならず物理的な情報はあった為、頂いた情報を元に調査を開始し、対象者への接触までを急いで行う事となりました。
対象者への接触を工作員が急いで行い、M様から頂いた情報と対象者から聞き出した情報の違いについてM様には気付いて頂くアドバイスをさせて頂きました。
お互いで感じているものが全く異なり、1つの事柄に対しても捉え方が全く異なっている事に気付きます。

初めてM様の考えと対象者の考えの違いに気付き、なぜ別れたのか?そして今も対象者はM様の事を好きだと思っていた過去を恥ずかしく思い、真剣に復縁に向けて進む決意を確固たるものにします。
工作員が対象者に向けて心理誘導を行っても、最終的にはM様が対象者から好かれる人物にならなければ復縁成功には至らない事を事前に説明させて頂いていましたが、真剣に考えていなかったとM様から聞かされます。
どこかで依頼をすれば工作員が復縁させてくれるかもしれない…という淡い期待を持っていたようでしたが、対象者とM様との事なので自分が頑張らなければ復縁できる事はないと気付き、担当者からのアドバイスに対する受け入れ方も全く変わります。

復縁する為に対象者から好かれる状態になろうと奮闘するM様に担当者はアドバイスを繰り返し、工作員が聞き出して来た情報にショックを受けながらも依然のM様の考えとは大幅に変える事に成功した頃には対象者の復縁に対する意識もだいぶ変わっていました。
心理誘導を行う事で完全に拒絶していたM様との再会に前のめりまではいかなくても渋々の状態で受け入れる様になり、M様との交際の間にあった出来事を話してくれる時には悪い話しだけではなく良い時の話しも出て来る様になりました。

M様の改善と対象者の意識の変化がマッチした頃に偶然を装って再会させる方法をM様に提案させて頂きましたが、M様からは『こんな状態で再会しても大丈夫でしょうか?』と殊勝な言葉が聞こえて来る様になりました。
以前の状態なら『早く再会したい。工作を早く進めてくれ』と自分の気持ちを優先していたM様でしたが、自分の問題に気付き、再会する事に対する恐怖心を覚えたのは自分がした事を理解出来ているからという判断が出来ます。

初めてご相談頂いた際にM様は『私は別れた頃よりも全然変わった』と仰っていましたが、工作も終盤に差し掛かると『私は何も変わってない…』と本当に変わったからこそ出て来る言葉がM様の口から聞こえて来ます。
自信を持って再会工作を進めていき、対象者との再会を果たしたM様の姿を見て対象者は驚きます。

『一体別れてから何があったの?』という絶対に復縁成功する時の言葉を対象者が漏らし、M様は『自分がしてきた事が恥ずかしい事だって気付いた…』という言葉が出てからは完全に対象者はM様を以前とは別人の様に感じ、あとは『復縁したい』と申し出るタイミングだけになります。
再会工作の後に数回のデートを繰り返し、デートの度にM様から担当者に報告を頂き、失敗した内容と上手くいった内容から工作員への指示を変え、対象者の口から『復縁しよう』という言葉が出て来て復縁工作が成功に到りました。

交際後に体の相性が悪いと言われたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域T様 広島
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
復縁したい状況別れの本当の原因は身体の相性が悪いからフラれた

婚活アプリで出会ったT様と対象者は4か月の交際の後、対象者から一方的にlineで別れを告げられ、別れてしまいます。
会って話したいと何度もlineで呼びかけ、電話をしても出ない対象者との復縁は厳しいと考え、復縁屋へ依頼する決意をしたとの事でした。
復縁工作の依頼を考え、ネットで復縁工作について検索するものの不安になる情報ばかりが出て来た為、依頼したいけど、どの復縁屋に依頼すれば良いのか分からなくなり、数社と面談を行ったとの事でした。

復縁工作について問い合わせしても、どの復縁屋も同じ事を話す様に聞こえてしまい、結局どの復縁屋が優良な復縁屋なのか分からず、面談で復縁する為に何が大切なのかをシッカリと話してくれた弊社の担当者に依頼する決意をしたとの事でした。
復縁したいという気持ちが強く、何をすれば良いかも分からず、誰かに頼らなければ完全に復縁の道はないと考えたT様の苦しみを面談時に聞かせて頂きましたが復縁するまでの辛さを改めて理解した時、『復縁ってやっぱり簡単じゃないんですよね…』と口にされました。

