恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 大阪
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況結婚に対する意識の違いで破局した

婚活で知り合った対象者との復縁を望むM様は対象者から『結婚は考えられない…』と言われてしまい、『婚活で出会ったのにどういう事なの?遊びだった訳?』と対象者を問い詰めた末に別れを告げられました。
真剣に交際していたと思っていたM様には対象者の言葉は受け入れられないものの、別れもまた受け入れられず、別れ話の後も何度も縋って『復縁したい』と告げたけれど受け入れてもらえない為、復縁屋に頼らざるを得ない状況になってしまいました。

M様から相談を頂いている間に何度も『対象者を問い詰めるべきではなかった』という言葉が漏れ聞こえて来ましたが、何故問い詰めるべきではなかったのか?については理解していない様でした。
M様には婚活で出会ったのですから結婚を前提としたお付き合いになるのは当然であり、それを主張するのもまた普通なので自分をそんなに責めるべきではない事をお伝えさせて頂きました。
復縁したい気持ちの強さをその後の話しの中でも確認出来、復縁する為の方法について提案させて頂き、復縁工作のご依頼をいただく事になりました。

対象者の言葉がM様を傷付け、対象者に伝えた言葉は本当に対象者の事が好きで必死だからこそのものであると理解しましたが、復縁工作を行う際にM様の必死さを抑えなければ暴走して失敗してしまう可能性もあると、十分に気を付けていただく様に説明させて頂きました。
婚活で出会った対象者の心情を確認する為の復縁工作を開始するにあたって注意点を幾つか伝えた後に早速対象者の調査を行う事になりました。
対象者の自宅や職場などが分からず、どこに対象者はいるか?を判明させる事から始め、対象者の状況を確認する作業が開始されます。
稀に婚活で出会った男女の場合、片方が実は既婚者であり、女性を騙す目的で婚活に参加するケースもある為、対象者が既婚なのか、もしくは別にお付き合いしている人物がいるかを確認する流れとなりました。

対象者の発見から異性の存在の確認までに要した期間は一ヶ月ほどになり、異性の存在はなく報告時にもM様からは安心したとの声をいただきました。
対象者との接触に入る段階になり、対象者と接触するにあたってM様から聞いた対象者の情報を元に工作員に関心を持たせて人間関係を構築するオーソドックスな方法で接触を図ります。

無事に対象者と接触した後にM様に接触の報告をさせて頂き、対象者から現在の心境などを聞き出していく過程でM様も知らない対象者の事実に気付いていきます。
M様が描いていた対象者のイメージと実際の対象者のイメージは異なり、M様の気持ちが離れないか?の若干の不安はありましたが、対象者との結婚を熱望していたM様には、その不安は当て嵌まらず対象者への想いの強さを担当者は実感します。

必ず復縁成功させてあげたいと担当者も思い、工作員との打ち合わせの日々やM様へのアドバイスを行う日々が続き、対象者から工作員が聞き出した情報を元に少しづつM様も落ち着きながら自己改善を進めていき、ご相談当時とは異なる姿が担当者の目にも見える形で表れて来ました。
M様の自己改善の最中、工作員が対象者から聞き出す話しはM様にとって心が折れそうな日もあったと後に聞く事になりますが、工作の報告をさせて頂いている間はM様からは不安は微塵も感じなかった事もあり、復縁に向けて頑張って欲しいと願うばかりになりました。

M様との復縁に向けて別れの原因を聞き出した後に心理誘導を行っていると対象者の気持ちは会う度にコロコロと良い方向にも悪い方向にも変化する為、報告をM様にする度にM様の感情も変動していました。
M様との復縁について揺れ動く対象者の気持ちを更に誘導していく事で対象者の気持ちを復縁に向けさせます。
対象者の気持ちがタイミング的にもクリスマス前だったので恋人がいない寂しさ等も手伝い、復縁へと気持ちが傾いていきます。

復縁に向けて対象者の気持ちが傾いたところで、アドバイスによって改善されたM様との再会に向けて再会工作の打ち合わせを重ねていきます。
再会後に対象者から良い印象を与えられる確信を持った担当者はなるべく早い段階で再会させたいとM様に伝えさせて頂きましたが、M様の仕事の事情でタイミングを合わせる事が出来ず、再会工作は打ち合わせを重ねてから3週間後に行う事になってしまいました。

再会工作を行うタイミングはクリスマスを越えてしまい、タイミングを失ってしまう可能性や対象者の気持ちが更に揺れ動いて復縁を意識している状態から変わってしまう事も危惧されましたが、不安がある中、工作員が対象者との接触を重ね、復縁を意識させた状態を継続させる事が出来ました。
対象者とM様の再会工作の当日、対象者はM様との再会に驚きを隠せません。
偶然の再会に対象者は驚き、『どうしたの?なんでこんなところであったんだろうね?』と対象者からM様に積極的に話し掛ける形となりました。

M様と対象者の再会後、話しが弾んだ2人の姿を工作員は笑顔で聞いているだけに徹し、M様の変化を感じた対象者は『前よりももっと可愛くなったね』とM様を褒めちぎります。
M様には外見のアドバイスに関しては何も伝えておらず、M様自身も自分磨きを多少はしていたものの、外見は別れた当時と何も変わらない事を自覚していた為、中身の変化が外見を良く魅せるという復縁の鉄則を実感した様でした。

対象者から婚活で出会った頃の様な勢いで口説かれる様になり、『復縁したい』という対象者の言葉に二つ返事でO様K様を出したM様は、復縁した当日に担当者に連絡を下さり、復縁成功した事をご報告頂いた復縁工作の成功事例になります。