恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域A様 鹿児島
契約期間と料金3ヶ月の契約 70万円 成功報酬10%
復縁したい状況離婚を迫って別れた不倫相手と復縁したい

同窓会で再会した対象者と不倫関係に進んだA様は対象者に結婚を迫り別れを切り出されます。
結婚の話しは出ていたものの、対象者は離婚を慎重に進めたいと考えており、離婚に進まない状況が対象者とA様の間に亀裂を作り、別れに到ってしまいました。

別れを切り出されたA様は復縁を迫り、若干ストーカーじみた言動や行動になりましたが、このままでは絶対に復縁できなくなると考えてA様は身を引く事を対象者に伝えて別れに到りました。
しかし、A様は対象者には復縁を諦めたと伝えても復縁を諦められず、身を引いたもののどうにか復縁出来ないものか?とネットで検索して復縁屋の存在を知り、<a href=”../../about.php”>復縁工作に踏み切る決意をします。
復縁工作の依頼を決意したA様は復縁屋が何をしてくれるのか?という問い合わせを数社に行い、一番復縁できそうな復縁屋を選んだ。という話しを面談時にお聞かせ頂きました。

復縁する為に何が必要なのか、復縁出来る為に必要なサポートは何か?を面談時にさせて頂き復縁工作の契約書を交わしましたが、A様の心配はA様が対象者にした事は消えないのではないか?自分の行動や言動は絶対に復縁できない事をしてしまったのではないか?
復縁工作の依頼をしても復縁できないのではないか?と不安が不安を呼び、不安を契約書を交わした後も相談して下さいましたが、何か不安がある度に担当者がlineや電話で対応させて頂いて不安解消と復縁に向けてのアドバイスを兼ねて少しづつ復縁する為に進み出します。

復縁工作の契約後はA様から頂いた情報を元に対象者の夫婦関係について調査します。
本当に離婚に向けて話し合いがされていたのか?を事前に確認しておく事で復縁の仕方も変わります。
不倫相手として復縁するのか、復縁した後に結婚に進めるのか、情報次第ではA様の復縁へのモチベーションも変わって来る為、対象者達の生活を見て、どの様な形の復縁に向けて進めていくかを再検討する形を取らせて頂きました。

対象者の素行調査をすると夫婦仲は特別悪くなく、買い物に一緒に行き、荷物を自分から持つなど、本当に離婚を考えていたのかな?という疑問点は多々出て来ます。
A様にその旨を伝えると、A様は『復縁するなら不倫関係でしかないんですね…』とショックの表情を隠す事が出来ませんでした。
しかし、実際のところは対象者に接触して聞き出さなければ分からず、表面上は仲の良い夫婦を演じているだけかもしれないので復縁の形を事前に決めつけない様に進めていく事を話します。

期待半分、哀しみ半分となったA様の気持ちを鼓舞する様に担当者は連絡をし、その間も工作員は対象者に接触して復縁に向けた心理誘導を進めていきます。
工作員が対象者に接触して話しを聞いても対象者からは伴侶のノロケの様な話しが多く、A様の復縁は不倫関係になる復縁しか可能性は無くなりましたが、不倫関係で復縁しても未来を作るのはA様自身の努力だと伝えて復縁工作を進めていく事となりました。
まずは復縁、そして結婚という大きな目標を胸にA様は復縁に向けた努力を進めていき、復縁工作の心理誘導も終盤に差し掛かる頃には別れの原因となった部分を理解した行動が取れると判断した為、再会工作を進めていきます。

再会した際に対象者は焦り、焦る対象者にA様は驚きの表情と笑顔の表情を見せ、何かを問い詰めるような事もせず、大人の対応で対象者と接します。
以前のA様なら癇癪を起こし、A様を問い詰めるところが全く違う反応をした為、対象者も普通に接し、再会工作が終わった後の対象者の話しではA様の印象が全く変わり、別れて少し勿体ない事をしたという話しが出るほどでした。
対象者の話しの中で未練と言うよりもワンチャンあるなら…という心理状態が見え隠れし、復縁の可能性を以前とは別人の様に変わったA様が呼び寄せた事にもなります。

A様の印象が変わり、対象者の下心が見えた為、下心をくすぐる心理誘導を行いながら復縁に向けて進めていき、チャンスがあれば…と対象者の口から出て来た翌日に再度再会工作を行い、2度の偶然の再会を作り出します。
2度目の再会工作の際に対象者からA様をデートに誘い、デートに誘った当日にホテルに行き、体の関係を取り戻し、不倫関係での復縁に成功させました。
離婚させる為の工作やそれ以上の関係に進める為の工作に関しては費用の捻出が難しく協力出来ませんでしたが、まずは不倫関係でも時間を掛けて離婚、結婚へと進む様に頑張ってみるとの事で復縁工作が成功した事例になります。