復縁の辛さに気付いたT様のモチベーションは下がるかと予測した担当者でしたが逆にT様の復縁に対するモチベーションはあがります。
どうしたら復縁できるのか?について耳を傾け、復縁するまでの流れ等をメモを取りながら自分の問題点を改善していく事も考えます。
復縁する為に何が必要なのかを考えて努力する決意をしながら復縁工作の契約を交わす事となりました。

頼れる友人もおらず復縁する為に必要な事をしなければ復縁の可能性もない為、本当に復縁したいなら絶対に必要な事ですが、復縁への決意が強く、担当者も絶対に成功させる意気込みで依頼を請ける事となりました。
対象者の情報を元に調査を開始させて頂き、新たな恋人の存在がない事を確認し、対象者に工作員を接触させると何故別れに到ったのかを聞き出します。
別れたいと思った理由がT様とは身体の相性が合わず、身体の相性の悪さから会う時にセックスをしなければならない状態が嫌になり、別れに到ったとの事でした。

身体のどこが合わないのかを聞き出すと、改善しようがない部分であり、それ以外については気が付く良い子だと褒めていた為、長所について褒めちぎる事となり、身体だけが恋人にとって必要ではないと心理誘導していきます。
分かってはいるけれど、身体の相性の悪さは恋人同士の間では重要な問題になり、身体の相性の悪さを気にする対象者の気持ちをもう一度復縁に向けさせるのはとても至難の業でした。
しかし、T様に身体の相性の悪さを告げるとT様は自分なりに研究した事を試したいと対象者とまずはセックスフレンドでも構わないから復縁したいと担当者に懇願します。

対象者にセフレとしてT様と付き合ってみる事を誘導していくと乗り気ではないけれど別れてから他の異性がいる訳ではない為、T様を利用しようと連絡を取り始めます。
連絡を取り、セフレという関係で会った後に対象者から工作員が聞き出したのは『前よりも上手になっていた』との言葉を聞きだし、少しづつですが復縁に向けて進み出します。
T様とデートの度に体を重ねる対象者から、『セフレなのか付き合ってるのか分からなくなってきた』という言葉を聞きだし、曖昧な関係は好きではないから復縁する事にした』という言葉を聞き、復縁工作は成功した事例になります。

友達の関係から交際相手として復縁したい

相談者であるYさんは離婚した元妻であるSさんとの復縁を望んでおり、離婚の原因は子供が出来ずお互いの仕事の忙しさから擦れ違いの生活が原因で離婚に至ったという話しをいただきました。

2人は幼馴染で交際を始めたのは高校生の頃からで結婚はお互いに大学を卒業して落ち着いてからとの事で付き合いが長い分、新婚当初から2人の関係はマンネリ気味でお互い関与せず仕事に励むという生活を送っていた様でした。依頼者は仕事の関係上、接待が多くお酒を飲み家に帰らない事もあり、それが常態化していたとの事でした。

接待の関係上夜のお店にもよく行かれていたそうで女性関係も結婚するまでは対象者のみでしたが学生の時分に遊ばなかった事や女性を対象者しか知らなかった事から1度他の女性を知ってからは対象者との夫婦の営みも無くなり女性遊びにのめり込んでしまっていた様でした。

対象者に女性遊びは気付かれていないと仰っていましたがヒアリングをするにつれて相談員は『本当に対象者が女性関係に気付いていないのか?』という疑問を持ち、これも離婚の原因の1つではないかと分析していました。

離婚してからは友人関係としての付き合いはあったので連絡する事や食事に行く事もあった様ですが、いざ復縁の話しをすると「復縁は絶対にあり得ない」という言葉が返ってきていたのですが何度か「復縁しないか?」と申し出ると「しつこいよ」と言われてしまい「私達はもう終わっているの」という言葉を返されてしまい八方塞になってしまっていたようです。

対象者に『新たな恋人が居るのではないか?』と疑う様になり、自分で調べはしたのですが顔を知られている事や張り込みをする時間も取れず結果が出なかった事から悩んでいた所に弊社ホームページに辿り着いて相談を頂きました。

対象者との関係を維持していますが復縁をする気はない他に新しい恋人がいるかもしれない友人関係としては関係を続けていく気はあるといった復縁に有利な部分も不利な部分も見受けられます。

