別れ工作
登場人物

依頼者:Sさん 既婚40代男性 東京

対象者:Sさん 既婚30代女性 東京

Sさん夫婦と1歳になる子供の3人で暮らしていましたが奥様が鬱病になり、仕事から帰ってもどんよりとしている空気の為、家に帰りたくなくなり、会社で残業をする日々が続きました。

そんな折に会社で以前から可愛いなと思っていた女性社員と不倫関係になってしまい、奥様とは交際と結婚して10年という期間はあったものの、不倫相手との関係に安心感を持ってしまい離婚したいと考える様になったとの事でした。

子供を妊娠した時から奥様の態度は豹変し、子供が生まれれば変わってくれるかもしれない…と期待していたものの、期待通りにはならず悩みを抱えていました。

家庭での悩みを女性社員に話す内に女性社員に気持ちが移ろい、不倫関係になるまで時間を要さなかったとの事でした。

奥様の鬱病と夜泣きに悩まされ、自宅を出たいと何度も考えていたものの、不倫相手との関係が順調だった為、不倫相手と一緒になる為に離婚に進めて奥様と話す機会を何度も設けようとしたとの事でした。

しかし、奥様の鬱病がすごく、とても話し合いが出来る環境ではないので離婚を切り出す事も出来ず、時間が経っていきました。

離婚の話しをしたくても離婚の話しが出来ず、不倫相手との関係は進んでしまい、不倫相手と離婚の話しが出来ない状態に板挟みになって、どうにか奥様の口から離婚したいという言葉を引き出せないか?と考えていたところで別れさせ屋の存在を知り、離婚する為に協力してもらいたいと考えた様でした。

奥様の鬱病がどの程度なのか、鬱病なら育児がちゃんと出来てるのか、親権に関してはどうお考えなのか?についてお話を聞かせていただきました。

奥様のご両親や親族にも話しをしようと試みたようでしたが、鬱病の話しを先に出されてしまい、離婚の話しを出す事が難しい状態になってしまったとの事でした。

ご自身のご両親に遠回しに離婚したい旨を話しても小さな子供がいるのに何を言ってるのか?と、離婚の話しを聞き入れてもらう事は出来ず、離婚したいけど離婚出来ない状態に陥り、誰も味方がいない事に気付き、第三者の力を借りてでも離婚して不倫相手と一緒になりたいと決断したとの事でした。

離婚したいけどどうすれば良いですか?というS様の決断には本当に離婚して幸せを勝ち取りたいんだという気持ちが伺えました。

料金

Sさんの別れ工作の料金は80万円の着手金+成功報酬30%で承り、別れ工作は成功致しました。

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント