復縁工作、復縁屋、別れさせ屋・別れさせ工作の株式会社ジースタイル

復縁相談を頂きをしていて、現状の話しをお伺いさせていただき、復縁に向けての話しをさせていただいた際に相談者の方が別れ話の際に聞いた内容をお伺いさせていただき、その状況では復縁工作をしても復縁成功する事はないと思いますよ。

というお話をさせていただいた際に復縁工作をやってくれ。復縁工作をしないと元カレ・元カノに新しい恋人が出来てしまう。と焦り、無理矢理復縁工作をしてくれという方がいます。

元カレ・元カノに新しい恋人が出来ようが出来まいが、今の状況では絶対に復縁する事はない。という事をお伝えさせていただき、それでも復縁工作をして欲しいとお伝えされ、失敗覚悟というよりも絶対に復縁成功しないという事をお伝えして復縁工作をして欲しいと仰られたので復縁工作をさせていただきました。

案の定、弊社の相談員が言った通りの結果に繋がり、そこまで予測していたにも関わらず、もっと続けて欲しいという事を仰られる事があります。

無理だという事に関して続ける意味というモノがあるのでしょうか?依頼を請けたからには無理な中でも少しの可能性を作る様に復縁屋側も対応させていただかなければなりませんし、無理だと伝えたからモチベーションが下がる事もありません。

しかし、完全なる未来予測というモノが出来なくても、経験からある程度の結末までが見えるのもまた復縁屋です。

沢山の復縁に携わって来たからこそ、その結果どうなるか?という事はやらなくても分かる事であり、やってみなければ分からないではなく、やらなくても分かる事を無理にやらされます。

何が原因で別れに至ったのか?という事を本人が別れ話をされた際の話しの内容とは別の原因がある事を見抜いているからこそ、それに適したアドバイスをさせていただいているにも関わらず、とにかく復縁工作をしなければ…という事や元カレ・元カノに新しい恋人が出来たら復縁の可能性はない…と考え、新しい恋人がいようがいまいが復縁成功率が0%ですよ。

という言葉に耳を傾ける事すら出来ず、新しい恋人が出来なければ僅かながらでも自分にも復縁の可能性が見えて来るのでは?と考えているその方に同情できる部分は微塵もありません。

新しい恋人が出来たら、その方の復縁成功率は0%でしょう。

しかし新しい恋人が出来なくて、復縁したい相手が新しい恋人が欲しいな…と思った所で可能性は0%なのです。

0%は0%です。

何をどうしようと0%なのですから0%なのです。だからこそ0%を1%にでも2%にでも上げる為のサポートをさせていただくのが復縁屋のサポート業務になりますが、それだけ低い確率の復縁サポートを行う復縁屋のメリットは全くありません。

復縁屋にメリットがない以上、復縁工作も含めた復縁サポートの依頼をしたいと仰られても依頼を請けたくはない。というのが復縁屋の立場です。

失敗する為に行動する事の虚しさをご理解いただければと思います。

復縁工作をして分かった結果復縁出来ません…

復縁工作で元カレ・元カノに接触します。接触した後に復縁に向けた心理誘導を行いますが心理誘導をしても通じない場合があります。

依頼者からの情報が嘘であったり、依頼者が全く気付いていない事を対象者(元カレ・元カノ)にしていた場合、その時の状況を覆すにはとてつもない時間が掛かります。

例えばDVをしていた事を隠していた場合、復縁工作の工作員が接触して話を聞きだした所で復縁へと向かわない等があります。

元カレ・元カノが自分の元から去って行った際の正しい情報を聞いていれば接触の仕方やアプローチの仕方も変えなければなりません。

別れの原因を復縁屋側に嘘をついてしまえば復縁屋は依頼者の味方になりたくてもなれない事もあります。

復縁屋は依頼者の味方であり、復縁したい方、相談者の味方なので復縁したいのであれば正直に話していただかなければ復縁屋も味方になる事が出来ません。

意図的に隠してしまえば復縁工作をするにしてもアプローチしづらくなり、復縁したいから復縁屋にどうしても復縁工作をしてもらいたいという気持ちも分かりますが、情報を意図的に嘘を吐かれてしまえば復縁に向けて復縁工作を行う料金も異なりますし、復縁工作も期間内に終わらせる事が出来ません。

復縁屋に本当に味方になってもらいたい…と考えるのであれば復縁屋に嘘を吐いて味方になってもらおうとしても自分が苦しむだけになります。

復縁工作を行い、分かった結果、やれるだけの事はさせていただきますが、嘘を吐かれていれば何をした所でどうにかなるものでもない事をご理解いただければと思います。