恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域K様 大阪
契約期間と料金6ヶ月の契約 190万円 成功報酬30%
別れさせたい状況娘の彼氏が反社会勢力なので別れさせたい

成人した娘の彼氏と初対面したK様は娘の彼氏の対応が気に召さず、興信所を使って対象者の素性を調べたところ、反社会勢力である事を知り、別れさせたいと考えたとの事でした。
別れさせる為にK様自身が出来る事はなく、K様にも実被害が及ぶかもしれないという不安から別れさせ屋に頼る選択をしたとの事でした。
別れさせ屋を探すモノの対象者が反社会勢力という事を説明すると依頼を断られるばかりで、途方にくれていながらも弊社に相談頂いた時に状況を確認させて頂き、依頼を請ける事が可能である事をお伝えするとすぐに面談を希望されました。

面談時に興信所で調べて頂いた情報を拝見させて頂き、対象者の態度等について聞かせて頂きました。
横柄な態度と彼女の父親という立場のK様に対する口のきき方等、K様が抱えていた不満を共有出来る事が嬉しかったのか長い時間お話頂けました。
別れさせ屋に相談する不安や疑問等も含めて5時間程度お話をお伺いさせて頂き、娘の彼氏を対象とする別れさせ工作の契約書を交わさせて頂きました。

対象者が反社会勢力という事なので調査や工作をする際に相当警戒心が強く、安易な接触はせずに時間を掛けて業務を進めていきます。
対象者は常に警戒して移動をするのですが、移動の際もタクシーからタクシーを乗り継ぎ、完全に何か犯罪を犯している人物の行動が予想されます。
工作員を接触させる際も探偵である事を絶対に明かさない様に気を付けなければならず、工作員の警戒レベルを上げて接触させる形になり、携帯している物には身分を明かす様な物を一切持たせず疑われる要素を完全に消して対象者への接触を試みます。

犯罪の匂いはするものの、何をしているのか?という部分に関しては警察の領分を犯す様な調査も出来ず、分かりませんし、被害を請けている方もどれだけいるのか分からない為、調べようがありません。
興信所の調査内容も犯罪に関する確定的な情報がある訳ではなく、犯罪をしているであろうという事までに留まります。

対象者への接触も無事に終わり、連絡交換も済みましたが、距離の詰め方を間違えれば簡単に対象者との関係も終わってしまう事が見込まれた為、慎重に人間関係を構築していきます。
対象者と接触する度に少しづつ人間関係を構築していき、少しづつ犯罪の匂いを仄めかして来ますが確定したものを対象者も吐き出しません。
対象者の犯罪を特定する目的で依頼を請けた訳ではないので犯罪に関する情報は収集しましたが、目的は別れさせなので別れさせる方向で工作を進めていきます。

対象者との関係を深めていくと少しづつK様の娘に対する不満も口に出して来ます。
対象者が犯罪に手を染めている可能性が高いのもお金の使い方等が一般の方とは異なり、発言、物腰等、K様の娘とは根本的に全てが違う印象もあり、人間性の違いを突く様に工作員も奮闘します。
別れを意識させた頃には対象者は他の異性に夢中になっている状態で惜しげもなくキャバクラでお金を使う対象者の姿を見てキャバ嬢に対しても工作を進めていきます。

成金根性が強い対象者の行動をK様に報告するとK様は怒り心頭で娘と別れさせたい!と決意を新たにしますが、娘の男性を見る目に対しても育て方を間違えたのかな?とこぼす事もありました。
娘の育て方に疑問を持ったK様は別れさせ工作を進めている間に娘の教育について振り返り、反省した事を担当者にこぼし、担当者もアドバイスを行いながらK様の娘の男性を見る目について見守る形を取ります。

キャバ嬢に入れあげた対象者がK様の娘との別れを決意したのはお気に入りのキャバ嬢が対象者を受け入れ、キャバ嬢の裏で糸を引いている工作員の指示が上手くハマった事もあり、K様の娘との別れを決意して完全に縁が切れる形となりました。
キャバ嬢を利用した事でK様の要望が叶い、別れさせ工作は無事に成功しましたが、再度K様の娘の元に戻って来ないか?という心配をK様がしていた為、K様の娘の元に戻らない為の布石を幾つか作っておき、別れさせ工作の依頼を完了させました。