付き合いの長さや夫婦生活を共にしていた事で行動パターンや離婚した後も友人関係を築いている事から対象者の情報は依頼者が直接入手しやすく復縁調査をする手間も省けます。新しい恋人の存在を確かめる事から始めて恋人の存在があれば別れさせ工作、恋人の存在がなければ復縁工作へと進むプランを提案させていただきました。

生活パターンを依頼者が把握出来ている為、調査にあたって不足している情報は特になく調査段階ではとてもやりやすい調査となりました。

恋人の存在を確認する為には出勤時に恋人と会う事は考え難いので朝の調査を省いて退社から帰宅までの調査をする事で会社帰りに誰かと会っていないのか?を確認、休日の動きも確認する事で恋人の存在を炙り出します。

対象者は離婚後実家に戻り両親と暮らしていたので依頼者から伺った対象者の定時時刻の一時間前に張り込みを開始します。離婚した後に帰るルートに関しても一本道になっていたので顔を知られている依頼者が対象者を尾行する事は困難だという事が分かります。

調査3日目の夜に動きに変化があり普段の退社時間にいつもの帰宅ルートとは別の方向に向かい依頼者とは別の男性(以後A)と合流をします。

会社から少し離れた所で待ち合わせた2人が向かった先はファミレスで食事をした後に2人は車に乗り込みホテルへ向かいました。ホテルに入る車の写真とホテル内にある駐車場に止めてある車の写真を納め、そこで調査員は待機して対象者とAが乗った車が出てきました。

ホテルから出て来る写真を納めて二人を乗せた車を尾行するとホテルの最寄駅近くで対象者を降ろした後はAの調査をしてAの存在を把握します。

Aの住まいを発見した所、Aは対象者とは別の会社に勤める年上の男性でAの張り込みをしていた所、妻子持ちの社内でもある程度のポストに付いている事が判明します。

対象者の張り込みをしていた所、Aとは2度と接触する事はありませんでした。

別の日の対象者の退社時の行動確認中には別の男性(以後B)と接触してホテルへ消えて出てきた所を押さえます。Bとの密会後もBを調査してBの住まい等を特定した所、Bは某大学に通う学生という事が判明します。

Bともその後会う事も無くなり1回きりの関係でした。

調査過程で対象者の後ろから対象者の持っていたスマホを覗き見るとメールやline等のアプリを使うのではなくサイトのメールを使っていた事が判明します。この事から対象者は出会い系サイトを利用している事が分かります。

基本的には1回きりの関係で終わる事が分かり、不特定多数の男性と関係を結んでいる事も判明します。

担当者が考えた事は対象者は私生活の寂しさから出会い系で不特定多数の男性と関係を持っているのではないか?そして依頼者の女性関係が派手だった事に気付いていたのではないか?という推測を打ち立てます。

調査結果を踏まえて依頼者と打ち合わせをしますが「今回の離婚の原因は自分にあるし対象者が今のままではダメになる。言われてみれば対象者は夜の営みが少ない事をずっと訴えていた気がする…」という事を依頼者がこの時点で思い出します。

何故夫婦間で《セックスがマンネリしてしまったのか?》《その状態を解決する事が出来なかったのか?》他の女性を知って最愛の人を疎かにしてしまった事を依頼者は嘆きます。

もちろん夜の営みが減った事だけが原因ではないという事は依頼者も担当者も良く分かっている事ですが改善出来る部分は改善していかなければ対象者も復縁した後に同じ悩みを抱えたくない…と伝えます。これに対して依頼者は「復縁したら毎週対象者と関係を持つ」という事を仰っていましたが『対象者を何故女性として見る事が出来なくなったのか?』という事が根本的な問題ですよ。とアドバイスをさせていただきました。

復縁活動を1人でする方が誤解する自己改善と同じ間違いを依頼者がしていたので改善部分の違いを指摘する事で何をすれば良いのかという事に依頼者も気付きます。

依頼者は対象者と食事に行く際も《復縁についての話しはしたけれど妻を女性として見る事が減っていた》という事を思い出します。結果として対象者が2人で会っていた時も女性として見てもらえない部分に気付き復縁した後も同じ事を繰り返すであろう…と思われていた事が分かります。

