恋愛工作の失敗事例
依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 50万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元カノとの復縁を求めて今彼を別れさせたい

Yから別れさせ工作のご依頼をいただいた際に別れさせたい対象者の情報が薄く、事前に調査を行って情報収集しなければ方法も成功の見通しも立ちませんでした。
事前に対象者を調査する事で成功率を上げる事に繋がりますが、Yの予算的に別れさせる2人共を調査するのは厳しく、1人を調査して得た情報を元に別れさせ工作を進める形となりました。
予算も厳しく、簡易的なハニートラップの方法を提案する以外に無く、方法や成功率というよりも予算に合わせる形での別れさせ工作になってしまいました。
情報収集に掛ける予算が厳しかった中で対象者に工作員を接触させる事に成功し、簡易的ながらもハニートラップは成功し、浮気をしている状態が作れました。

予算の都合で別れさせたい対象者に浮気している事を暴露する方法も手間を掛けられませんでしたが予算内で出来る範囲で浮気を暴露する事となりました。
全てが簡易的なもので済ませた形になりましたがYにご提案させて頂いた通りに事が進みました。
後は結果を待つだけの状態になり、別れさせ工作が成功したかどうかの判断はYからの報告を待つことになりました。
しかし、待てども連絡は一向に来ず、Yも工作の効果について疑問を感じていたところ、対象者とYが話す機会があり、それとなく交際相手のことを聞き出したとの報告を頂きました。

対象者からYが聞いた話しでは浮気がバレてるのはいつもの事で、今まで何度も浮気はバレてるから気にもされないとの事でした。
予算の都合で調査を省いた結果、提案した方法では確実に別れなかった事が後から判明した別れさせ工作の失敗事例になります。