別れさせ屋の別れさせ工作

夫と不倫相手との密会の部屋に2度踏み込み、不倫相手にも念書を書かせて夫も不倫相手と別れると約束したにもかかわらず、まだ不倫は続いてる状態で何をしても不倫をやめようとしません。

携帯に追跡アプリを入れて会話も録音出来た日もあって、そこまでして縛り付けても不倫を解消しないので、もう手を尽くしてしまいました。

不倫相手を別れさせたいけどもう方法が思いつかなくて直接言っても分かってもらえない以上、離婚するしかないのかな…とは思ったんですけど子供の事を思うと離婚出来ません…

本心を言えば離婚したくないし子供の事を考えたら私が我慢すればいいのかもしれないけど我慢できなくて困ってます…

夫と不倫相手を別れさせたいので別れさせ屋を探してました。

夫と不倫相手を別れさせるのに協力してもらえると助かります。(相談者K様)

別れさせ工作提案までのご説明

夫との不倫関係を解消させたいとの事で、K様は不倫相手にハニートラップを仕掛けて夫を捨てて欲しいとの事を仰っていました。

しかし、不倫相手に男性工作員を接触させて恋愛に傾くほど、K様の旦那様は魅力がないのですか?という質問をすると『魅力はないと思います。』と仰いました。

魅力がなければK様も不倫相手を別れさせたいと考えませんし、不倫相手もK様から問い詰められても別れないのにも理由があり、夫も不倫相手にのめり込んでいるのにも理由がある事を理解して頂けました。

その事を踏まえた上で異性の工作員を接触させても不倫相手は夫との関係を辞めないでしょうし、別れさせる事は出来ないであろう事も伝えると理解して頂けましたので別の方法をご提案させていただきました。

そもそも不倫相手が夫との関係を継続させているのは、どこに惹かれているのか?

体裁や慰謝料請求のお金よりも夫を取る理由はどこにあるのか?

不倫相手の気持ちの部分を把握すれば夫との関係を継続させる理由が分かり、夫との関係を継続させる理由が分かれば不倫を解消させる理由も見つかる事を説明させていただき、それらを踏まえた方法を提案させて頂く事になりました。

実際の別れさせ工作の稼働

原因を発見するからこそ修復する事や壊す事が出来る事が分かっていただけたので調査から始めて接触出来るポイントを探し、工作員をターゲットの不倫相手に接触させる事に成功しました。

調査を開始した際にターゲットの生活環境は把握出来ていなかった為、基本的な調査から開始し、ターゲットの生活全般を把握する事になりました。

生活全般を見ていくと仕事はしているので夫が生活の援助をしている訳ではない事が分かり、自立した生活をしている事が分かります。

しかし、社内のストレスを抱えているであろう行動や言動が調査の過程で目に付き、そのストレスの捌け口としてK様の夫との交際が継続されているであろう事が分かりました。

ストレスの捌け口としてK様の夫、不倫相手の両方がお互いに求め合う関係だからこそお互いに切っても切れない関係になり、お互いがお互いを求める関係として成り立っていましたので、K様には夫のストレスを溜めさせない様にするアドバイスと発散させるアドバイスを進めていき、ターゲットに工作員を接触させて夫以外のストレスの発散場所を作るように工作していきました。

別れさせ工作のポイント

このケースの別れさせ工作の場合、単純に異性の工作員を接触させたところで別れさせ工作は成功しません。

何故ならお互いに求めているのが男女の関係ではなく心の拠り所ですから、そこを崩すのに異性の工作員を接触させるといった単純な方法では確実に別れさせ工作は失敗する事が分かりました。

心の拠り所を他の人にずらす心理誘導が求められ、心理誘導のポイントを抑えて進めるからこの案件も成功に繋がりました。

別れさせ屋の料金・費用

不倫相手と2度話しても別れない程に関係が深い2人を別れさせるのに掛かった着手金は130万円となり、成功報酬の設定はお互いの携帯電話からお互いの連絡先を削除し、今後連絡を取り合わない事を成功の定義とさせて頂いた為、難易度も高くとても困難な案件でした。

その為、契約前に協議させて頂き、成功報酬の料金設定を少し高めにさせていただきまして着手金の40%(52万円)で依頼を承りました。※料金は全て消費税抜きの金額で表示させて頂いています。