依頼者には復縁を目指すにあたって接待とは言え夜のお店は少し自粛する様にしていただきました。

対象者が会っている人物が特定の人物と定まっている訳ではないので別れさせ工作の必要はなく出会い系サイトを利用しなくても対象者の寂しさを紛らわせる事が出来ればサイトの利用も減ると考えた為、工作員と対象者を接触させます。

女性工作員が接触して過去の男性遍歴の中から依頼者を特定するまでに時間は掛かりませんでした。対象者は出会い系サイトで男性と関係を持っていましたが一夜限りの関係が多かった為、出て来る男性の話しは依頼者の話しが殆どです。同時に何が原因で離婚に至ったのか?という事を対象者の口から聞きだします。

対象者の口から出た言葉は『夫婦として成立していない。元夫(依頼者)は接待と言いながら浮気していた。恋人だった頃は楽しかったけど夫婦になってからはお互いに別々の事をして夫婦について1人で悩んで考えてしまった』という言葉でした。

調査の段階で判明していたモノに対するアドバイスはほぼ的中していて工作員が接触する前から改善指導を行っていた事と同時進行で対象者に対するlineや電話での会話の仕方もlineは担当者が添削して送る様にし、電話をする際は事前に打ち合わせしていた内容を話す事で対象者を女性として盛り立てます。

依頼者と対象者のlineの過去のやり取りから読み取る事が出来る自分本位な部分や対象者が依頼者に対して訴えている部分に関しても工作員が聞き出した情報を元に依頼者にアドバイスをさせていただき依頼者の問題点等についても改善指導を行います。

対象者の立場・気持ちを考えた上でlineの添削をして会話が出来る様になる頃には『元夫(依頼者)から来るlineの内容が変わった』という旨を工作員に告げる様になりました。

lineの添削を始めた頃は依頼者の自分本位な内容が多かった為、文面を訂正する部分が多く対象者の気持ちを考えて送るという事を今までにした事がなかった為にlineの文章作成に手間取っていましたが打ち合わせを重ねていく内に変化が見え、依頼者自身が作った文面でもやり取りが増える様に変化致しました。

対象者と依頼者のlineのやり取りが増えるにつれ工作員へ『元夫(依頼者)が何か違う。どう思う?』という言葉が増えます。

復縁を意識し始めている。と察した工作員は『復縁しちゃえばいいんじゃないか?』という後押しをしますが対象者は復縁には踏み込みません。

lineのやり取りの流れから食事に行く約束を交わす事となり食事の最中に工作員や担当者が直接指導する事や後押しは出来ないので今迄の依頼者と対象者のやり取りから事前に起こるであろう出来事を予測して念入りに打ち合わせをしてアドバイスを行いました。

復縁の話しは工作員が踏み止まる理由を聞きだす迄絶対に出さない事対象者との距離を縮める事だけを優先し関係を継続させて行く方向で食事に挑みます。

食事の席では改善アドバイスを行っていた成果が出た様で女性としての扱いを心掛けた結果『以前よりも笑顔が絶えなかった』と依頼者から報告を受けます。

食事が終わって「元夫(依頼者)が以前と違って自分を女として扱ってくれている」という言葉を聞き工作員はこの部分の話しを掘り下げます。

付き合いが古く他の女性とは遊んでいた事をしっかりと理解していた対象者は『自分を女として見てくれない事』や『また同じ事を繰り返したくない』という気持ちから一歩踏み出す事が出来ないと工作員に漏らします。

復縁に至らない理由は女遊びをしていた事もそうなのですが自分を女性として見て欲しいという気持ちが強く出会い系サイトを利用していたのも女性として見てくれる男性と会う事で自分は女性だという事を再認識したかったからという理由でした。

女性として見れていなかった部分を工作員が対象者から聞き出し、依頼者伝え思い当たる節がある依頼者の考えを更に改める様にアドバイスを行います。

工作員が同時進行で『付き合いが長いと異性として扱いづらくなるのは男性も女性も同じだと思う。それはどちらが悪いというよりも夫婦2人で解決していくものじゃない?ちゃんと旦那さんに女性として見られたいという事や女性として見られる為に努力したの?』と話しをする事で対象者自身も自分も至らなかった部分がある事を考えます。

対象者から依頼者へ食事を誘わせる様に工作員が誘導し、食事の約束をした2人が食事を終えた後に高校生の頃に告白した場所まで車で向かわせ『付き合う前にどんな気持ちだったのか?』という事を依頼者に語らせ、その頃の気持ちでまた付き合う事から始めたいと告白をしました。

これも事前に担当者と打ち合わせていた通りの行動を行っていただきました。

対象者は依頼者からの答えとして『これからは女性として自分を見て欲しい』という要望を伝えて『ずっと女性として見てたよ』と答えた依頼者との復縁が成功しました。

依頼者は改めて結婚生活での事を謝罪し、もう一度2人でやり直す決意をしたという連絡が対象者から工作員の元に入り担当者の元にも依頼者から一報が届きます。

依頼者は対象者が出会い系で不特定多数の男性と会っていた事は胸の内に仕舞い出会い系をさせてしまった責任は自分にあると考え、その事には絶対に触れないという約束を担当者として依頼が完了致しました。

この復縁工作の成功例は依頼者の了承を得た上で掲載させていただいています。依頼者や対象者が出向いた場所等の本人特定が出来るモノに関しては一部修正が加わっています。

同棲を解消した元恋人と復縁したい

同棲をしていた相手と復縁したい!!と弊社へ復縁工作のご依頼を頂いた女性の復縁成功例です。

依頼者と復縁工作の対象者はお互いが実家住まいだったとの事でしたが、交際期間が長くなってきた事もあり同棲生活を始めたとの事でした。

4年半という長い期間交際されていたので、同棲してもストレス要因は無いと同棲前は考えていたようです。

お互いに実家住まいの経験しかなく、一人暮らしの経験はなく、今までに一人暮らしの経験もない状態の中での自立となると、些細な事がキッカケで衝突する事が増えたとの事でした。

同棲前までは周囲も羨むほど、良い関係であった様ですが、同棲後は周囲から心配されるほどの関係へと変わったとの事でした。

同棲していた彼が実家に帰った後、弊社へご相談頂いた形になりますが、1人ではどうにもならない事に気付き、復縁工作のご依頼を頂きました。

復縁工作前の事前調査で判明した事に、2人が衝突した理由の一つが分かります。

同棲後は対象者に一度も同調する事なく、同棲前とで彼との接し方が大きく変わったとの事でした。

対象者は仕事をしている状態で、上司とぶつかる事も度々あり、日々のストレスを抱えながら帰宅した後に依頼者との関係を繕わなければならず、職場でもストレスを抱え、帰宅してもストレスを抱え、休まる時が全くなかったとの事でした。

同棲前は付き合いは長くても自宅という空間でストレスを発散し、デートをする事でストレス解消になっていた関係が、同棲後は常にデートという特別な時間すらも常に一緒にいる事からも特別な時間になっておらず、すれ違いが積み重なり、破局に繋がったとの事でした。

もちろん依頼者に悪気があって彼のストレスを発散させなかった事が原因ではありません。

依頼者も初めての他人との生活との事で、どう接すれば良かったのかが分からなかったのが原因です。

同棲前は気付いていた事も同棲後は気づく事が出来なくなり、お互いのすれ違いが原因で別れたのですが当事者同士には何が原因なのか?という細かい部分は分かりづらい事も分かります。

  • きっと2人で同棲すれば上手くいく。
  • 一生2人で良い関係を築き上げたい。

同棲前に同様の事を考える方は少なくないのですが、理想と現実は違う事に気付く方も少なくありません。

復縁工作のご依頼を頂いたからこそ、依頼者は何が問題で、どう解決すれば良いか?という2人の関係を築いていく為には絶対に必要な部分を知る事になりました。

問題点に気付く事無く仮に復縁できていたら、お互いの気持は離れていき、最愛の人だった人が過去の人となってしまう事も容易に推測出来ます。

復縁する為に何が必要なのか?を知り、2人の間に生じた問題は一体何だったのか?を知る事が出来たからこそ復縁成功にも繋がったと同時に、復縁した後に生じるであろう問題に気付き、復縁成功した後もお互いに尊重し合える関係になり、2人で過ごす空間がとても過ごし易い空間を作り出す事にも繋がります。

理由が分かっていたから復縁成功に繋がった事もありますが、復縁した後の事までを考えたから復縁したという事も分かる案件でした。